FC2ブログ
2019-02-24 20:23 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
resize2960_201902242010574fb.jpg


電動ファンの配線ですが、左フェンダーの中を通して車内へ引き込みます。

油温・油圧計のセンサー配線が通っているので、
今回はそれに合わせて通していこうと思います(赤い矢印のライン)

 resize2961_2019022420105856d.jpg 

無知な私は、ドアの配線が通っているゴムブーツに穴を空けて
車内へ引き込んでいましたが・・・実は、正しい通し方がありました。


resize2964_20190224201100e6a.jpg 

これですね。配線を通すためのサービスホールです。

車両ハーネスが通っている部分の下に、飛び出ている凸があります!
本来はこれの先端を切って、そこに配線を通してビニテで留めるそうですw

知らなかった…けど、この場所って車内で言うとブロアの真後ろ。
結果的に、綺麗に美しく配線するならこれがいいけど手間がかかりそう?


resize2962_20190224201103b10.jpg 

微妙ではあるが、今回もドアから入れる事に(;'∀')

コルゲートで配線をまとめて、タイラップ等で最低限綺麗に取り廻す。


resize2963_2019022420110156d.jpg 

車内配線の様子。純正ECUから純正水温センサの値を拾うんだけど、
ECU近辺の配線写真は載せるのはどうなの?と思って割愛。


resize2965_201902242017298b5.jpg 

ヒューズホルダーはエーモン製へ取り換えて、30Aを装着


resize2966_20190224201731f47.jpg 

この写真はヒューズホルダーを加工する前の写真だけど、
ヒューズはいつでも点検・交換できるように助手席足元に出しましたw


んで、前回の記事でも書きましたが試運転をしている時に
ヒューズが飛びまくるという不具合が。ヒューズの容量や、
配線など何度も確認してメーカーにも問い合わせたけど、
結局よくわからずに今に至るという…(;´Д`)

その過程でVFC-Ⅱもどういうわけか壊れてしまって、
メーカーに送ったらコンデンサが破損していたとか。

なんだかよくわからないけど、不安要素しかないぞ~BILLIONさん・・・

とりあえず、取り付けはこれにて終了。
最後に使用した部品のまとめと、インプレを書いたら電ファン終わり!


2019-02-21 21:59 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
resize2952_20190221213951c18.jpg


W/P交換を終えたら後えたらクランクプーリーやその他外した部品を戻し、
始めの頃に純正ラジエーターにドッキングした電ファンをASSYで取り付けます!

 resize2953_201902212139525bd.jpg 

参考までに、BILLIONの16インチファンを取り付けた場合の
エンジンとのクリアランスです。わかりづらいけど、3cmくらいはあるかな?

電動ファン化するにあたっての不安要素の一つはコレですよね。

自分は今回純正ラジエーターとの組み合わせですが、
社外のアルミ三層とか入れている人だと16インチはキツそう。


resize2954_201902212139536c7.jpg 

ファン制御は同じくBILLIONのファンコントローラーVFC-Ⅱと、
ON/OFF用のリレーも購入しました。(リレーもBILLION)

これが高いんですよね。ファンコンは2万くらいするし、
リレーも2000円ちょっとしたかな??

なんとなくメーカー揃えておけば間違いないだろうと思ったけど
結果的にちょっと微妙な感じだったんだよね。後で書きますが…


resize2955_20190221213955bfc.jpg 
リレーはこんな感じで、一般的に売っているリレーと何ら変わりありません。

ファン電源へ行く赤線にはヒューズホルダーが付いていますが、
こういうのってなんで管ヒューズが多いんだろう?

リレーに付属のヒューズは10A、16インチファンの説明には
30Aのヒューズを使えとの指示。う~ん、この時点で少し怪しいぞ??


resize2956_20190221213956755.jpg 
ファンコンの中身は至ってシンプルで、本体と固定用部品
メインハーネスと説明書のみです。車種ごとの配線図は、
BILLIONのホームページからPDFがダウンロードできるので便利。

写真が無いけど本体の裏にディップスイッチがあって、
それの組み合わせで様々な車種に対応できるという仕組み。

基本的にBILLIONのファンコンは純正電動ファンの制御用なのかな。
作動水温を任意に設定したり、強制駆動をさせたり。

もちろん今回のような汎用ファンの制御にも使えますが、
配線方法が説明書だとわかりづらかったので直接問い合わせました(;^_^A


resize2958_20190221214842c70.jpg


管ヒューズホルダーからエーモンのミニ平型へ変更しました。

 resize2959_20190221214844962.jpg 

ファンコン本体は、オーディオデッキの上のスペースへ設置


resize2957_2019022121490758f.jpg 

ファンのメイン配線は3SQ.の物を用意しました。

今回、電流にかなり頭を悩まされました(;´Д`)

BILLIONの16インチファンは定格160WとHPに記載がありました。

つまり、12Vで160Wなので恐らく常用域では13A?
ファン駆動源はモーターなので、起動電流的なモノ(回転初期)は
負荷が高いので恐らくそれ以上の電流が流れていると思われます。

と言うのも初めは20Aのヒューズで試運転させましたが
あっけなくヒューズが飛びました。色々試したけどダメ…

結局30Aのヒューズに落ち着いていますが、それでもたまに飛ぶ。

ダイオード的なモノを入れていないからか??
モーターOFF時に電流が逆流したりとか、
一定の条件下だと起動の負荷が高いとかあるのか??

ちょっと電気に関しては勉強不足で、未だに原因がわかりません。


ちなみに不安要素はもう一つあって、配線の太さです。

20Aのヒューズが普通に飛ぶって事は、まぁそれなりの電流が
常に流れているという事になるので配線の太さ(SQ)も
それに対応している必要があります。初めは2SQでトライしましたが
ファンのメイン電源に関しては1時間ちょっとの走行で燃えました(;'∀')

幸いにも車両火災等には至りませんでしたが、走行中に煙が出て
結構焦りました…と言うわけで後日3SQの配線を取り寄せて交換。

ここで不明点が一つあって、BILLIONのリレーから生えている
配線の太さなんですよね。公式では40Aまで行けると書いてある。

しかし、どう見ても配線の太さは2SQ程度しかないし、
実際にファンを駆動させていると燃えはしないものの
リレーから出ている配線は結構高温になります…(^▽^;)

この辺の電気トラブルに関しては書きたいことがまだありますが、
今日のところは眠いので次回という事で…
2019-02-10 15:30 | カテゴリ:NINJA250R カスタム
前回W/Pハウジング取り外しまで作業しました。
いよいよバラシ作業から組み付け作業に入っていきます!

resize2952_201902101232267c3.jpg 
1JZ-GTE前期エンジンの油圧ファンを電動化する際に必要なのが
1JZ-GTE後期エンジンのW/Pです。カップリングファン用です!

裏側の写真を撮るのを忘れましたが、前期W/Pはポンプの
フィンが樹脂でできており割れたりするらしいですが、
後期エンジンのポンプはアルミ製ですので耐久もありそう。

resize2953_201902101232286a2.jpg 
フィンの素材だけでなくデザインやサイズも変更されているので、
ハウジングの変更も必須となるっぽいです。もちろん1JZ-GTE後期エンジン用。

前期後期の比較写真を沢山撮っておけばよかった…全然写真が無くて
参考にならないのが本当に申し訳ない(;´Д`)

resize2955_20190210123231f97.jpg 
車両への取り付けは逆の手順でOKです。

Oリングやガスケットは新品を用意しました、
品番は最後にまとめて投稿しようと考えています。

ハウジングの取り外しは後部のスタットボルトが厄介と書きましたが、
新品のハウジングにはスタッドボルトが無いので楽。

スタットボルト移植や新品購入して取り付ける必要がありますが、
面倒なのでボルトで固定する事にしました。(ハウジングにはネジ山有)

resize2954_201902101232299c6.jpg 
関係ありませんが、この周辺をばらしているついでにターボウォーターホースも
交換していきます。一つ数百円だし。一部廃番がありましたが、
最近マーシーオートさんで製造販売しているっぽいですね~

resize2951_20190210123225847.jpg 
オルタネーター、タイミングベルト、等々復元していきます。
特に交換部品はありませんので分解時に付けた印を見ながら確実に。

テンショナーの再利用方法ですが、テンショナプーリーを押している凸部を
100mm以上のクランプ(シャコマン)を使用して縮めます。

するとピンを指して固定できるようになるので、適当なピンを指して
凸が出ない様にしておいて、車両に組んでから最後にピンを外す感じ!

resize2957_2019021012573217f.jpg 
だいぶ形になりました。W/Pだけ綺麗だから違和感が凄いけど!

resize2958_20190210125732065.jpg

後期用W/Pはプーリー形状も異なるため、こちらも新品を購入。

ネットの情報だと1JZ後期用プーリーは前期用より少し小径みたいで、
JZX100用とかの社外大径プーリーだと丁度いいとかどうとか…

でも高いのでパス。今回は純正をそのまま使ってみる!
そうしている人も多いし、問題なさそうだったので(;^_^A
 
締めるのに工夫が必要ですが、専用のプーリーホルダー等
無くても作業はできました。インパクトも使ってません、
基本工具や捨て工具を工夫して締めこみました!


2019-01-18 22:51 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
resize2952_20190118223011f88.jpg


前回からかなり日が空いてしまいました。
電動ファン化の続きを書いていきます!

クランクプーリーを取り外す所までやりましたので、
オルタネーターを取り外します。正直、W/P交換の作業的には
オルタネーターは外さなくても作業は可能と思います?

ただ、W/Pを取り外すと冷却水が出てきますので
真下にあるオルタが水浸しになって壊れるのを防ぐ為に外します。

ついでに、予備で持っていたオルタに交換しておきます!
壊れているわけではないけど、オイルが飛んで汚れているので(^▽^;)

写真の黄色〇2点で留まっているだけなので、これは簡単ですね。

 resize2946_20190118223935a1d.jpg 

このあたりから作業に夢中になって写真が激減します…(-_-;)

夢中になってというか、青空整備だったので時間に追われていた
つまり急いでいたので写真を撮れなかったが正しいですね(;´Д`)

写真は純正のウォーターポンプです、かなり汚れています。
プーリーが既に外れていますが、もしかするとファンベルトを
取り外す前にプーリーボルトを緩めておいた方が良いかも?

ベルト外しちゃっても何か適当なボルトか工具を使って
回り止めをすれば普通に外れます。

W/Pを取り外すためにはタイミングベルトを取り外す必要があるので、
まずは写真赤色〇のオートテンショナーを取り外します。ボルト2本。

テンショナーベアリング?も真ん中のボルトを抜いて外します。

普通、オートテンショナーなんてタイミングベルト交換時に同時交換するので
使いまわすような物じゃないんだけど、今回はベルトと共に使いまわします!

ベルトとカムプーリーの歯にマーキングを忘れずに。

オートテンショナーの再利用方法はまた別途説明します!

 resize2947_20190118223013dd3.jpg 

W/Pの取り外しについては手探りでボルトを緩めていけば外れますw

何かのセンサーかな?が付いてますのでこれのコネクタも忘れずに。

何か手順を書き忘れている気がするけど、忘れるような細かい部分は
結局手探りで作業していたので意外と何とかなると思います(雑)


resize2948_20190118223014b1d.jpg 

問題は、コイツ。ウォーターポンプハウジング、と呼ばれる部品↑

前期W/Pを後期W/Pに交換する場合、コイツも後期用に交換する必要があります。

サーモスタットが見えますね、これも外す必要があります!


resize2949_20190118223015e26.jpg 

はい、外れました!と書くとかなり簡単そうに聞こえますが、
実際はかなり知恵の輪状態で苦戦しました(;'∀')

個体差があるのかなぁ~…ネットを見ると結構簡単に外している人が多いけど
自分はコレを外すのに30分くらい格闘してた気がします(^▽^;)

写真赤色〇のフランジみたいな奴がタービン周りに冷却水を
回しているパイプだと思うんだけど、W/Pハウジングのスタッドボルトが
車両後方へ向かってフランジに刺さってナット固定。

これが引っかかって抜けないんですよ!

かといってパイプを外すのはもっとめんどくさそうでした。
半ば無理やり、力業で外しました。


resize2950_2019011822301748f.jpg 

と言うわけで無事に前期のW/Pとハウジング摘出完了!

驚くべきことに、まだ折り返し地点なんですよね…(;゚Д゚)


2019-01-09 22:29 | カテゴリ:その他
どうも! 森ツンです。


早いもので、年が明けてからもう9日も経過してしまいました・・・(;'∀')


アレですよ。年末年始って忙しいよね!!!


というわけでネタばかり溜まっていくのですが(^▽^;)

2018年の振り返りとかしたいけど、
もうとにかく公私共にバタバタしてます。


更新ペースは悪いですが、今年もよろしくおねがいします!!


20181215 ALT_181216_0033 


簡単ですが、以上です。