2017-05-09 21:35 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
resize1789_20170509211632f22.jpg

最近暖かくなってきましたよね~!今年も絶賛エアコン故障中。
故障と言うか、たぶんガス抜けてるだけだと思うけど(;^_^A

どっちにしろ効かないので、扇風機を取り付けました!
よくあるシガソケタイプの物を会社の人からいただいたので、
今年の夏はこれで乗り越えようと思います(笑) 

エアコンどうせガス充填しないならコンデンサくらい取り外した方が
ラジエータに風当たる気がするけど…そこまで思い切りがw


resize1791_20170509211630703.jpg

固定はルーフの内装に本体のクリップを利用して取り付けました。
一応ジョイントが2か所くらいついていて、首振り機能もあるやつでした!

風量は弱/強の二段階調整が可能です。結構風強いですよ(^^)/

電源線はロールバーを這わせてタイラップ固定。
この手の扇風機はオートバックスとかで買っても2000円くらいじゃないかな?


resize1792_20170509211634612.jpg


扇風機を早速試すべく(?)先日GWに地元の愛知県へ帰省した際に、
作手にあるミニサーキット「オートランド作手ALT」へ行ってきました。

前回の自己ベストは33.100くらいでしたが、今回も無事にタイム更新!


32.550くらいでした( *´艸`)

タイヤは前後Federal RS-Rで、F:235/40r17  の R:255/40r17 でした。
フロントの2本が中古で偏摩耗が酷く、常時アンダー気味でしたが(-_-;)

resize1793_20170509211636c15.jpg


写真も撮ってもらえたし、満足です♪

何気に、車種別ランキングに登録してきた(^^♪
順位は全然すごい順位ではないけども・・・


resize1794_2017050921163770a.jpg


サーキットを車で1枠走った後は、幸田サーキットへ移動!
二次会は、カートで勝負です(笑) 走ってばかりの一日でした(^◇^)


resize1795_2017050921163908a.jpg


幸田サーキットではレンタルカートで57秒台に入ると、
スポーツカートへ昇格できます。写真のカートが、レンタルカート!


resize1796_2017050921163346c.jpg


こちらも無事にタイムをクリアし、スポーツカートへ昇格♪
さらにこれで55秒台に入るとレーシングカートに昇格できます。

タイムは、55.02でこれもクリア\(^o^)/

でも時間が無くて、レーシングカートは今回は乗れませんでした(;'∀')
次回の楽しみに取っておきましょう。また行く口実にw


カートも基礎練になって良いですね。




2017-05-01 13:00 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
resize1750.jpg 
お久しぶりです!森ツンです。今回はハブリングのお話です!
購入したのはKYO-EI製のハブリング60Φ→73Φで1500円しないくらい。
色はADVANのホイールに合わせてゴールドをチョイス♪

【ハブリングを装着する事によりハンドルのブレが収まります】
というのはよく聞く謳い文句ですが、今回はその役割を簡単に解説しつつ
取り付け時の注意点なんかをザックリ書いていこうと思います。

ヤフオクで購入したタイヤホイールを装着したら、
高速域でのステアのバイブレーションが酷いので…(´・ω・`)

まぁ、どこのサイトでも良く見る内容なので特別なアレは無いけどねw

resize1761_20170416212229dd5.jpg

まず、トヨタ車・三菱車・外車などで見る形状がコチラ↑

ホイール中心の穴が、ハブの中心の出っ張っている部分にハマっていますね。
 resize1751.jpg

ホイールを外した状態です。ハブの出っ張ってる部分とはここですね!
めんどいんで、ココを「ハブ」と呼んでいきます。(正式には違いますよ!)

 resize1760_2017041621223062a.jpg 
トヨタの場合こういうナットが純正で採用されていますよね('ω')ノ

社外ホイールや他社メーカーで見るようなテーパー型のナットとは違い、
面で捕らえる形のナットを採用する事でステアの剛性感を向上させてます。

デメリットとしてセンターが出ないので、ハブにホイールをハメてる訳だね!

逆にテーパー型のナットはその名の通り当たり面がテーパーなので、
均等に締め付けることにより自然にホイールセンターを出してます。


余談ですが、ハンドルのブレ等に効いてくるセンターという観点では、
トヨタナットでもテーパーナットでも性能は変わらないと思います。

しかし、ステアフィールの観点ではトヨタナット系の方がカッチリ感があり
好きな人は好きらしいですが、社外ホイールに使えないというw(;^_^A


resize1727_201704162134274e6.jpg 
社外ホイールとういうのは多くの車種に汎用性を持たせるため、
センターの穴は大きめに作られています。こんな感じですね!

固定に使用するナットはテーパーナットになるので、
均等にナットが締め付けられれば理論上センターは出ます。

基本的にハブリングを使用すべきなのは一部の社外ホイールで
使用ナットがトヨタタイプにも関わらずセンターの穴がデカいやつ、
もしくは外車の様にボルトでホイールを装着している車種。

今回は高速域でハンドルがブレるのが気になって装着に至ったのですが、
先ほど申し上げた通りテーパーナットで理論上センターが出てるはずです。
しかし、社外の軽量ナット+ヤフオクで購入したキズ物のホイールですので
ナットが若干歪んでいたり、ホイールのセンターが出ていても
リムが歪んでいたりと考えられる可能性はたくさんあります!

ハブリングを追加することで、原因が絞れればと思います。


resize1749.jpg 
大体古い車や走りこんでいる車だとハブは錆が出てる事が多いので、
その場合は紙やすりや金ブラシ等を使用して錆を落とします。

resize1763_201704162134097c5.jpg 
次に、グリスをハブリングに薄く塗布します!

大体ハブリングってアルミとか高い奴だとステンレスだと思うけど、
ハブに装着して長期間経つと固着する事が多いです。

外れなくなると、もれなく純正ホイールが履けなくなりますw


resize1762.jpg 
ハブリング装着の図。当たり前ですがピッタリサイズです!
ハブ径は車種ごとで違うので、その都度調べる必要がありますね。

社外ホイールのハブ内径はノギス等を使用して測りました。

resize1759_20170416213411765.jpg 

ハブリング装着の図!装着は至って簡単ですね(^^)/
ホイールの脱着ができれば誰にでもできますね♪

本来であればホイールをハブで持つことを前提に開発された車両です。
ハブリングで隙間を埋めれば、本来のステアフィールを
取り戻すことができるんじゃないか??という検討も兼ねて( *´艸`)

個人的に外車のステアフィールは国産に勝っていると感じます。
その外車はテーパー面のボルトとハブの両方を採用しているので、
国産でもテーパーナット+ハブリングでそれに近づくのではないかと!


結論:わからん!!!


1セット1500円もしないんで、気になる方は試してみては?

高速域のバイブレーションは、たぶんタイヤだな(-。-)y-゜゜゜




2017-04-24 22:56 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム

お久しぶりです!森ツンです。相変わらず多忙です(;^_^A
本日はタイトル通りですが、遂にスープラにロールバーを!

ヤフオクで5点式が1万円くらいで出品されていたので、
思わず飛びついてしまいました(笑) 新品だったら5万くらいするしね!
結局送料が8000円くらいだったので物代で2万弱でしたが。

メーカーはSafety21で、6点以降にも対応しているものでした♪
本当はフロントも2点+サイドバー左右の合計9点にしたいけど( ゚Д゚)

まぁロールバーなんていくらでも棒増やせるので、とりあえず様子見。


resize1757_20170424221746239.jpg

それでは取り付けの下ごしらえをしていきます!
今回はBピラーのフロア部左右、リアストラット付近左右、
斜向バーの合計5点なので前席側の処理は特にありません。

現在のリアの様子はこんな感じ、Do-Luckのリアクロスバー
汎用のBピラーバー、タワーバーとピラーバーです。
 
resize1755_201704242217488db.jpg

2名乗車仕様になる為、リアシートは取り外します。
加えてBピラーバーも同時装着は無理そうなのでこれも外します!

干渉しそうな内装も取り外し、リアシートベルト等も外し!

転がっている棒はFCのロールバーから取り外した棒です(笑)

 resize1773_201704242217489e9.jpg

シート下にあるアンダーコートと呼ばれるものですが、
一般に防音/防錆や防振等の為にフロアに敷かれています。

写真ではどれがアンダーコートかわかりづらいですが、
結構な重量物なのでこれを剥がしていきます!

ロールバー分の重量増加分は軽量化で相殺したいよね。

 resize1772_20170424221750cf0.jpg

今回使用した工具はタガネドライバーと、プラハン。
スクレッパーとかでもできるみたいなので、それ系でOKです!

 resize1770_201704242217512e5.jpg

 アンダーコートの端とボデーの段差に叩き込んでいくと
上手い事剥がれていくと思います。これが結構気持ちよくてハマります(笑)

resize1780_201704242228069fb.jpg 

作業効率アップの為に、助手席を外して作業していたので
ついでに助手席のフロアも剥がしました。Bピラー付近はロールバーが付くので
どっちみち剥がさないとその時になってまた剥がさなきゃいけないしね。

resize1779_2017042422280811f.jpg 

アンダーコートのノリみたいのが残るので、パークリで掃除。
結構綺麗になるんですよ!レーシーな外観になりますねw

resize1778_20170424222810ca5.jpg 

アンダーコートを剥がしたらボデーに元々穴が開いている場合もあるので、
アルミテープを張って雨水や埃が入らない様にしましょう('ω')ノ

resize1775_20170424222808409.jpg 

アンダーコートを剥がす際に、調子に乗るとこうなります(;´Д`)
ペラシャが通るトンネル部、タガネを刺してしまいました…

これも、仕方ないのでアルミテープで処置。剛性上げるんだか下げるんだか。
アンダーコートを剥がすと少なからずフロアの剛性は劣りますので、
作業する前にしっかりと考えてから行ってくださいね!バランス大事ですよ。

resize1764_201704242236415ba.jpg 

いきなりですが完成!アンダーコートが半分しか剥がれていないのは時間の都合w
今回は内装はできる限り残したかったので、トランクの内装等はそのまま。
リアスピーカーも生きているので音楽もしっかり聞けます( *´艸`)

固定には、ボデーにボルトナット+裏板溶接でガッチリです♪

リア席のみなので、バーパッドは必要ありません。
必要なのは2名公認を取得するくらいかな?

resize1756_20170424223643759.jpg 

ロールバー取り付け前


resize1765_20170424223644a79.jpg 

ロールバー取り付け後

いやぁ~、スパルタンになりました!(^◇^)

ライトチューンという自分の理想からどんどん離れていく…

resize1767_20170424223645442.jpg 

一般にロールバーはサンルーフ有り無しの設定があるので注意。
自分のスープラはサンルーフが付いていますが、今回付けたのは
サンルーフ無し車両用の物。サンルーフ付き用は、恐らくもっと低いです?

ご覧の通り、Bピラーの左右が天井に対してビッチリ付いています。
ビッチリすぎて、テンションが掛かりサンルーフが開閉しない恐れがあります!
自分のはもともとサンルーフが故障していて開かないので問題無い(?)ですが
サンルーフを生かしてロールバーを取り付けたいって人は
購入する前に仕様をしっかりと確認しないといけませんね。


しかし、ルームミラーから見える斜向バーがやる気にさせますね~!!

もちろん上がるのはやる気だけではありません。
リアの剛性感がまるで違いますΣ(・ω・ノ)ノ!

コーナーもそうでですが、高速でのレーンチェンジなど
リアの追従性、接地感、明らかに向上しています。

剛性を上げすぎると足が動くようになる代わりに段差を拾ったり
乗り心地は悪くなる方向に行くのが定説ですが、今回に限っては
そこまで乗り心地の悪化は感じられませんでした。

逆に、リアの追従性が向上したとは言え劇的に、ではない気がします。
そりゃもちろん無いよりあった方がと考えると圧倒的ではありますが(;・∀・)



点数が少ないロールバーは剛性感が低いとか、乗員保護程度だとか、
色々な情報がネットでは流れているようですが・・・安心してください。

こんなゴツいバーをガッチリ固定して、

変わらないわけがありません!w


ちなみに剥がしたアンダーコートですが、助手席フロア部
リアシートのフロア半分、運転席フロア一部で約15キロでした。

加えてリアシート取り外しで10キロちょっとは軽くなっているはずなので、
ロールバー取り付けによる重量増加はそこまで無いのではないでしょうか?
リアシートのアンダーコートまだ半分残っているしね(゜-゜)

やはり車内に入ってくる走行音は大きくなりました。


これで今までより安全に、
早くサーキットを走れそうだ♪


ちなみにJAF戦等の公式戦に出場する場合、ロールバーにも
厳しいレギュレーションがありますので取り付けを行う
ショップ等でしっかり相談してから取り付けた方が良いと思います。


2017-04-04 22:10 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
先日スープラを4輪アライメントに出したのですが、
フロントのナックルにガタを発見した為調整は急きょ中止に。

ステアリングラックからタイロッドエンドまでの間、
もしくはロアアームのボールジョイントのガタを疑いました。


resize1732_20170404213300175.jpg

ステアリングラックASSYで交換となるとお金も手間も掛かるし、
とりあえず手軽に行えるロアアームのボールジョイントから潰す事に!

70スープラは車高を下げているとジョイントに負荷がかかり、
ガタが発生する事は定番らしいのでまずはコチラから。
(70が、というかこの時代のトヨタ車はココは弱いイメージ…)

現在ヤフオクで1個5000円で出ている【日本製です!】と謳っているヤツ。
純正は左右で2万円で出品されていますが、コチラは左右で1万円(^^)/

当然純正の方が安心な気はするけど、値段には勝てません!!!
耐久性が気になるところですが、とりあえず交換していきましょー。

 resize1731_20170404213302553.jpg 

グリスアップを行うために、ホムセンでグリスガンを買ってきました。
2000円でおつりがくるくらいのヤツだけど、十分使えます♪

80mlのグリスカートリッジ、もしくは手詰めで使えるタイプですが
コスパ的にはこれより容量の大きい奴(300だか350)を買った方が得ですw

resize1730_20170404213303c32.jpg 

ノズルが付属していて、組み立ては簡単です。

resize1729_20170404213304a33.jpg 

ボールジョイントの下部に付属のニップルを取り付けて、
グリスガンのノズルを差し込んでシュコシュコ入れていきます!

純正のボールジョイントにはこのニップルは無いので
グリスアップしたかったらブーツ交換になるんですかね?

メンテナンス性はこちらの方が良い気がしますよね。
定期的にグリスアップしてやれば、純正並みの耐久性は期待できるかも?

ただしニップルを取り外すと穴が残り、そこから砂埃等が
入るのが嫌なのでアルミテープで塞いでおきました(;・∀・)

resize1728_20170404213306cf9.jpg 
ブーツの上からグリスが出てくればオッケーです。
使用したグリスは一般的なシャシーグリース('ω')ノ

バイク用で持ってる高性能グリスでも良かったんだけど、
手詰めするのが面倒だったので…。まぁ問題は無いはず!

resize1736_20170404214407028.jpg

ハブナックルの後ろを覗き込むと、赤丸の部分がロアボールジョイントです。
ジャッキアップしてホイール外して云々は割愛w

割ピンを取り外し、ジョイントとナックルを切り離すんですが

resize1748_20170404215214e80.jpg

このようなボールジョイントプーラー(もしくはタイロッドエンドプーラー)
という特殊工具が必要になります。これはアストロプロダクツ製の物で
値段はネットで買って送料込み3000円くらいだったかな?店のが安いですw

ちなみに今回は使い勝手がイマイチで、結局片方は叩いて外しました。
叩く場合はキャッスルナットを逆に取り付けて、ハンマーでコツコツ
なるべくねじ山を痛めない様に叩きましょう。キャッスルナット取れなくなると
もれなくボールジョイントが外せない上に元の状態に戻せなくなります☆

ブーツ交換でジョイントは変えない場合なんかは避けた方がいいでしょう。

ちなみに反対側に関してはキャッスルナットが緩んでおり、
プーラーもハンマーも必要無しにジョイントが簡単に取れました。


大丈夫かよ、オイ…(-。-)y-゜゜゜
 


resize1740_20170404214408b28.jpg 

70スープラの場合は黄色丸のところに上からボルトが刺さってます。
右の長い黄色丸は、2本がステーでつながっているような特殊なボルト。
左にあるボルトはサスの下部ボルトを緩めてズラさないと取れません!

resize1735_2017040421441011f.jpg 

裏側からロアアームを覗き込んでみると、19mmのナットが見えますね↑

足回りのボルトナットは比較的大きなトルクで締まっている為、
緩める前にはラスペネを吹きかけて舐める/折る等しない努力をしますw


resize1737_20170404214412767.jpg 

右にあるつながっているボルトが先ほど黄色の長丸で紹介したヤツです。
これが、結構ボールジョイントをグラグラゆすらないと取れなかったです…

resize1739_20170404215632869.jpg 

奥が新品、手前が取り外したボールジョイントです!
古い方のブーツがボロボロなのは取り外した時に奮闘した証です(;´Д`)

一つ目は初めてやった作業という事もあり、
作業性を考慮してキャリパーを外して作業しましたが
反対側は外さずにも交換できましたので参考までに( *´艸`)

resize1738_20170404215633548.jpg 

古いものはジョイントが手で簡単にグリグリ回りますが、
新品はかなり力を入れないとビクともしません!

後は逆の手順で組みなおして終了です。
割ピンを取り付けるのを忘れない様に!


左右共交換終了し、ナックルのガタつきを確認してみると…

無事にガタが無くなりました\(^o^)/


ローターを両手で持ち、ステアリングが切れない程度に
上下左右に揺らしてガタつきがあった場合はこれかもしれませんね。

交換は車にもよりますが左右で2~3時間もあれば終わると思います!
そんなに高い部品では無いので、リフレッシュで交換もアリですね(^^♪

交換後走行した感じですが、ステアフィールが若干クイックになりました!

劇的に変わる、といった変化はありませんが路面の凹凸の拾い方、
ハンドルを切った時のレスポンスの変化は体感できると思います。

性能が良くなるわけではなく、あくまでも本来の性能を取り戻したまでなんでw

それにしても、あんな小さい部品が変わっただけなのに
1.5t以上の車両の挙動が変わるって…本当に車って奥が深いですね。


これでようやくアライメントが取れるぜ~!!!



2017-03-25 23:03 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
resize1697_20170325225201c40.jpg 

お久しぶりです、最近は週1更新できればいい方になってきました(笑)
今回は、スープラを購入して割と初めの方から欲しかったアイテム!

リアハッチバイザーを購入したので早速取り付けていきます(^^♪

取り付け前の物の写真がありませんが、文字通りリアハッチのバイザーですw
Twitterで知り合った70乗りの方から安く譲っていただきました( *´艸`)
というか、リアハッチのモールがもうほとんどハゲてしまっている・・・


resize1693.jpg 

いきなり装着後の画像です。装着は特別難しい作業はありませんが、
強いて言うなら専用のステーを車両側へ取り付ける為の位置出しですかね?


resize1702_20170325225204fba.jpg 

装着後のリアビューはこんな感じ!

いやぁ~、実にカッコいい\(^o^)/

エアロパーツですね、これは(笑)

 resize1700_20170325225205148.jpg 

そういえば先日、初めて4輪アライメントに出しました。

購入して3年半くらいか?幾度となくぶつけてきた結果、
やはり散々な結果が出てしまいました…( ノД`)シクシク

ここで、いざ調整に入ろうとしたところでフロントの足回りにガタが!?
恐らくロアアームのボールジョイントだと思うんですが、
ラックのガタとかだと交換が手間だなぁ…リビルトも買わないとだし…。 

結局この日は測定だけで終わって、ついでにと思ってつい軽い気持ちで
簡単なお願い事をしたら工賃めっちゃ掛かってしまって高い授業料に…。

自分もまだまだ勉強不足だなぁ~と、一日中落ち込んでましたとさ!!


実は他にも最近ちょっと不具合があって、直す所が数か所あるんですが
まだ交換部品を購入できていないのと、例によって時間が無いので
なかなか修理に至らず故障を引きずっています(;´Д`)