2017-01-24 21:34 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
resize1493_2017012421034440c.jpg

納車した時からボロボロだったサイドブレーキのカバー、
嫁にワンオフを依頼してミシンで作ってもらいましたが
今回はシフトブーツを作って貰いました(*^▽^*)

resize1496_20170124210346bc6.jpg

使用するのはコチラ、カーボンの生地です!(^^)/

オートサロンにて、切れ端を大量に売っているものを買いました。
サイズによって値段がいろいろあって、今回購入したのは1500円くらいの記事。

resize1495_201701242103465fd.jpg

純正のシフトブーツカバーをあらかじめ取り外して、サイズ合わせ!
外し方は、オーディオデッキ交換の記事をなんとなく参照で。

久しぶりに見たけどあんまり当てにならないかもw(;^_^A

resize1494_20170124210348827.jpg

ノブ側のリングと、土台の金具は接着剤でくっついているので
両方とも外します!純正のブーツはもう使用しないので、切っちゃいます。

resize1499_20170124211052431.jpg 

切り出した部品を(嫁に)縫って(もらって)大体の形を作ります!

resize1500_20170124210349f6f.jpg

先ほど取り外したリングと土台の金具を接着剤でくっつけます。
画像は万能ボンド的な奴ですが、結局アロンアルファ買いましたw

resize1501_20170124212434f43.jpg 

そして出来上がったのが、コチラ!で…でかくない?(笑)

ちなみにこの写真だと土台が逆に付いてます(;´Д`)
L字のステー部が上を向くようにつけてください。

resize1488_201701242124350b8.jpg

同じノリで、サイドブレーキカバーも製作してもらいました♪
前に作って貰ったVer.1(左)も良いんだけど、布でできているので
形が保てずに、純正のカバーの上からさらにカバーする形で取り付けていました。

今回のカーボン生地は固いのでこのまま取り付けても大丈夫そうです( *´艸`)

resize1492_20170124212433827.jpg

このボロボロのサイドブレーキ、そして最近穴が空き始めたシフトブーツが…

resize1487_20170124212435532.jpg

こんなに立派に生まれ変わりました!!( ゚Д゚)

resize1491_20170124212437baa.jpg

シフトブーツはやっぱり少しサイズが大きかったけど、
十分カッコいいんじゃない??これが1500円でできるなら満足度100点!
アロンアルファと糸代を考えても2000円くらいかな?

既製品はサイドとシフト両方買ったらカーボン生地で10000円弱はするので、
2000円は破格っしょ!仕上がりも文句なし('ω')ノ

次は、コンソールカバーを作って貰おう~( *´艸`)


2017-01-22 20:35 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
resize1483_20170122201718c32.jpg

年末に実家に帰った時に、ガレージに転がっていたコイツ。

以前解体したFC3Sのピラーバーです('ω')

これが、なんとなく70に付きそう!?だったので紹介します!


resize1478_2017012220172047f.jpg

resize1479_2017012220172042c.jpg

取り付けるのは、トランク内部です。いわゆるトランクバーってやつですね!

専用のトランクバーの取り付け部もココ、トランク明けた時に左右の角に見える穴。
たぶん、何もしてなければここには純正で蓋が付いてると思います。
蓋をこじって外して、のぞき込むと中に12㎜のボルトがいます!

ここを左右で繋げることで、リアオーバーハング部の剛性を高めようって話ですが、
世の中には軽量化の為にリアのリーンホースを取り外して無くなった剛性感を
トランクバーでまかなう的なカスタムをしてる人もいるようですが…

正直お勧めはできません。やるなら自己責任で!
今回は、もちろんリーンホースはそのままで補強を追加します。

resize1477_20170122201722f7b.jpg

…しかし、当然ながらポン付けというわけにはいきませんΣ(・ω・ノ)ノ!
ご覧の様に、FCのピラーバーの土台は丸では無いので入りません。

ここで、ピラーバー側を加工するか車両側を加工するかを考えますが
車両側の鉄板の方が薄くて加工しやすく、性能に影響が無さそうなので
今回は車両側を加工していきたいと思います!どう加工するかと言うと…


resize1473_20170122202703b00.jpg 

こんな感じで、ピラーバーのステーと大体同じような形に削ります。
使用したのは、100均で買ってきたしょぼいヤスリです(笑)

ドリルとか使えばもう少し早く終わらせられたと思うけど、
ちょっと電源ケーブルの長さとかの問題で今回はシコシコとヤスリで…

resize1482_20170122202707d4c.jpg

ちなみに取り付けボルトの径がM10くらいだったんで、
ここの穴も拡張しました。錆防止にタッチペンを適当に塗って…
車側もヤスリがけをして削った部分をタッチペンで塗っておきましょう♪

resize1480_20170122202709354.jpg

トランクのスペアタイヤの部分、何度塗っても微量な雨漏りで錆びる。
今回も久しぶりに塗ったけど、ついに小さな穴が開いてしまった…(;´Д`)
完全に雨漏りを直してあげなきゃダメなのはわかってんだけど、
なかなかお金も掛かるし…少しでもダメージ軽減の為に、こまめに塗るしかないか。

resize1472_2017012220270927e.jpg

取り付けはいたって簡単です!ボルト2本外して、ブラケットを固定して
バー部分を取り付けて多少突っ張ったら完成~( *´艸`)

付けてみて思ったけど、結構中心部を持ってみるとたわむんだよな"(-""-)"
これは果たして剛性アップしているのか非常に謎だ…

まぁ今回の目的は流用で付けれそうなもんは遊び半分で付ける!
って感じでDIYを楽しむ為なので、ドレスアップだと思えばいっか(笑)

タイヤが入らなくなるっていう欠点がどう響いてくるかな…(-ω-;)

ちなみに既製品のトランクバーは買うと8000円~1万円くらいします。
これで効果が体感できたら今後は人におススメしていこう(^^)/



2017-01-10 22:07 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
resize1385_2017011021182242f.jpg

今回はスープラの水回りのリフレッシュをしたいと思います!
今回は結構長くて写真も多いのでPC観覧を推奨しますw

①純正サーモスタット
②ラジエータードレンコック
③ラジエーターバルブキャップ
④LLC(赤)
⑤Wako's クーラントブースター
⑥SAMCO シリコンホース(上下)

スパークプラグも用意しましたが現在使用しているプラグを確認した所
まだまだ使用可能と判断したため今回は交換せずに次回へ持ち越し。

resize1387_201701102118241c2.jpg 

水回りのリフレッシュに踏み切ったキッカケとしては、
アッパーホースが結構膨張して若干漏れた跡があったので(;'∀')

どうせならヒーターホースも…と思いましたが、在庫の関係と
現状のホースはまだまだ使用できそうだったのでこれも次回へ。

resize1381_20170110211825081.jpg 

まずは純正のアンダーカバーを取り外していきます。
このくらいの年式の車ってバンパーにしても、やたらビスが多いよねw
アンダーカバーに関しては目で見える場所のボルトでしか留まっていないので
特に解説無く取り外せると思います!(^◇^)

resize1379_20170110211826a4f.jpg 

車高を下げてダートを走るとこうなります…(´;ω;`)
もはや10mmの工具がこのままでは入らないので、、、

resize1378_201701102118286cf.jpg

こういう時はネジザウルス系のペンチを使用して無理やり回します(;・∀・)

resize1377_20170110211829fcb.jpg

別にネジザウルスじゃなくても掴んで回せればなんでもOKです!
ネジザウルスはボルトを結構傷つける恐れがあるので、
復元時にまだ使用するボルトには使わない方がベターかも?

今回はこのボルトは捨ててしまうので壊す勢いで回しますw

resize1376_201701102118310fe.jpg

外れたアンダーカバーです。取り付け部が千切れたり、変形したりと
だいぶくたびれている様子ですがまだ頑張ってもらいます(´・ω・`)
せっかく取り外したのでボロボロになった部分はハサミで整えました。

resize1370.jpg 

ラジエーターを下から除くと、ドレンコックがあります(赤丸)
反時計回りに回して取り外したら、ドレンホースからLLCが抜けます(オレンジ丸)

resize1365_20170110213425149.jpg

ドレンホースから抜けきったと思ったら、ラジエーターキャップを外します。
外すとドレンコックの穴の方から勢いよくLLCが噴射されるので注意が必要です!

納車された時からSARDのハイプレッシャーキャップが付いていましたが、
これも今回交換しようと思います。キャップも消耗品ですよ('ω')ノ

resize1364_2017011021342752f.jpg

LLCの排出が落ち着いたらラジエーターホースを取り外していきます。

resize1373_20170110213428fa2.jpg

次にロアーホースですが、オルタネーターとスタビの間くらいにあるコイツです↑
ラジエーター側は問題ありませんが、エンジン側のクランプを外すのに苦労するかも?

自分はロングラジオペンチの先端がオフセットされてるやつで外しました。
アッパー、ロア共に外すとLLCが出てくるので特にロアわ注意してないと

車の下で作業しているとLLCをモロに被りますよ!被りました!!

resize1354_20170110213430fcb.jpg

ロアホースを外したらエンジン側の付け根にサーモスタットがいます。
少し分かりづらいですが、赤丸の部分のパイプのところがケースになっていて
上下に12mmボルト2本で固定されているのでそれを緩めて抜きます(^^)/

resize1352_20170110214551709.jpg 

今回は長めの首振りラチェットに300mmのエクステ+ユニバーサルで対応。
狭くて回しづらいので工具のチョイスもイマイチしっくりくるのが無く…"(-""-)"

resize1350_201701102145538b2.jpg

取り外したサーモスタットがコチラ。向きは間違えないだろうけど、
一応参考までに純正状態がこんな感じです!パッキンも、必ず同時交換。
今回交換するサーモは純正です。82℃だったかな??

純正サーモスタット品番:P101


resize1361_20170110214558077.jpg 

ちなみに交換するラジエーターホースはSAMCOのシリコンホースなんですが、
ヤフオクで購入した中古品でなぜかロア側に水温アタッチメントが付いている…??

その意図がイマイチわからないのですが、とりあえず今までアッパーに
付けていた水温センサを取り外してロアホースにそのまま移植。

resize1407_201701102145562f6.jpg 

ドレンコックも新品交換です!もちろん純正、値段は\120円くらいかな?
安いのでどうせなら新品にしちゃいましょう。古いと割れますよ!

ドレンコック品番:YH-0096

resize1406_2017011021531583b.jpg 

アッパーホースとロアホースを取り換えて、ドレンコックも戻したら
いよいよ新品のLLCを入れていきます。交換に必要な量は5~6Lくらい?

自分は新品のLLCを入れる前に一度水道水を一杯まで入れて、
エンジンを掛けて循環させてウォーターラインのすすぎをしました。
効果があるかどうかは、不明です(;・∀・)  やらない方が良かったりして…

すすぎが終わったら再度下から抜いて、クーラントブースターを投下!
防錆剤、防腐剤、冷却効果UPなどの効果が期待できます。

交換したラジエーターキャップはPIAAのSV56 1.1kPaです。
70スープラは前期と後期で?純正のキャップ圧が0.9か1.1になるので、
交換する前に車検証等で愛車の型番を調べた方が良いと思います。

ハイフローから純正に戻したのは、ハイフローにする理由も特に無いのに
やみくもにハイフローにしたって冷却系を痛める原因になり兼ねないからです。

ラジエーターキャップ適合品:JZA80と同じ(1.1kPa)

resize1404_20170110215317aae.jpg

次に新しいLLCを入れていきます!5Lで買ったら結構重たい(;^_^A
なるべくこぼさない様に、慎重にゆっくり入れてきましょ~

LLCに特にこだわりはありませんw
これに関しては値段重視で買いました(-_-;)

resize1402_201701102153183bf.jpg

ラジエーターが一杯になるまで入れたら、エンジンを始動させます。
するとエアーがブクブクと出てくるので全部抜け切るまで待ちます…

が、全部抜け切るかどうかまで待ってたら日が暮れてしまうので
サーモが開いてある程度のところで辞めてOKだと思います。
エンジンを回しても良い環境なら回転を上げて吹かしてやれば
勢いでエアーが抜けやすくなるので是非回しましょう( *´艸`)

完全に抜けきらなかったとしても、ラジエーターキャップの構造上
走行していれば多少のエアーは自動的に抜いてくれるので心配ありません。
リザーブタンクのLLCの量だけ注意!多すぎればオーバーフローするし、
少なすぎるとエアーが抜けた分を補充した時に足りなくなります。

resize1397_20170110215320c57.jpg

長くなってしまいましたが、ようやく今回のメニューは完了です♪
アッパーホースがシリコンになって、少しエンジンルームが華やかに!?

今回は純正の交換部品が多かったのでカスタムと言うよりは
メンテナンスになりましたが、新品になるだけで気持ちが良いですよね(^^♪

これで少しは寿命が延びたかな~??
頑張れ!スープラ(*^▽^*)


2017-01-06 22:03 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
resize1270_20170106212454650.jpg

先日ついにリアのパッド&ローターを交換しました(*ノωノ)
フロントのパッド&ローターは先日交換したのですが、
リアはまだ交換できておらず…ようやく踏み切って交換しますw

resize1267_2017010621245690a.jpg

フロント同様、パッドはプロジェクトμの『HC+』で
ローターはDixcelの『PD ローター』を選択しました。

お金に余裕があるなら4輪同時交換をお勧めします(;'∀')
特に自分の様に違うパッドに交換する場合。

フロントヘビーの車が多い為どうしてもフロントが先に減るので、
リアを1回交換する間にフロントは2回、とかもありそうだけど。

では、早速交換していきます!容量はフロントも似たようなもんですが
リアはサイドブレーキの兼ね合いで勝手がビミョ~に違います。

resize1265_20170106212458401.jpg

まずはパッドを取り外し、キャリパーを外します。
片押しピストンの場合はキャリパーの下部ボルトを抜けば
キャリパーが持ち上がるのでその隙にパッドを抜き取ります。

resize1261_201701062125003a9.jpg

キャリパーをそのまま奥にスライドさせ、スライドピンから引き抜けば
あとはマウントの固定ボルトを2本緩めてマウントを取り外します。

最近100均で買ったトレーがお気に入りで良く使用してますw

resize1263_20170106212501b93.jpg

70乗りに限った話ですが、リアのキャリパーは外したら
そのままロアアームの上に置けるので便利です(^◇^)笑


resize1282.jpg 

ACREのパッド、まだまだ残りがあるけど思い切っておさらば( ノД`)
勿体ないけど、ブレーキは妥協したくないので強いて言うなら
最初からソコソコのグレードの物を買っていれば良かった…orz


resize1262_20170106213949a92.jpg 

キャリパー、マウントが取り外されました!
次に、赤丸のメクラ蓋がある部分が真下になるように回転させます。
当たり前ですが、この時サイドブレーキは解除しておいてね(^^)/

このゴムのキャップみたいなのを外して、マイナスドライバーを突っ込んで
サイドブレーキのシュークリアランスの調整ができるんだけど
もしサイドが引っかかってローターが外れない場合は、
クリアランスを広くして抜きやすくするっていうのも手です。

引きずってたりしない限りは必要ないと思いますが、参考までに。

resize1291_2017010621423202b.jpg 

フロントを交換した時と同様に、サービスホール的なネジ穴に
M8くらいのボルトを突っ込んで締めて、ローターを外します。

resize1276_20170106214226fbc.jpg

ローターが外れた図です。片側はシューの調整部が
若干固着していたように感じたのでラスペネ拭いておきました(;´・ω・)

resize1290_20170106214231c6f.jpg

新旧比較。だいたいこういう記事って新旧の比較画像を載せるけど、
古い奴に比べたら新しいのがピカピカなのは当たり前だよねw

resize1275_20170106214228144.jpg 

新しいローターをはめ込んだら、画像の様にマイナスドライバーを
突っ込んで調整用のギアを回して、シュークリアランスを調整します。

resize1277_20170106215103a59.jpg 

って言葉で言ってもイマイチわからないので、一応中の写真を、、
画像の真ん中にある歯車のような部品を時計回り、半時計周りに回して
伸ばしたり縮めたりする事でシューが広がったり縮んだりします。

ローターの内側、ドラムの内径部分に接触してローターが回らなくなったところから
サイドブレーキの引き代を確かめながら5~7ノッチくらいだったかな?

詳しくは、Webで(丸投げ)

resize1279_20170106214230d20.jpg

新品ローターに新品パッドを組みます( *´艸`)

この瞬間!気持ち良いですね~。いかにも効きそう!

resize1266_201701062124589f6.jpg 

resize1274_20170106215430129.jpg

恒例のビフォーアフターで、無事に左右共交換が終了しました。
作業時間は一人で黙々と作業して、写真撮りながらとか休憩も含めて
2輪で3時間くらい。何も考えずにサクサクやれば2時間くらいかな?

フロントに比べリアはインドラだと多少面倒かもしれませんが、
そんなに特殊な工具も必要無いので是非チャレンジしてみて下さい♪


皆さん気になる(?)走行インプレッションですが
ローター交換による制動力云々は不明な為割愛。

HC+ですが、ACREのライトスポーツに比べ効きはUPしてます!
アタリが付いてくると、踏んだだけギュッと効くフィーリング。
ガツンと聞くようなストッピングパワーは無い気がしますが、
コントロール性と制動力を無難な味付けで兼ねてる感じ?

鳴きは、うるさいです。最初はフロントだけ交換したので
少し鳴くな?くらいの気持ちでしたが4輪ともHC+になって
完全に歩行者キラーな鳴きの音量になってしまいました(;・∀・)
温まってくると非常に鳴くようになります。冷間時は、静か。

サーキットで踏んでみるのが楽しみ~!


2016-12-18 22:07 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
2代目愛車JZA70 スープラ 2.5ツインターボ 紹介ページです!
納車してから2年以上経ちますが、ようやくまとめを(笑)
気が向いた時に随時更新していきますのでよろしく(^^♪


resize1292_20161218211126343.jpg 

≪外装系≫


resize1293_2016121821500839a.jpg 

≪内装系≫

≪吸排気系≫

resize1061_20161005195427d74.jpg 

≪ブレーキ系≫


≪足回り系≫

resize1294_20161218220042621.jpg 

≪ボデー補強系≫

resize1295_20161218220155a5c.jpg 

≪電装系≫

resize1296_20161218220422baf.jpg 

≪駆動系≫


≪その他≫