FC2ブログ
2020-05-07 14:39 | カテゴリ:メンテナンス(MR-S)

前回、左右のドライブシャフトを抜くところまで作業しました。

いよいよミッションを取り外しにかかる前に、残す所は

①スピードセンサーのコネクタ(ミッション上部)
②クラッチレリーズベアリング(ミッション後部?裏?)
③セルモーター(MTとEGのつなぎ目、EG側)
④各MTマウント(3か所。前、後ろ、EGに向かって左MT側)

くらいかな?セルモーター固定ボルトがMTに共締めになっているので
外す必要がありますが、セルモーター本体はボルトさえ外れれば取る必要無し。



resize3395_20200507141238a68.jpg


いきなりミッションが外れていますが、ミッションとエンジンの
締結ボルトを全て外せばミッションは取れます(雑)

よくネットで見る、MR-Sのクラッチの錆w
この個体は走行距離8万キロで無交換。

MT上部の締結ボルトはマフラーが無い方がアクセスしやすいので、
やはりマフラーASSYは外しておいた方が作業効率がいいですね!

締結ボルトを全て外したら、ジャッキを当てて少し揺らしながら
ゆっくり引き抜いていくわけですが…3人いた方が楽だし安全です。

今回の様にEGは降ろさずにMTだけ降ろす場合、
MTを引き抜く為にEGを傾ける必要があります。

前回最後に紹介したエンジンホルダーでエンジンを吊っており、
下回りでミッションを取り外す係2名に上でホルダーを操作して
エンジンの角度を調整する係1名の計3名で作業しました。

吊っているとは言え、エンジンの真下で作業するのは怖いもんですw


resize3396_20200507141239977.jpg


取り外したミッションASSY。写真左が車両後方ですね。


resize3397_20200507141240ae1.jpg


ちなみに今回はクラッチも交換するので取り外した純正クラッチ。

純正クラッチって本当に優秀ですよね~!まだまだいけそう。


resize3398_20200507141242cde.jpg


交換するクラッチはEXEDYのSメタルです。

初の、メタルシングルってヤツ?3枚刃タイプ( *´艸`)

クラッチカバーも純正とは羽の枚数が違ったり。

フィーリングの変化に期待!!

クラッチ&カバーがセットになっており、レリーズベアリングは
純正品をモノタロウで購入しました!あとスプライングリス。

ちなみに、今回”なぜ”強化クラッチなのか?について。
別に、EGチューニングしてないし馬力も無いし、
ラリーストでもドリフターでも無いので基本クラッチ蹴らないし。

答えは単純、メタルのフィーリングを試してみたかったから(笑)


resize3399_20200507141243e7f.jpg


フライホイールは交換しません。せっかくなら…って気もあるけど、
正直費用対効果でそこまでありがたみを感じない(;'∀')

もしかしたらメタルクラッチの摩材はフラホへの攻撃性が
純正に比べ高いかもしれないので、もし次にクラッチを交換するなら
フラホも一緒に交換してもいいかもしれないけど。


続く…


スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/721-95ccb065