FC2ブログ
2019-07-09 12:00 | カテゴリ:サーキット
resize3186_201907062210150db.jpg

前回作手サーキットに走りに行った時は
納車時から付いていた5年落ちのエコタイヤ。

1枠走っただけでブロック飛びまくり、
トレッド面はグズグズになってしまったので(;'∀')

流石にタイムどうこうよりも危険を感じたので、
今回はタイヤを交換して作手再チャレンジ!

タイトルにもある通り、Yokohama ADVAN Neova AD07



resize3187_20190706221016aff.jpg


フロント 155/60R13

リア 165/55R14


ビートって本当にタイヤの選択肢が少ない。

ビートは、と言うよりは純正のアルミホイールがw

社外のもう少し太いホイールもしくはインチアップすれば
かなり選択肢は広がるんだけど、純正アルミがこだわり('ω')


これでも幅は純正サイズだけど、扁平がワンサイズ小さいんだよね。

一応スピードメーター誤差は1km/h以内だったと思うけど…


resize3189_20190706221017470.jpg


と言うわけでやってきました、作手ALT

最近色々なサーキットを走っているせいか、
作手に若干飽きてきた感じもするけど

やっぱり一番走っているサーキットだけあって、
なんとなく落ち着くと言えば落ち着く?w


resize3188_20190706221019d97.jpg


たまたま有給が取れたので、月曜日の朝イチに来ました。

当たり前だけどガラガラです!(失礼)


resize3190_20190706221020442.jpg


前回の走行から足とタイヤを交換して、1.5秒短縮くらいかな~

まだまだ新しい足とタイヤの具合がつかめない。


resize3191_201907062210222a3.jpg


タイヤの減りメモ。

アンダーがうまく殺せなくて、ご覧の通り(;'∀')


resize3192_20190706221023613.jpg


サイドはこんな感じ

AD07のインプレとしては、流石国産ハイグリップと言ったところで
周回を重ねても安定した走りができて安心感がある。

アジアンの様に熱ダレして急にグリップが落ちたり、
冷間時とアタック後で劇的な空気圧変動も無い。

ビートの場合はミニサーキットを10周くらい走っても、
空気圧は0.3キロくらいしか上昇しない。

しかも、それくらいでサチるので管理もしやすい!

グリップ感は、以前履いていたエコタイヤと比べると
それはもう雲泥の差で言うまでもないですねw

他のハイグリップタイヤ履いたこと無いので比較はできないけど、
AD07は少し柔らかめでぐにょっとしたフィーリングな気がする。

横グリップと言うのかなぁ、コーナリング中の剛性感と言うか
初期からカチって感じではなくニュルって感じ?w


先日交換したサスのインプレですが、街乗りでは少し硬い。
でも、しばらく乗ってると慣れる。でも段差拾うと硬く感じる!

峠などの路面が悪い道だと純正の方が個人的には好みかなぁ

ダウンサスの宿命だけどストロークは短くなるので、
ちょっと乗りづらいっちゃあ乗りづらいかも。

サーキットみたいなとこではって思ったけど
まぁ作手なんて半分峠みたいなもんなんでw

しかしながらサーキットでは硬さは気にならず、
むしろ街乗りとはまた印象がかなり変わる。

少し速度が上がったコーナリングでは安心感があり、
切り返しも純正に比べスパっと行く。

でもキャンバー調整できなかったり、バネの選択肢が無いのが
やっぱりネックなので、本格的に走るならやっぱ車高調だね!


いじょー

スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/695-269796c4