FC2ブログ
2019-06-27 04:03 | カテゴリ:BEAT(PP1)カスタム
resize3141_201906270326272d2.jpg


アルミラジエーターを入れたら、やはり気になるのは水温ですよね!

と言うかラジエーター交換の記事で水温は書いてしまっているので
それに関しては既にネタバレなんだけどね…尺の都合!(笑)

スープラではオートゲージ製の追加メーターを付けていたけど、
同じ物では面白くない?って事で今回はDepoRacing製。

値段的にはオートゲージのエンジェルリング 52Φが
3連で大体\12,000くらい?対してDepoは60Φで\23,000くらい。

1個当たりで行くと\5,000くらいの差があるけど、
実際の性能差や質感などはどれくらい違うのか気になります('ω')


resize3161_20190627032630c26.jpg


それでは早速取り付けていきます!

作業はラジエーター交換と同時進行でしたので、
ラジエーターは取り外された状態からスタート。

基本的に社外の水温メーターはアタッチメントを介して、
ラジエーターのアッパーホース側に取り付ける事が多いです。

油温でもなんでもそうだけど、計測のポイントと言うのは
知りたい温度や目的によって異なりますので参考までに(^^)/


resize3160_20190627032628f78.jpg


アタッチメントはオートゲージ製というね\(^o^)/

まぁこんなのある程度の品質が確保されてりゃなんでもいいので、
安くてスープラで実績のあるオートゲージ製にしました。

色はビートの場合、全く見えないので適当に青にしましたw

シールテープを忘れずに!

センサーは一般的な1/8PTサイズ。


resize3162_2019062703263125a.jpg


こんな感じに純正のホースをアタッチメント分の厚みだけ切って、
付属のホースバンドを使用して取り付けます。

これ意外と締め付けが甘いとLLC漏れるので、
バンドの締め付けは確実に!ダブルチェック必須。

センサーの配線が出る方向も、どういう風に車内に引き込むかを
事前にイメージしておいて、気にしながら取り付けましょー


resize3163_20190627032633c7d.jpg


今回ビートはセンサー配線をボンネット開閉の為の
ワイヤーが通るグロメットを利用したいと思います。

配線のコネクタがデカすぎて通らないので、
赤丸部分の溝に精密ドライバー等を差し込んで
コネクタピンを抜きます。これは、自己責任で!

結構ピンが小さいので、爪が折れ曲がります。

1回くらいなら修正で問題無いと思いますが、
製品誤差もあるので金属疲労で折れるかもね(;'∀')


resize3164_20190627032635803.jpg


ボンネットキャッチのワイヤーが通るグロメットはこれ。

写真では既に配線が通っていますが、針金等の配線通しを使って
車内に引き込みます。自分はいつもワイパーゴムの針金使います!

まるで純正かのような仕上がりに満足( *´艸`)


resize3165_20190627032709f16.jpg


車内で配線作業をするにあたって足りない物を買い出し。

クワガタ2種類あるけど在庫も含めなので気にしないで!

使ったのはアース用で1種類だけですw


resize3166_201906270327113eb.jpg


ビートの様に古い車でなおかつ作りがシンプルだと、
電源の取り出しや配線の取り回しに結構悩みます。

基本的にエレクトロタップは使いたくないし、
純正オーディオの配線にも傷を入れたくない…

となると必然的に簡単なのはヒューズ電源で、
常時とACCをテスターで探して取り出しました!

たしか、青がACCで赤が常時だった気がします…(;^_^A

あんまりステア下を通すと、シャフトと干渉して
ショートや破損に繋がりそうで嫌なんだけどな…


resize3167_20190627032712b55.jpg


メーター本体の取り付け位置はここにしました。

いかにも社外メーター付いてます!感が好みじゃないけど、
簡単に付けれて個人的にベストな場所がここでした(-_-;)

本当は埋め込んだり、目立たなく綺麗に付けたいんだけどな~

費用対効果というか時間が足りねぇ…(;´Д`)


resize3168_20190627032713866.jpg


配線にもコルゲートチューブを巻いて綺麗に仕上げる。

メーターの向きを運転席に座って確認しながら、
視認性に納得がいったら付属の両面テープで貼り付け!

スープラはビス留めしてたけど、まぁ両面でいいかな~


resize3169_20190627032714cca.jpg


今回購入したDepo Racing製のメーターは
アナログ(針)とデジタル表記の両方が付いた仕様!

実際に使用してみた感じでは、デジタル表示しか見ないですね(笑)

でも、サーキット走行時など極力メーター確認の為の
目線の移動を最小限にしたいシーンなどでは便利です。

バックライトは繋げる配線で白色とオレンジ色が選べ、
スモール連動にすることで夜間と昼間を切り替えられます。

オープニングセレモニーはDepoの方が個人的に好み!

個人的に残念だなと感じた事は2点あって、
あくまでもオートゲージのメーターとの比較ですが。

1点目、オートゲージの様にメーターからメーターに
電源配線を分岐できない。増やすときに不便!

2点目、昼夜でバックライトの色を変えられるが、
明るさは変わらない。特に、デジタル表示が夜間まぶしい!


そんくらいかな。メーターの質感はオートゲージより良いですね!

なんと言うか、まぁ実際値段がオートゲージより高いから
当たり前なんだけどオモチャ感が無い。特に、メーターフードw

センサーの精度とかは比較できないので、
表示されている数字を信じるしかない!w

以上の事から、デジタル表記と質感を求めなければ
オートゲージのメーターでも十分かなぁ~と。

それ以上を求めるなら、いっそのことDefiとかでって思っちゃう?



スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/693-78de3f3a