FC2ブログ
2019-06-22 22:53 | カテゴリ:BEAT(PP1)カスタム
resize3158_20190622220634bf0.jpg


ラジエーター交換の続きをやっていきます!

愛知を出てから賃貸住まいで青空整備ばかり、
ガレージがあるって本当に素晴らしい・・・(´;ω;`)


resize3150_201906222206356b8.jpg


純正ファンユニットをアルミラジエーターに乗せてみます。

ネットのインプレを見る限り、やはり安いラジエーターですので
フィッティングはそれなりに悪く加工も必要なようで。

実際に私が購入したアルミラジエーターもそうでした(;'∀')


resize3151_20190622220636062.jpg


まず、取り付け穴の精度が非常に悪いです。

ご覧の通り、ズレまくっててこれではポン付けとはいきませんねw


resize3152_201906222206385af.jpg


丸ヤスリで削って修正します。


resize3153_2019062222063913b.jpg


削った部分は素材がむき出しになるので、タッチアップで錆対策!

同様の加工を他の取り付け穴にも施します。


resize3154_201906222217172fe.jpg


続きまして、ラジエターとファンシュラウドの隙間です。

2cmくらい隙間が空いているので、本来の冷却性能を発揮する為にも
スポンジ等を使用して、この隙間を埋める必要があります。


resize3156_2019062222171872a.jpg


今回使うのはエプトシーラーと呼ばれる商品です!

仕事でたまに使うので、屋外での使用に対して
個人的に信頼性があったのでコレにしました。

と言うか普通にホムセンで売っている事に驚きw

隙間テープとか使っている人もいるみたいだけど、
ファンの風量もあるし屋外なのでボロボロになりそう。


resize3157_20190622221720e9f.jpg


エプトシーラーは柔軟性もあるし復元性と言うのかな?
元の形に戻ろうとする力も結構あるのでおススメです!

耐熱性もあったはずなのでラジエーターにも良いですね('ω')

貼りやすいし、耐久もあるので色々な場所に使えると思います♪

ラジエーターの上部、下部に貼って隙間を埋めます。

サイドに関してはそこまで隙間が大きくなかったのでそのまま!


resize3155_20190622221721ea4.jpg


ファンユニットを取り付けた図。

丁度いい感じに隙間を埋めてくれています(^^)/

後は純正の水温センサーを移植して搭載準備OK!


resize3159_20190622221723cb4.jpg


取り外した逆の手順で取り付けて作業終了(雑)

LLCの補充、エア抜きを忘れずに!
2層になった分、必要なLLCの量も増えます。

固定の為のステーも付属していて、これの精度は…と思ったけど
意外とこちらは無加工で取り付ける事ができました(^^♪

加工らしき加工は取り付け穴の拡張くらいで、
個体差もあるでしょうが比較的簡単に付きました。

同時に社外の水温メーターも取り付けたけど、それは後日。


純正状態で水温メーターが無かったので比較はできませんが、
街乗り、サーキット、高速走行をテストした結果
冷却能力は十分にあると言えると思います!

いずれも走行風が当たっていれば80℃~83℃くらいで安定。
(時期的には6月上旬くらい、外気温25℃程度)

渋滞の様に走行風が当たらない状態が数十分続くと、
100℃くらいになって純正ファンが作動しますが問題無し。

送料込み\15,000なら、十分ではないでしょうか?

当然、水漏れも今のところ無し('ω')ノ



スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/692-45446a2a