FC2ブログ
2019-06-18 18:00 | カテゴリ:メンテナンス(PP1)
resize3124_20190617181720ad1.jpg


本日も、整備日和なり('ω')ノ

ビートの整備記録を見る限り、過去オーナー達は
自ら整備をするタイプではなさそうだったので、
細かい部分の整備が以外と多くあったりします(;'∀')

基本的な部分は車屋さんの車検整備でやられてたみたいだけど、
まぁやらなくてもしばらく壊れないレベルの事はあんまり。

自分は結構細かい事が気になってしまうので、状況を把握するついでに
消耗品は一通りリフレッシュします!もうすぐ10万キロだしね。


resize3126_201906171817226ab.jpg


前置きが長くなりましたが、先日プラグを点検した所
プラグホール内がオイルでベッタリ(;゚Д゚)

スープラでもあったけど、プラグホールガスケットかな??

と思ってプラグだけじゃなくヘッドカバー周辺のパッキンを注文!


resize3127.jpg


一応品番はこんな感じ。プラグの番手は純正です!

先に結論から言っておくと、ビートのプラグホールへの
オイル侵入はプラグホールガスケットだけが原因ではなく

そのまた更に下に位置している樹脂製のパッキン?的なものが
熱で劣化してオイルが侵入するパターンも見受けられるそうです。

それについてはカムを外さないと交換できないんだったかな?


resize3128_201906171817253c9.jpg


なかなかエンジンを降ろすわけにもいかないので、
ひとまず今回の処置で様子を見ることにします。

エンジンルームへのアクセスはリアスクリーンをめくり、
上部のメンテナンスリッドを取り外す事でヘッドにアクセスします↑


resize3129_20190617181726f0e.jpg


こんな感じですね。通常ならボンネット開けるだけなのに、
MRが故にエンジンにたどり着くまでが手間だ…(^▽^;)

エンジンルームは、まぁ年式相応といった感じで特別綺麗でも
特別汚れているというわけでもないですね。派手なオイル漏れも無し?


resize3137_20190617181822702.jpg


プラグコード、プラグ、左に見えるブローバイかな?のホース等
ヘッドを取り外す前にくっついているモノを取り外します。


resize3135_2019061718182595d.jpg


ヘッドカバーはボルト4本で固定されているだけなので、
緩めたらプラハン等で叩いてやれば外れます。

スラッジやカーボンは少なく、非常に綺麗ではないでしょうか?


resize3134_2019061718182849b.jpg


エンジン内部はこんな感じ。

こちらも目立った汚れは少なく、綺麗!

オイル交換はしっかりされていたようですね('ω')


resize3133_201906171818248ee.jpg


パッキンを交換していきます。

ヘッドカバー用、プラグホール用、そしてカバーのボルトについている
ゴムのブッシュ的な感じのワッシャーぽいアレですね(!?)


resize3131_2019061718182671b.jpg


カムの部分、角となる部分には液体ガスケットを少量塗ります。

塗りすぎ注意ですが、忘れるとオイル漏れにつながりかねません!


resize3130_20190617181829714.jpg


プラグの焼け具合はこんな感じ。

これも、しばらく交換されていなさそうですね~(;・∀・)


resize3132_20190617181831662.jpg


この辺のブッシュも硬化しちゃってて、千切って外しました。

これは別に劣化しててもまぁよっぽどオイル漏れたりしないと思うけど、
付属されてきたのでちゃんと交換しておきますw


これで少しはプラグホールへのオイル侵入が増しになるかな?


よほど失火したりしないらしいので、まぁ多少入ってもいいんだけどさ。


走行距離:96654



スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/690-8e537fb4