FC2ブログ
2019-02-10 15:30 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
前回W/Pハウジング取り外しまで作業しました。
いよいよバラシ作業から組み付け作業に入っていきます!

resize2952_201902101232267c3.jpg 
1JZ-GTE前期エンジンの油圧ファンを電動化する際に必要なのが
1JZ-GTE後期エンジンのW/Pです。カップリングファン用です!

裏側の写真を撮るのを忘れましたが、前期W/Pはポンプの
フィンが樹脂でできており割れたりするらしいですが、
後期エンジンのポンプはアルミ製ですので耐久もありそう。

resize2953_201902101232286a2.jpg 
フィンの素材だけでなくデザインやサイズも変更されているので、
ハウジングの変更も必須となるっぽいです。もちろん1JZ-GTE後期エンジン用。

前期後期の比較写真を沢山撮っておけばよかった…全然写真が無くて
参考にならないのが本当に申し訳ない(;´Д`)

resize2955_20190210123231f97.jpg 
車両への取り付けは逆の手順でOKです。

Oリングやガスケットは新品を用意しました、
品番は最後にまとめて投稿しようと考えています。

ハウジングの取り外しは後部のスタットボルトが厄介と書きましたが、
新品のハウジングにはスタッドボルトが無いので楽。

スタットボルト移植や新品購入して取り付ける必要がありますが、
面倒なのでボルトで固定する事にしました。(ハウジングにはネジ山有)

resize2954_201902101232299c6.jpg 
関係ありませんが、この周辺をばらしているついでにターボウォーターホースも
交換していきます。一つ数百円だし。一部廃番がありましたが、
最近マーシーオートさんで製造販売しているっぽいですね~

resize2951_20190210123225847.jpg 
オルタネーター、タイミングベルト、等々復元していきます。
特に交換部品はありませんので分解時に付けた印を見ながら確実に。

テンショナーの再利用方法ですが、テンショナプーリーを押している凸部を
100mm以上のクランプ(シャコマン)を使用して縮めます。

するとピンを指して固定できるようになるので、適当なピンを指して
凸が出ない様にしておいて、車両に組んでから最後にピンを外す感じ!

resize2957_2019021012573217f.jpg 
だいぶ形になりました。W/Pだけ綺麗だから違和感が凄いけど!

resize2958_20190210125732065.jpg

後期用W/Pはプーリー形状も異なるため、こちらも新品を購入。

ネットの情報だと1JZ後期用プーリーは前期用より少し小径みたいで、
JZX100用とかの社外大径プーリーだと丁度いいとかどうとか…

でも高いのでパス。今回は純正をそのまま使ってみる!
そうしている人も多いし、問題なさそうだったので(;^_^A
 
締めるのに工夫が必要ですが、専用のプーリーホルダー等
無くても作業はできました。インパクトも使ってません、
基本工具や捨て工具を工夫して締めこみました!


スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/669-fa537f2d