FC2ブログ
2018-07-15 13:55 | カテゴリ:メンテナンス(9R)
resize2630_2018071513423610f.jpg 

先日少しバイクでドライブをしていると、ギアの入りが悪く感じた。

オイル交換こそ1年くらいしていないけど、渋いというよりか
クラッチがしっかり切れていないようなフィーリングでした。

9Rを購入した時に、前オーナーから純正のワイヤーを貰っていたので
今回は純正のクラッチワイヤー交換を実施したいと思います!


resize2628_20180715134238960.jpg 

クラッチワイヤーの交換はアクセルワイヤーなどと比べてシンプルです!

まずはクラッチワイヤーが繋がっているクラッチレバー周辺をばらします。
クランプ、クラッチ調整用のバネが付いている場合はそれ…等。


resize2642_20180715134240cf5.jpg


クラッチセンサーですが、プラスチック製の為割れてました。
とりあえずまだ固定できそうなのでしばらく様子見かな(-_-;)

2千円くらいで購入できるので、そのうち交換しよう。


resize2629_2018071513423904f.jpg  

レバー周りがバラせたら、今度はエンジン側


resize2643_201807151342427ee.jpg 

ナットを緩めて、ステーからワイヤーを外していきます


resize2649_20180715135023707.jpg 

ワイヤーを取り外せたら、外した部品をグリスアップしていきます!

基本的には摺動部に薄く塗布すればOKです(^^)/

ワイヤーインジェクター等を使用して、クラッチワイヤーのグリスアップも忘れずに!

グリスアップ系がすべて終わったら、仮組みしてレバー位置出して、
クラッチの引き代を実際に感じてみてエンジン側の取り付け部、
レバーの調整部を調整して引き代を丁度いいくらいにします(適当)

なんか、付いていたワイヤーの方が短い…?
違う車種のワイヤーが付いていたのかな?


何も参考にならない記事ですみません(笑)


最近、黙々と作業していると写真も撮らないので
解説のクオリティがどんどん落ちていきますねw


雰囲気をお伝えするだけで( *´艸`)



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/631-6024ed62