FC2ブログ
2018-03-05 22:45 | カテゴリ:メンテナンス(9R)
resize2439_2018030413064374c.jpg


冷却系リフレッシュ、続いてはサーモスタット交換です。

サーモスタットは写真の様に、キャブの真下に位置しているので
交換するにはキャブを取り外す必要があります。

でもアクセルワイヤーまで全部取り外すのは手間だったので、
今回は二人作業で一人にキャブを持ち上げててもらいましたw

 resize2438_20180304130645d42.jpg 

カバーを取り外すと、こんな感じでサーモスタットがハマってます。
付くようにしかつかないと思うけど、一応向きを覚えておく。

交換する際にはカバーのパッキンも必ず発注して交換しましょう!


resize2436_20180304130646fa4.jpg 

新旧のサーモスタット比較です。ぶっちゃけ見てもわかりませんw

目で見てわかるほどサーモが劣化しているのは結構ヤバいと思います(;・∀・)
本当に点検するなら、沸騰させたお湯を用意してサーモを入れて、
開くかどうかを点検することはできますが…


頻繁に交換するもんでもないので、どうせばらすなら交換!



resize2435_201803041306471af.jpg 

ラジエータキャップも消耗品なので交換。

これがダメになってると圧が掛からず、
オーバーヒートの原因になりかねません!

安い部品なので、定期交換しましょう。


resize2441_201803041306420e9.jpg 

後は各所ラジエータホースを根気よく交換。

抜けるものはウォーターポンプとかマイナスドライバで外して、
ちょっときつい物はハサミとかで切断しちゃいますw


resize2429_20180304130649c5f.jpg 

細かいホースもちょっとシリコンにしてみたり。

冷却水系のホース径は内径が6mmの物が多かったかな?

今回の整備で気になるホース類を一式交換したくて
シリコンホースや燃料ホースを用意しましたが
結局使ったのは6mmシリコンだけだったかな。


resize2423_2018030416303463d.jpg 

こういうチラリするシリコンホースがカッコいいよね!
ほとんど純正の9Rですが、チューンドっぽく見えるw

急に時間軸がぶっ飛んで全部元通りになってますが、
戻したら水道水をラジエーター満タンまで入れてエンジン始動。

しばらく水を循環させて、冷却系路を洗浄します!

再度ドレンボルトから水道水を抜いて、綺麗になるまで繰り返し。

最後に冷却水を補充して、エア抜きを行って終了。
エア抜きはラジエーターキャップを開けっ放しでアイドリング、
しばらくするとポコポコとエアーが出てきて冷却水が
中に入っていくので見ながら補充してあげましょう。

ずっとやっててもキリが無いし、基本的に少量のエアーは
随時ラジエーターキャップ経由でリザーブタンクに逃げる
仕組みのはずですのである程度やったら閉めちゃって大丈夫。


resize2456_20180304163034c17.jpg 

冷却系リフレッシュとは関係ないけど、こいつも交換します。

2次エアインテーク部のサイレンサー?です。


resize2455_20180304163033359.jpg 

バッチリヒビが入ってますね~。スポスポだったので交換(;'∀')


これにて冷却系のリフレッシュは完了!


ダラダラやっても4時間くらいで終わるかな?



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/607-c5923a6e