2016-04-05 21:37 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
resize0325_20160405211542997.jpg

最近エンジンルームを掃除していると気になるのが、
フィラーキャップ周辺のオイル滲み"(-""-)"
キャップのパッキンがもうダメになっていて、
走行時に巻き上がったオイルとか加圧されて出ちゃってるっぽいですね(;・∀・)


resize0324_20160405211542599.jpg

US純正の1JZオイルフィラーキャップが楽天市場とかヤフオクで出てるので、
今回はそれを購入しての交換にしました。値段は2500円くらいだったかな?
世の中にはTRDのキャップもあるけど値段が高い!8000円くらい…
ネットを見ていると、劣化したキャップからTRDのキャップにしたら密閉性が向上して、
オイルの循環が良くなったからレスポンスが上がったみたいな事を
書いている人も見かけましたが、イマイチ信用しきれずに純正を購入w


resize0351_20160405211540156.jpg

右が使い古したフィラーキャップ、左が新品。
普通に乗ってりゃなかなか交換する部品ではないけど、
古い車になってくると割と起こる症状ではないでしょうか?

ヘッド周りにオイルが滲んでいたり垂れた跡があったら、
手始めにキャップを交換してみてもいいかもしれませんね。
純正なら、そんなに高い物でもないので!
交換にも知識はいらないですしね。外して付けるだけ!作業時間、数秒(笑)


resize0333_201604052123078ab.jpg

続いてオイルつながりということで、1JZではよくある話でしょうか?
オイルレベルゲージが走行中に抜ける現象の対策をします。
抜けるといっても完全に外れるわけではなく、1cmくらいポンッて外れる感じ?

図の赤丸のようにレベルゲージ本体にドリルで小さい穴を空けます。


resize0334_20160405212218193.jpg

用意するものはホムセンで売っているような汎用のバネ。
某D天国で紹介されていた手法ですね!これをゲージの頭に取り付けます。


resize0332_2016040521263252e.jpg

先ほど空けた穴のところにバネを取り付けます


resize0330_20160405212222323.jpg

エンジンルーム側で、バネを引っ掛ける場所を探します。
今回はちょうどよさそうな穴がゲージの下の方にあったのでそれを使います!


resize0331_20160405212221632.jpg

上から見た図。ちょっと一つ前の写真がわかりづらかったけど、
イメージ的にはゲージに取り付けたバネを下に固定することで
ゲージを下に押し付ける形でバネをきかせる感じ?

ポイントは固すぎず柔らかすぎず、長さの丁度良いバネをチョイスすること。
事前に取り付け位置を確認してイメージして買えば良いんだけど、
まぁ適当に買ってもバネなんで、案外なんとかなりますw

オイル交換する時に少し手間が増えますが、まぁ走行中にオイル吹くよりマシ!


resize0315_20160405213505e25.jpg

最後に、ブレーキフルードの交換&エア抜きを行いました!
フルード交換ってそれなりに体感できて、メンテしてる感があって
個人的には結構好きな整備です(笑)
バイクと違って一人でできないのが残念ポイントですが、
仲間と話しながらやるのも楽しいのでそれはそれで良いですね(=゚ω゚)ノ


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/477-0a33b962