2015-02-03 22:51 | カテゴリ:スープラ(JZA70)カスタム
resize1504_2015020322242078f.jpg

お久しぶりです!森ツンです(。-ω-)zzz. . .
今年に入ってから本当に更新率が悪いですね~
なんだかんだ学校が忙しかったり、遊んでたりで
作業はボチボチやってるんですけど記事を書いてるヒマがないw

が、しかし!諸事情により1月一杯でバイトを辞めたので、
2月、3月と就職するまで晴れて土日が休みになった!
時間が出来て更新率が上がるか、それをいいことに遊びまくって
結果時間が無くて更新しないか…w

今回は、70スープラにブースト計を取り付けたお話。
スープラには純正でブースト計が装備されていますが、
-2から+6までという謎表記な上にそれ以外は0以外メモリが無いという
ブースト何キロ掛かっているかわかりません仕様なので( ´_ゝ`)


resize1506_20150203222401ad0.jpg

とは言いつつも、取り付けるのはオートゲージ製のブースト計\(^o^)/
精度は大概らしいが、純正よりマシだろうと言うことで…w


resize1503_20150203222403059.jpg

中身はこんな感じ。取り付けにあたって必要な物は全て入っているので、
購入したその日に工具さえあれば取り付ける事が可能です♪

メーターステー、配管、フィルター、配線等々。


resize1499_20150203222405947.jpg

さて、1JZ-GTEの場合だとエンジンルーム向かって右側、
インレットのサージタンク側面にこのように負圧を取り出すホースが出ています。
赤丸で記した部分が純正のブースト計を拾っているところのようです!


resize1501_20150203222406edf.jpg

赤丸から少し離れて見た図、赤い矢印をたどった先の青丸が
純正のブースト計用センサーのようですφ(`д´)メモメモ..

ブースト計を取り付ける際に負圧を拾う場所は基本的には
サージタンク⇔プレッシャレギュレータ間らしいのですが、
今回は純正センサーが拾っている配管に割り込ませました。
そこに追加メーターかませて果たして意味あるのか…?w


resize1514_20150203223622144.jpg

純正の配管をハサミで切って、付属のT字を間に挟んで分岐させます。
冷える時期だと配管が硬いのでドライヤー等で温めるとすんなり取り付けできます!


resize1513_20150203223624683.jpg

メーター付属のセンサーは、倍力装置の辺に丁度いいステーがヽ(^o^)丿
ネジも切ってあったのでナットいらずで取り付けできましたが、
これは元々何のステーなんだろう?センサーはプラスチックなので締めすぎ注意。


resize1511_20150203223624ff4.jpg

エンジン向かって左側のサービスホールから右フェンダーを通し、
車内へと配線を引き込む際にはいらないワイパーの金具を使用~


resize1510_2015020322362652f.jpg

運転席足元のパネルをある程度外しても、相変わらずこの作業はダルい。
ヒューズボックス周辺はメインハーネスでゴチャゴチャしてるので、
追加メーターを取り付ける時はこの作業が一番時間が掛かる…orz


resize1508_20150203224414890.jpg

電源は水温計からリンクさせれば簡単に取れるので、
今回の配線関係の作業はエンジンルームにセンサーを配置するだけ!
無事取り付けも終わり、試しに近所をグルっと回ってテスト。


resize1507_20150203224416587.jpg

やっぱり追加メーターが並ぶと感じ出ますね~(*´艸`*)
純正のブースト計では見た感じ1キロくらいブースト圧かかっていたけど、
オートゲージ製のブースト計では役0.8キロ手前くらいまでだったかな!

ブースト圧を考えながら走る技術がまだ無いので、
とりあえずは故障時の参考にするのと気分を味わう用でw


古いレーダーをタダで手に入れたので、それも取り付けてみました♪
ネットで見るともう廃盤のもので、結構古かったけどそれなりに反応します!
中途半端に手に入れちゃうと、ちゃんとしたのが欲しくなる…(・3・)


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/421-35dd43dc