2015-01-12 17:44 | カテゴリ:NINJA250R カスタム


明けましておめでとうございます!(今更)

ブログを見てくれている人がたくさんいるのに、新年の挨拶が遅れてしまいました(;´Д`)
年末、年明けって何かと忙しいですよね!そんな自分は学校が7日まで休みで、
人生最後の冬休みを満喫するのに忙しかったり、学校が始まってからも
なんだかんだ旅行に出かけたりとで更新する暇がありませんでした…

こんな僕ですが、今年もよろしくお願いします(*´∀`*)ノシ

resize1442_20150112171251ff4.jpg

以前話したNinja250Rのリフレッシュを兼ねたリニューアルの件ですが、
正直あんまり進んでません\(^o^)/  サボってますorz
そんな自分に拍車を掛けるべく(?)終わってないのに記事を書きますw
大体大きな部分が終わるごとに記事にしていけば、やる気も出る(予定)なので( ´∀`)b

今回は、Ninja250Rにパワーフィルターを付けよう編ですが、
市販のボルトオンタイプのフィルターではなく『キノコ型』のやつ。
よく原付きやキャブ車、アメリカンなんかで装着されていますが、
Ninja250Rでは社外パーツとして専用品は無いですよねー

Ninja250Rにパワーフィルターと言えば先人がいて、『Ninja250Rと愉快なライダー』でお馴染みの
『いんてる』さんが結構昔に行ったカスタムの一つです!(リンクからどうぞ)

今回はいんてるさんの手法を真似しつつ、新たな小細工を試したいと思います。


resize1443_20150112171751b1e.jpg

まず、Ninjaをこの状態にします(笑) エアクリ外すだけならここまでバラさなくてもいいですがw
問題は、リアインナーカウルを外さないといけないのでテール周りはバラした方が楽です。


resize1446.jpg

これね。純正フェンダー、社外のフェンダーレスキット装着の場合は外す必要があります。

resize1445_20150112171855810.jpg

外し方は、タンデムステップの根本の辺にも固定ビスがあるので、左右のビスを外します。
結局、タンデムステップとかマスターごとステップ外しちゃうと楽ですw
タイヤも、外した方が間違いなく作業効率が上がると思います(・∀・)
あとはバッテリーケースの底面にあるボルト2本とフェンダーのボルトを外します。

resize1462_20150112174749657.jpg

めったに外すことは無いので、この機会にコイツも少し加工したいと思いまーす
この純正のU字ロックホルダー部分ですが、正直使わねーよ!って事で

resize1461_2015011217474741d.jpg

得意のぶった斬り(笑) ここを切断すると何が得するかと言うと、
少しばかりですがタンデムシート内の積載性がアップします\(^o^)/
仮組みしてみたら、意外とバカに出来ないくらいスペース空きますよ!
組み上げた時にまた写真を載せようと思うので、気になる方はやってみては!?


resize1447_201501121718581ac.jpg

エアクリの方はエンジンからのブローバイ還元等の関係でホースが伸びているので、
クリップをペンチ等で外して引っこ抜きます。純正のオイルキャッチからオイル垂れるので注意!

resize1448_20150112171859eee.jpg

かなりオイルが溜まっていたけど、これオーバーフローしてたのかな?
ここから出るオイルなんて知れてるから別に気にならないんだけど、
周りにタレてないって事はオイルも一緒に吸ってたりしたのかなw
これくらいの量なら燃焼しちゃうと思うから問題無しですが(。-ω-)zzz. . .

resize1449_20150112171901d17.jpg

かなり省略していますが、インナーカバーを取り外してエアクリ固定のビス、
ホースを抜いたら車両後方フレーム(シートレール)の間からボックスを取り出します。
エアクリ固定しているビスは適当に観察すれば見つけられる所に合った気がします(適当)

ここまでバラせる人ならそんなに迷うこと無く出来ると思いますw
整備って言うのは手探りが基本ですよ~!∩(*・∀・*)∩ファイト♪


resize1450_20150112172544654.jpg

ゴム製のサクションがエアクリ内部まで伸びているので、これを外すのがちょっと苦労する。
ボックスが車体にある状態でこれを抜くのには結構工具を使ってパワープレイでした(;^ω^)

resize1451_20150112172546186.jpg

せっかくの機会なので、純正エアクリボックス内部を見てみよう!

resize1452_201501121725462ba.jpg

こうなってるんですね~。純正加工等お考えの方がいれば参考にどうぞ(*´艸`*)

resize1454_20150112172549e3f.jpg

resize1453_2015011217254853c.jpg

エアフィルの蓋(サイドカバーの中のやつ)を外して吸気効率アップ!とか
アホな事をしていたので、案の定ゴミが結構入ってますねΣ(゚∀゚ノ)ノ
そして、やっぱりオイルも吸ってるね。衝撃の汚さだ…

純正エアクリボックスを取り外したらブローバイホースの処理を忘れずに!
別途ホムセンホースを買ってきてオイルキャッチタンクを用意するなり、
そこら辺はまた後日記事の一部で紹介したいと思いますφ(`д´)


resize1458_20150112173015c58.jpg

パワフィルを装着する前にコチラを御覧ください。純正のスロットルボディー内部、
スロットルバルブが見えるでしょ?実は、写っているのはスロットルバルブじゃないんです。
いわゆる『2次バルブ』ってやつだと思うんだけど、車でいうところのISCVみたいなもんなのかな?
調べてないからよくわかんないけど、とりあえずZZRにも付いているんですが
これを取っ払う事でダイレクトな吸気を実現しレスポンス&効率アップ!
みたいな事がZZR1400では定番カスタムの一つなんですよね~。
(※今どき車だとトラコンの可能性もあるので注意。)

それを、Ninja250Rでもやってみたらどうなる?という素朴な疑問が生まれたので…


resize1457_2015011217301354e.jpg

取っちゃいました☆(・ω<)


resize1456_20150112173013eb6.jpg

すごいふざけた感じで書いてるけど、この2次バルブ機構にはカプラーが付いているので
何かしらの電子制御は行われているはずなんですよね~(^_^;)
それを外してしまう事によってアイドリング不調とか、犠牲に成るものはありそうだよね。

ちなみにZZRでもそうらしいんだけど、ここの+ネジは番手もサイズも小さい上に、硬い。
安物のドライバーでやると速攻ナメるので注意が必要です!あとは気合と根性w
位置的にも緩めづらい上にスロットルボディ内にネジを落とす危険性があるので、
同じようにやってみようと思った方、自己責任でお願いしますね~(^^ゞ
自分はラスペネ吹いて、そこそこ良いドライバーを使用して、
なおかつ緩めたら外す時にピックアップツールを左手に構えて外しました=3


resize1459_20150112173016a7d.jpg

そんでもって用意したパワーフィルターはコチラ。アマゾンで買いました!
スロットルボディーへの取り付け経は48Φをチョイス。
いんてるさんは46Φでジャストサイズだったらしいですが、
ネットを見ていると46Φのパワフィルって選択肢が結構少ない…

加えて、サクションがストレートだとほぼ間違いなく干渉するので、
今回はあえて選択肢の多い48Φにてオフセットサクションを採用した物を選びました!
これで、オフセットされているぶんでフィルター同士の干渉を避ける作戦。
Φ経が少し大きいけど、ゴムサクションだから無理やり締め込めば付くだろ!←

お値段は一つ2000円くらいですかねφ(..)


resize1455_2015011217301160a.jpg

取り付けてみた感じでは、右側のフィルターがスロットルボディの構造の関係で
少し取り付けづらかったけど、48Φでも無理やりなんとか装着できましたヽ(^o^)丿

まだまだ走れる環境ではないのでインプレはまた後日と言うことでε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
しかし、燃調に狂いが出そうだからサブコンくらいは入れたほうがいいんだろうなぁ…
とか言いつつも所詮250ccだしコンピュータで補正できないとしても誤差だろ!w

速さは求めてないから、良いのだ(ぇ

後々、サイドカバーの辺からパワフィルが見えるように加工する予定です。
サイドビューからこんなキノコがチラリズムしてたら、スパルタンでカッコイイ…予定♪


ちなみに、今回パワフィルにしたのは別に吸気効率アップうんぬんではなくて
他に目的があって、その処理をする為に仕方なくパワフィル加工を行いました。
それに付いては、次回のお楽しみと言うことで…w


resize1460_2015011217414601f.jpg

外したSimota製のパワーフィルターは、洗浄してNinja乗りの友達にあげましたw


以上、参考になるのかよくわからないカスタムでした('A`)y-~

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/417-73034c9a