2014-12-17 19:48 | カテゴリ:雑談
はーい、森ツンです(^_^)/

雑談回第二部、今回は工具のお話をしたいと思います。
工具の中でも最も?メジャーなラチェットについて!
車やバイクを整備している人なら、必ず持っている『ラチェット』ですが、
種類がありすぎて何を買ったらいいかわからない!なんて人もいると思いますφ(..)

一口に『ラチェット』と言っても、種類もメーカーも様々!
たくさんありすぎて、全部は紹介出来ないので自分の使っている物で簡単なインプレを。


resize1398_201412171806545ad.jpg

まずメインに使用している、いわゆるオーソドックスな『ラチェットハンドル』
ラチェットと言えば、とりあえずこんな感じでしょ(・∀・)

自分の使っているラチェットはホムセンで700円くらいのやつです(笑)
ラチェットに早回し用の『TONE』のノブを付けて使用していますが、
早回しノブとラチェット本体の値段差がそんなに無かった気がしますw

ホムセンなどで売られているラチェットは歯数が少なかったり、
なんだか壊れそうな音がしていたり重かったり…安っぽい。
というか、実際に安いんだから安っぽいもクソもないけど\(^o^)/

個人的にはギアは72枚位がベストかなぁ?コスパも良いし。
100枚超えてくると、細かすぎてメカっぽさが薄れるからなんか好きじゃない笑

resize1397_2014121718154858d.jpg

当たり外れがある可能性もありますが、正しく使用していれば問題なく使えます!
ホムセンで700円程度で買ったラチェットだけど、とりあえず3年位使えてます。
仕事で毎日のように使うのなら、初めからSnap-Onやマックツールズといった
いわゆる有名工具メーカーの物がオススメですが、サンデーメカニックなら十分!

そもそも、俺はあんまりラチェット使わないんですよ!笑
車もそうだけど、特にバイクを整備している時、あんまりラチェット使わないです。
これは完全に好みの問題で人それぞれだけど、自分はラチェットよりも
T型ハンドルやメガネ・スパナといった工具を好んで使用します。

なぜなら、ソケットを付け替えるのが面倒くさいから
というシンプルな理由です\(^o^)/

バイク仲間には、
『ソケットを付け替える事により整備してる感が出るから、俺はラチェット好き!』

と言う奴もいますが、個人的にはあんまりラチェットを好んで使わないので、
安物でも使用頻度が少ないためなかなか壊れないというわけですw
そんなめんどくさがりな俺なので、プッシュリリース機能は絶対!!!
ラチェットを新調したいと思っていますが、この機能だけは譲れない。

あ、TONEのクイックアダプターは便利ですよ!
これにエクステとソケットを付けて、即席ソケットドライバーみたいにもできるし。


resize1401_201412171815442dc.jpg

続いて、コチラはアストロプロダクツ製の『スイベルヘッドラチェット(小)』です。
スイベルヘッドとは!?昔ながらのラチェットには見られない割りと最近の機構?
ソケットを取り付けるヘッドの部分が、約1回転する機構を備えたラチェットの事です。

普通の首振りタイプのラチェットよりも細かなアングルで作業が出来ます!例えば…

resize1400_20141217181546799.jpg

普段通りに、こんな感じでトルク重視の使いかたも出来るのですが、

resize1399.jpg

このように、ヘッドを回転させて縦方向にすることで早回しにも対応出来るわけです!
これが結構馬鹿に出来なくて、整備をするなら1本は持っておきたいラチェットだと思います。

横方向でトルクを掛けてボルトを緩めて、縦方向にして早回し。
この一連の流れがスムーズに出来るのは、作業効率かなりアップです(・∀・)
さらに、微妙な角度でも問題なく回すことができるので色々対応できちゃいます。

デメリットを上げるとすれば…通常のラチェットよりも割高な場合が多い気がします(;^ω^)
あと、使いまくってるとヘッドの締め付けが悪くなってきて頭がフラフラしますw
これは、アストロの工具だからと言う訳でもなくて、実際にスナッポンでもなります。
スイベルヘッドラチェットの宿命ですかね~、それでも普通に使えますが!

アストロ製の物はハンドル部が樹脂でできているので、
車のバッテリー交換の時とか一度使うとヤミツキです(*´艸`*)
もう、普通のラチェットでバッテリー交換するのがダルくなりますよ!


resize1408.jpg

続いてKTC製のミニラチェットなんですが、通常のラチェットとは少し違いますよね!
通常頭のソケット差し込み部分は凸ですが、こちらは六角に凹んでいます。
そして、その隣になにやら専用のソケットセットが並んでいます。これらを組み合わせると…


resize1409_20141217183011ff9.jpg

普通のラチェットにスタンダードソケットを取り付けたものと並べてみると、
その違いは一目瞭然ですよね!そう、とりあえず薄いんです。

狭い所にあるナットを緩める時に便利な一本。
でも、狭い所にあるナットを緩める機会なんてあんまり無いので、
最初に揃える工具にコレは必要ないと思いますw
というか今でも正直あんまり使ってないです\(^o^)/

ただ、工具って言うのは欲しい時に無いモノ。
『かゆい所に手が届く系工具』ですね(笑)


resize1402_201412171834567cc.jpg

ラチェットの部類に入るのかは謎ですが、スエカゲツールズの『ビットラチェットセット』
ビットセットは一つ持っていると便利かもしれませんが、
『あったら便利は無くても大丈夫』だと思います(笑)

でも、コレは割りと使うのでオススメですよ!
色々なサイズのビットが付属してくるので、対応力もあるし
付属のミニラチェット、結構ギアが細かくて狭いところでの作業性は抜群♪
専用のエクステも付属してくるんだけど…正直これは必要ないかな??
狭いところで作業するのに、エクステを付ける機会はあんまり無いかも。
エンジン周りで狭い隙間をぬって、ホースバンドのマイナスを緩める時とか良いかも!?

サイズがね~、また丁度良いんですよ…これが(*´∀`*)
手のひらにちょこんと乗る程度のミニラチェ、軽いし使い安い。
狭いところで作業する工具って指2本くらいで使っても疲れないようなのが良い!

強いてデメリットを言うなら、ビットの取り替えが若干面倒なところかな。
面倒っていうか、そこそこ硬いからなかなか外れない時があってもどかしい(^_^;)



resize1403_20141217183454ff4.jpg

さて、ラチェットがあってもそれに付けて使用するソケットが無けりゃ話にならない!
これもまた種類が沢山あって、どこのメーカーの物を買うかかなり悩みますよね(~_~;)

上からアストロ製の『マルチスプラインソケット』です。これに付いては後で触れますw
真ん中のレールには六角とスタンダードソケットが付いてますね。
六角のソケット、これも賛否が別れると思いますが自分はあんまり使いません(^_^;)
普通にL型の六角レンチの方が個人的には使いやすいので、そっちを使ってしまいがち。
L型だったらホルダーごとセットで持ってくればいいだけだし…

3/8のスタンダードソケットについては8mm~17mmまであれば十分だと思います!
それ以上のサイズはロングのメガネや大型のスピンナで使用するために1/2で良いと思う。
と言いつつも、Ninjaのサス周り外す時に2本欲しいから19mmのソケットも3/8で持ってるんだけどw
その辺は、整備するバイクや車に応じて増やしていけば良いんじゃないかな♪

三列目はZZRのアクスルナットを外したりする時の大型ナット用。
差し込みサイズは1/2で、スピンナでしか使わないようなやつかな?
このへんはもう車種によりけりだから各自必要なサイズが違うと思いますφ(`д´)


チラっと写っているのはスピンナハンドル、下の短い方はKTC製で
上にあって全部写っていないロングタイプの物はアストロで1000円くらいでしたw


そして左に写っているのは2本のエクステンションバーをつなげて置いてあるもの。
写真のエクステンションバは、150mmと75mmです。
たま~に、300mmくらいの長いエクステが欲しい場面があるけど、
実はコレ以外に同じサイズのエクステをもう1セット持っているので
全部つなげればそれくらいのサイズになるので、案外何とかなってますw
ジョイントが多い分トルク伝達が悪かったり作業性がよくなかったりするんだけどね。
バイクの場合だと、300mmのエクステ使うくらいなら反対側に行くか、
もしくは上から作業したら普通にできちゃう場合が多いので余計長いのはいらないですよね!


resize1410_20141217184712c66.jpg

ラチェットも良いですが、高トルクに対応する為にスピンナハンドルも1本は欲しいですね。
KTC製のスピンナは3000円だか4000円くらいしますが、ラチェットもそれくらい…
構造が複雑なラチェットと、単純なスピンナハンドルの値段が同じっておかしくない!?
と思ってしまいますよね~…でも、高トルクに対応する為に強度の無いスピンナでは意味がありません。
それなりの強度を確保する為に、一見シンプルな某にソケットを付けれるようにしただけに見えますが
実は結構考えられててお金も掛かってるんだな~と、信じて買うようにしましょう(笑)


resize1406_20141217183456f02.jpg

で…先ほど触れた、マルチスプラインソケットがこれなんだけど↑
歯車のスプラインみたいな感じで凸凹溝がある特殊ソケット。
アストロ製のセットですが、簡単に言うとナメたボルト・ナットが回せますよ!的なアレw

これ、便利そうで実は全然使いませんwwwwwww
購入して1年以上経つけど、未だに一度も使った事が無いです\(^o^)/
コイツに関しては、できれば使う日が来ないで欲しい『救急用工具』ですね笑

ナメたネジに対しては『ツイスト・ソケット』ってやつが結構効果的らしいけど、
ボルトをナメたりしたらライターで炙ってみたり、トンカチで叩いたりと
割りと古典的なその場であるもので何とかしよう戦法なのでwwww

そもそもボルト・ナットをナメるってのは結構初歩的なミスだと思っているので、
ボルトをナメたら恥ずかしい!くらいの気合を持って作業に挑みましょう(´゚д゚`;)
コレ系の工具はたま~に工具屋さんなんかでもデモで置いてあったりしますが、
正直いざって時にはあんまり役にたたなかったりするんだよね・・・(;・∀・)


resize1407_201412171834581d3.jpg

最後にディープソケットのセットはホムセンでよく見る『S.KII』というメーカーの物です。
ディープソケットもまた、必要不可欠な工具の一つですよね~!
ただし、個人的には8mm. 10mm, 12mm の3つ以外はいらない気がします。
その他のサイズは別にディープでなくてもいけちゃう場合が多いし、
意外とメガネレンチとかでも何とかなっちゃったりするので(;^ω^)
あ~でも、17と21はホイールナットで使うか。その辺はトルクレンチに付属してきたりするけど、
複数人で作業する場合なんかに数本あったら便利かも・・・。ってくらいか?w

これに関しては近々新調して、現状を誰かにあげちゃおうと思ってます(。-ω-)zzz. . .


そんな感じで、ざっくりとラチェット系の工具のインプレをしてみました!
語り出すとソケットの当たり面の角度がどうとか、同じディープでも
メーカーによってデザインと長さがうんたらとか長くなるので止めますw

とりあえず、今から工具を揃えたい!ということなら
8mm~17mmのスタンダードソケット(もしくはショート)
8mm~14mmのディープソケット
ノーマルラチェット(3/8)、ロングタイプのスピンナ(1/2)
これくらいあれば、ラチェット系は十分では無いでしょうか?

スナップオンやマックが良いのは誰でも知ってるよね!高いし。
そうじゃなくて、ほどほどの値段で良い物を!ってなると、
ソケットは『KTCは』か『Koken』が良いと思いますφ(`д´)
『KTC』の良いところは、とりあえずそこら辺で売ってるから手に入りやすい上に
質感もやはり国産ということでそれなりに高級感があってしっかりしている。


resize1409_20141217194759b99.jpg

『Koken』はボールが入っていてナットを落とさない特殊ソケットなんかが強いらしいですね!
(画像のナットグリップソケット。内側の溝にボールが埋め込んでありますね)
普通のソケットも結構剛性があって、長年使えると聞いたこともあります。


resize1410_201412171947576bd.jpg

ラチェットも同じく『KTC』か、ちょっと手に入りづらいけど『Facom』とかイイらしいね!
Facomはフランス製だっけ?ネットでの評価は結構高いし、
自分も一度現場でFacomのミニラチェを使ったことがあるのですが
スナップオンの半額くらいの値段でこの精度のラチェットが来るなら、アリだと思いました。
次ラチェットを新調するなら、Facomにしようかな~とも思ってますヽ(^o^)丿
でも、これに関してはデザインに好みが出てくる気がする…w


以上、ラチェットについての雑談でしたε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/413-d79c85db