2014-06-13 23:04 | カテゴリ:メンテナンス(NINJA)
どうも、森ツンです!最近周りからフォークのOHについて質問が多いので、
今回はフロントフォーク【正立】OHのやり方を自分なりに解説していきたいと思います!

写真ではわかりづらい部分や説明がヘタな部分もあるかとは思いますが、
自分でフォークをOHしてみたい!でもやり方がわからない…(´・ω・`)
なんて人の役に立てれば幸いです!それでは、いってみよ~

今までに作業を行った車両達の写真を駆使して説明しようと思うので、
作業車両は随時変わるかもしれませんがそこはスルーで(笑)


resize0579_20140613221031930.jpg

今回の作業車両(のベース)はマイミクの【タカタカ】さんのNinja250Rです!
相変わらず綺麗で、自作カウルが個性を放ってました(ノ∀`)

resize0578_20140613221033208.jpg

早速説明を省いてる気がしますが、とりあえず前後ジャッキアップして
フロントホイールを取り外して、フォークからキャリパーも外しておきます。


resize0604_20140613222231288.jpg

resize0601_201406132219078f6.jpg

純正ハンドルの場合はハンドルを取り外し、純正のトップキャップを取り外します。
ドライバー等でキャップを押しこみ、その隙に細いマイナスドライバー等を使用して
フォークの内側の溝でストッパーの役割をしている【 C リング 】を取り外します

resize0603_201406132222298a5.jpg

こういう感じで、うまいことリングを取り外してください。

resize0576_201406132238019a5.jpg

すると、キャップがスプリングの張力に負けてポンと出てくると思います!

【リング】→【キャップ】→【スペーサー】→【ワッシャ】→【スプリング】

Ninja250Rの場合は上記のの順番で入ってると思います。

resize0600_2014061322190974d.jpg

フォークオイルの交換の場合、このままフォークを取り外してオイルを抜いてしまえばいいのですが、
今回はオーバーホールと言うことなのでフォーク真下にある【ドレンボルト】を抜く必要があります。

単純にオイルを抜くだけではなく、アウターチューブ内の【ダンパー】を固定しているので
これを外さないとフォークを分解することができないので注意!
緩める時はそのまま緩めようとしてもアウターチューブと供回りしてしまうので、
アクスルシャフトを通して左右のフォークを固定して回り止めにすると良いと思います。

Ninja250Rの場合は、六角(ヘキサ)ボルトです。
割りと硬いので、L字の六角レンチを使用する際にはメガネ等で延長するか、
六角のソケット版みたいなやつでスピンナハンドル等を使うとやりやすいです!

上に向いて付いているボルトなので、回転方向に注意して緩めよう(^q^)

ちなみにNinja250Rの場合はアウター下部からボルトまで割りと距離があるので、
ソケット版を用意する場合は長いやつでないと届かないので注意。




resize0605_2014061322294663a.jpg

resize0577_20140613221912e6d.jpg

取り外すと、少量のオイルが垂れてきます。ここで、アウターチューブを上下にストロークさせて
中のオイルを抜いていくわけですが、ストロークさせると結構な勢いでオイルが出てくるので
ゆっくり上下させるか、大きめのオイル受けを用意することをオススメします


resize0607_20140613223218791.jpg

フォークの【ダストシール】をマイナスドライバーでこじって浮かせておきます。
インナーチューブに傷を付けないように注意して行いましょう~

resize0606_20140613223216fd8.jpg

ダストシールを外した状態でアウターとインナーの間を覗いてみると、
【オイルシール】を留めているクリップリング?が見えると思います。
これを、同じくマイナスドライバー等でこじって外します!

ここまできたら、後はアウターチューブとインナーチューブを持って
思いっきり引っ張れば勢いでインナーチューブが抜けると思います!

写真ではすでにフォークを車両から取り外していますが、固着等の理由から
外した状態でインナーとアウターの分離が困難な場合は車両に取り付けて
アウターチューブを思いっきり引っ張れば取れると思います。
ジャッキアップされているので、勢いで車両を倒さないように注意が必要ですがw


resize0573_201406132239180a6.jpg

アウターチューブを抜いた状態のフォーク。黄色い○の部分に、先ほど取り外したドレンボルトが
アウターチューブを介してはまる事によって、ロッドを固定しているわけですね~


resize0572_20140613224402692.jpg

マイナスドライバー等を使用して、【スライドメタル】を取り外していきます。
古いフォークや使い込んでいたりすると、固着している場合もあるらしいので、
あんまり強くこじってインナーを傷つけないように作業しましょう!


resize0569_20140613224527a81.jpg

ここまでくれば、インナーチューブをひっくり返せばシリンダーロッド等が取れます。
できればゆっくり作業して、部品が出てくる順番を覚えておくと組むとき楽ですw


resize0570_20140613224529d7c.jpg

【ダストシール】→【クリップ】→【オイルシール】
→【ワッシャ】→【スライドメタル①】→【メタル②】



resize0608_20140613224530fc6.jpg

同じ要領で、もう片方のフォークもバラしておきます。
コツは、とにかくインナーチューブに傷を付けないこと!
傷が入ると、新品のシールを組み込む際に傷つけてしまう可能性があるので…

インナーチューブの中身の順番は、組み上げるときに改めて書きます_〆(・ω・` )


resize0561.jpg

この辺までくると大体腹が減るので、ラーメンを食べます!

これ、重要ヽ(=´▽`=)ノ笑





次回は【組付け編】ということで、分解したフォークを元通りにしていきます!
それまでに、新品のシール類やフォークオイルを用意しておくように!w

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/365-28af1255