2012-06-01 00:00 | カテゴリ:番外編
resize0527.jpg
え~4月に開いたNINJA in東海オフに初参加して頂いた『生田さん』(以後いくにゃん)の黒忍です。

実は彼、森ツン宅のご近所さんなのだ(°∀ ° )

オフ会ではノーマル車な事もあり、皆さんにどこを弄る予定か~なんて聞かれていましたが…


弄る予定はないですよ(ドヤァ

なんて言っていた癖に、ある日のメールのやり取り…


いく「よっ久しぶり~」

森「どしたん?」

いく「カスタムパーツ15万円分くらい買ったったwwwwwつけてwwwwwww

森「」


※会話はイメージです



というわけで、初投資にして莫大な金額をポンと出し、
まんまとカスタム病をオフ会でうつされたいくにゃんであった(-ω- )
オフ会はカスタム病患者ばっかだったからな(笑)


resize0729.jpg
<今回投資したパーツたち>
・Active製 ハイスロットルキット+スイッチボックス
・Active製 フェンダーレスキット+スリムリフレクターキット
・ヨシムラ製 バックステッププレートキット
・Akrapovich製 スリップオンマフラー
・DC station製 USB電源ソケット
・Beet製 セパレートハンドル+社外グリップ(赤)
・吸盤型iPhoneステー

ぐらいだったかな?w

resize0721.jpg
ジャッキアップ↑↑

resize0719.jpg
とりあえずスリッポンから装着しましょう!
12年式の純正マフリャーはさらばだ~


resize0718.jpg
マフラーを外した状態でエンジン掛けてみるのは御愛嬌(^ω^ ニヤ
近所迷惑なのですぐに切りましょうzzz

resize0717.jpg
でん!
付属の液体ガスケットを塗って、スプリング等々取り付けて完了~♪
アクラ管の迫力はすごいですね…車両のイメージってマフラー大事だよな!

resize0715.jpg
バッフルは取り外しが可能です!
試走した感じだと、バッフル有りの方がやはり低速トルクが感じられます。
当たり前っちゃ当たり前だがw
音はバッフル有りだと静かです。
アイドリングでは低音が響く感じではありますが、
あくまでも純正比、加速音も全然五月蠅く感じませんでした。

resize0714.jpg
バッフル無し
ガスケットが燃えて煙が出てますね;;
というか液ガスって自然乾燥させるべきなんでしょうか??
僕はエンジン掛けて熱で焼いてしまうんですが…

resize0716.jpg
それは置いといて、どうですかこの迫力のリアビュー!(´m`ニヤニヤ

バッフル無しよりも重低音が響きます。
アクラ管は爆音だ、なんてよく聞きますが、
バッフル外してもそんなにうるさいとは思いませんでした~(若いのかな?w)
やはり低回転はバッフル有りの方が気持ち良い気はしますが、
バッフル取っても言うほどスカスカってわけでもありませんでした。
その辺はスリッポンだからなのかな??
バッフルの有無にかかわらず、パワーアップを感じられたのは
エキパイが純正だからなのでしょうか…乗った感じは早くなった!って感じでした☆


resize0710.jpg
マフラー交換に伴い、2次エアキャンセルも施しておく。
写真はガソリンタンク下、純正エアクリーナーボックス上部です!

2次エアキャンセルの仕組みはよくわかりませんが、
アフターファイヤーを抑えられるんだっけか??
詳しくはググってください(^q^)

ホースを固定している金具を緩めて、ホースを一旦引っこ抜く。
完全に取り払ってしまう人と、ホースの穴をふさぐ人がいるようですが…
今回は塞ぐ方法でやってみました!(森ツン号は取り払われてます byトモさん)

resize0709.jpg
穴ふさぐのなんてなんでもよくね?要は塞がってりゃいいんでしょwwwww
というなんとも軽いテンションでガムテープチューン…(ぇ

効果のほどは不明w

もっと一つ一つ時間をおいてカスタムすれば違いも感じやすいでしょうが、
1日ですべてのメニューを完了させるために試走は短くすませていたのでzzz

[続く…]


<6月10日~追記~>

記事の中で『付属のガスケット』と言っていますが、
付属してきたものはどうやらネジロック材だったらしいです・・・
なので、アクラ管を考えている人は別途、液体ガスケット
もしくはジョイントガスケット?を用意してください。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://442gal.blog.fc2.com/tb.php/109-b2d39fb9