2016-09-30 22:56 | カテゴリ:ZX-9R カスタム
ようやく週末がやってきましたね~(^^♪
今月は残業が比較的多くて疲れました…そんな事はさて置いて。

resize0988_20160930221637a71.jpg 

気分転換にはバイク弄りですね!本日は9Rをメンテしていきます。
そろそろプラグでも変えてみるかな~とか思っていたら、
まさかの前オーナーは1回も変えておらずその後放置されていた為
恐らくこのバイク、3~4年はプラグ交換されてないんじゃないか!?
という事実が発覚…もっと早めに交換しておけばよかったかな~(;^_^A

ウインカーが養生テープで留まっていますが、気にしないでくださいw
走行中にポロリしたので、再度両面テープで固定しておきました。

resize0989_201609302235178e9.jpg 

今回交換するのはNGKのイリジウムプラグCR9EIXと
DNA ハイパフォーマンスフィルターです。いわゆるパワフィル?
プラグがヤフオクで4200円(4本)、エアフィルは貰い物ですw

今回も説明が雑ですが、まったりやっていきましょ~

resize1006_20160930221639f21.jpg

プラグを交換するためにはまずは燃料タンクを外す必要があります。
ほとんどの4気筒バイクはタンク取らないと交換できないんじゃないかな??

resize1005_201609302216411e2.jpg

ZX-9Rの場合タンクの脱着は非常に簡単で、シートを外したところの2本と
ハンドル側の2本のヘックスの4本を取り外すだけで固定は無くなります。

resize1003_2016093022164250b.jpg

ただし、当然燃料をキャブに送っているのでフューエルラインがありますよね!
キャブ車の場合ほとんどはフューエルコックにつながっていると思います。
少し狭くてやりづらいですが、ペンチ等を駆使して傷めないように外しましょう。

resize1002_20160930221641daa.jpg

フューエルコックを折らないように注意しながら、タンクを下ろします。
コックはOFFの位置にして外さないとガソリンがダダ漏れになるので注意!
そうでなくても多少は漏れるので、ウエスを事前に敷いておくことをお勧めします。

あと、ガソリンはなるべく少ない状態の方が軽くて作業しやすいです('ω')ノ
自分は地面に直に置いちゃってますが、本当だったら何か敷いた方がいいですw

resize1001_201609302223295f1.jpg 

タンクが外れた様子。次に、エアクリーナーボックスを外します!

resize1000_20160930222331edf.jpg

エアクリーナーボックスでかいな~w

resize0999_2016093022233274f.jpg

車両前部にあるラムエアダクトとつながっているホースバンドを緩めます

resize0998_20160930222900947.jpg 

車のエアクリボックスもそうですが、大体蓋を外したら
内側にボックス部分を固定しているボルトがあるのでそれを緩めて、
EGRとかブローバイ系のホースを引っこ抜けば外れてくると思います!

resize0997_201609302229034c5.jpg 

エアクリボックスを外したら、キャブのスロットル部が上向きに
開放されるので、ウエス等をかぶせて余計なゴミや小物が入らないようにします。

resize0996_20160930222904205.jpg

イグナイタが見えるようになりました!コネクタを外して、
隙間にマイナスドライバや小型のバールを入れて起こすようにすると
プラグホールから抜けてくると思います。あくまでも慎重に!

古い車体だとコネクタ部分のプラが弱くなってて割れる事もあります。

resize0994_20160930222905ced.jpg

1番と4番のシリンダはラムエアのダクトが邪魔で工具が入りづらいです…
というかイグナイタも外しずらいし、プラグも抜けづらいです(笑)
割れない程度にダクトを押したりして、半ば無理やりにやりました(;'∀')

resize0993_201609302229063a2.jpg

外したプラグと新品の比較、恒例ですが…いや~、黒いw(;^_^A
電極らへん真っ黒じゃん。CR8E…番手の違うプラグが付いていた??
購入した時はほぼノーマルだったけど、番手を変える必要があったのかな?
2つ前のオーナーなのか、そのまたさらに前なのか…謎です。

resize0991_20160930223519ecf.jpg

全てのシリンダのプラグの交換が終了しました(^^)/
黒いだけならまだ良いんだけど、少しだけオイルが滲んでいる…
ヘッドカバーからオイル漏れしてるけど、タペットシールとかも怪しいな。

ちなみに新品のプラグを組む時の注意点ですが、まずは手締めで取り付けていきます。
シリンダヘッドがアルミ製のものも多くなってきていますが、プラグが斜めに入ると
プラグホールのねじ山を潰してしまう事もあるようなので、まずは手締め。
手締めなら斜めに入っていれば気づくけど、工具で初めからやると気づきにくいので!

resize0992.jpg

交換するDNAのフィルターはこんな感じ。よく見る純正入れ替えのパワフィルですね!
いわゆる乾式という奴ですね!湿式よりもメンテが楽で耐久が高い気がします。

後は、分解した逆の手順で組み上げていくだけ!結構簡単です。
作業するのに特殊工具はいらないし、比較的簡単な作業なので
ちょっとしたメンテナンス&DIYにはもってこいだと思います!

特にプラグ交換するだけで結構体感もあるので、お勧め。
ちなみに今回パワフィルにした事で、明らかにレスポンスが向上しました!
スリップオンに交換したことによる低速トルク域の抜け感も、
多少向上したんじゃないかな??プラグ交換によって点火状態も向上して、
フラッと走ってきただけでめっちゃ楽しかったです(*ノωノ)

プラグ交換の目安として自分が普段心がけているのは、
ノーマルプラグなら2~3000キロ毎、イリジウムなら3~5000キロ毎くらいかなぁ。

愛車の状態が良くなると、
ふらっとツーリングも楽しくなりますね♪



スポンサーサイト