FC2ブログ
2018-12-03 22:14 | カテゴリ:番外編
resize2966_20181203215325697.jpg


前回に続き、親のスペーシアカスタムです!

今回はドラレコの取り付け。このご時世必須アイテムですよね~

選んだのはコムテックのZDR-015という商品です(^^♪

 resize2965_201812032153265e3.jpg


パッケージにもある通り、決め手は前後録画!

フロント用カメラとリア用カメラがあり、前後同時録画です。

値段は2万4千円くらいと決して安い値段ではないけど、
万が一を考えれば安いもんですかね?

ドラレコについては必要、いや意味がないなど賛否両論と思いますが
まぁ泣き寝入りするよりも…とか気持ちだけでも…とか、
要は言い訳材料が少しあれば気楽になるのでいいんですw

コムテックはドラレコ業界では王手だけあって、
アフターパーツというかオプション品も充実していて
取り付けも簡単なのでおススメです!(コムテックしか使ったこと無いけど)

ナビ連動とかが良ければ別ですが(;^_^A


 resize2953_2018120321532803c.jpg


ひとまずフロントカメラの位置決め。

配線作業については今回は割愛!

付属の配線を使う場合、電源はシガーソケットなので繋ぐだけ。

 resize2950_20181203215329557.jpg


非常にボケてますが、外から見るとこの辺の位置かな?

電源を繋いで、画角を映像で確認しながら位置決めしたら
付属の脱脂ペーパーでガラス面をクリーニングして、
付属の両面テープで貼り付けていきます。

本当に、必要なのは内装をばらす工具くらいです(^^)/

 resize2949_20181203215331167.jpg 

説明書にも記載があるので読んでもらえばいいんですけど、
一応法規的にミラーの裏側何cm以内だとか、フロントガラスは
上部から何cm以上下に取り付けないとかいろいろあるみたいですので
一応気にしながら取り付ければ車検なんかも安心だと思います。

とは言え、あからさまにガラスのど真ん中とか視界の妨げになるような位置に
取り付けなければ、よっぽど目分量で付けても車検は通ると思いますがw


resize2964.jpg 

フロントだけなら非常に簡単なドラレコ取り付けですが、問題はリア

美しく取り付けようと思うと結構手間が掛かりますが、
綺麗にできると満足度も高いので頑張りましょう('ω')ノ

まずはリアクオーター?Cピラー周辺の内装パネルを外します。


resize2963_20181203220334173.jpg 

すると、リアゲートの電装品(テールランプ、ナンバー灯など)の
電源や信号線が通っているサービスホールがあるのでそこを通します


resize2959_20181203220332162.jpg 

当然外側は防水の為、ゴムカバーというかホースのようなアレがあるので
それを一旦外して、ドラレコの配線をゴムカバーの中に入れていきます


resize2958_2018120322033526f.jpg 

アングルが非常にわかりづらいですが、先ほどのサービスホールから
リアゲートの真ん中くらいにあるサービスホールへと
これまたワイパーの金具等を使って誘導して通します。


resize2998_20181203221011871.jpg 

リアゲートのサービスホールにはプラスチックのメクラがあったので
穴をあけて、通しました。ドラレコをフロント同様位置を合わせて
貼り付けたら完成です!配線はガイドをなんとなく貼り付けて見栄え良く。


resize2956_2018120322033716e.jpg


最後にリアからフロントカメラへ配線を繋ぐわけですが、
内装の中を全部通すのは非常に手間なので楽なのはルーフ沿い。

天井の内装は端の方は配線押し込むくらいの隙間があるので、
指もしくは内張り剥がしなどを使いながら配線を押し込んでいきます!


最後に余った配線を束ねてナビ裏にでも隠したら、作業終了!


このドラレコ、予防安全機能なんかも内蔵されていて
車線逸脱警報だったり信号検知など色々あるみたいです。

最近の車は純正でそういうの付いてますが、
古い車に簡易的に予防安全機能を付ける為に
ドラレコを搭載する時代ですね!



スポンサーサイト
2018-11-27 21:25 | カテゴリ:番外編
resize2988_20181127205855ead.jpg


久しぶりにガレージの登場です!実家に帰省していました(^^♪

親が車を買い替えたので、今回はナビを取り付けたいと思います。


スペーシアカスタム MK53S


純正エアロやアルミホイールが標準装備で、カッコいいですね!

 resize2985_2018112720585735c.jpg 

試乗車落ちの新古車という事で、ナビレスパッケージでした。

ナビが取り付く位置に蓋がしてありますのでまずはそれを外します!


resize2983_20181127205859dbd.jpg 

まず外枠ですが、赤色のクリップで刺さっているだけなので
手前に引っ張れば取れます。固いので、壊しそうで怖いけど(;^_^A


resize2982_2018112721055612b.jpg 

この状態になったら蓋は下部のビス2本を外せば取れます


resize2981_2018112721005345f.jpg 

裏側にはナビ用ハーネス、ラジオアンテナケーブルがありますので
勢いよく外さずに、裏を確認してコネクタを外しましょう!


resize2984_20181127205900270.jpg 

今回取り付けるナビは嫁のトールカスタム納車時に付いていた
ECLIPSEの安い奴。機能は最低限ですが、余っているしこれで様子見w

配線の接続にはスズキ車用のナビ取り付けキットを使用します。


resize2979_20181127210055676.jpg 

車種専用ですので、ここはカプラオンでスピーカーや電源配線がギボシ化!


resize2977_201811272111595d7.jpg


ナビ側の配線はトヨタ系?のコネクタですので精密等と使用して
コネクタのロックを外しながらピンを全て抜きます。

加工するので、綺麗に外さなくても切ってしまえばいいんだけどねw


resize2974_201811272100564d4.jpg


全部、先ほど取り付けたハーネスキットに合わせてギボシ加工します

 resize2969_20181127211205598.jpg 

次に、GPSアンテナの取り付けですが今回はアンテナ系はこれだけ。

ワンセグ用のフィルムアンテナも付けれますが、テレビ見ないのでいらない!

 resize2967_20181127211206886.jpg 

GPSアンテナは図の黄色線のラインをイメージしながら
内装の中を通して、左側Aピラーから出してフロントガラス付近に設置。

Aピラーの内装取り外す写真は撮り忘れた!(笑)

基本最近の車の内装なんてクリップ留めなんで、引っ張れば取れますw


resize2968_20181127211202888.jpg 

こういう作業をする時は、ワイパーの金具がおススメ!

ワイパー交換すると出るゴミだけど、意外と使う用途が豊富なので
ワイパー自分で交換したらこれは取っておくべし。


resize2947_20181127211743b01.jpg


GPSアンテナはダッシュボードへ両面テープで貼り付け。

なんか専用の土台とか付属してきたけど今回は使いませんでした!

このGPSアンテナを内装の中に隠す派と、ダッシュ上に置く派で
分かれると思うんだけど個人的には感度優先なので上で。

 resize2980_20181127211200b6d.jpg


いよいよナビの取り付けですが、先ほど加工したハーネスを接続します!

大体色が同じなのでそれを頼りにするか、メーカーHPなどで配線図を見ながら。

続いて固定用金具ですが取り外した蓋の物を移植します↑

 resize2972_20181127211740510.jpg 

内装などを全て復元する前に、電源を入れて動作確認。



resize2999_20181127212158d20.jpg 

問題なく動けば内装を戻して完成~!


自分で取り付けると満足度も高いですね♪



後日談ですが親からこのナビ、非常に使いずらい!と言われたので
そのうちまたナビ交換するかもしれません(笑)


 
2018-09-26 21:30 | カテゴリ:番外編
resize2827_20180924222215f3a.jpg


ガレージは無いけど、相変わらず人のバイクを弄ったりしてます!

今回の車両は…HONDA XELVIS(^^)/

言わずと知れたマイナー車⁉


たま~に見かけるけど、弄るのは初めてです。 

 resize2826_20180924222216e7e.jpg 

症状は、フロントフォークからのオイル漏れ。

ダストブーツに亀裂が見られるので、おそらく経年劣化で
オイルシールも痛んでオイルが漏れている定番パターンと思われます!

この車両、個人売買で破格で手に入れたらしいんですけど
駐車しているとオイルが垂れてくるらしいんで早急に修理します(^^)/


resize2824_201809242233440b7.jpg 

フロントジャッキは実家のガレージに放置しているので、
最近は車用のガレージジャッキでフロントをジャッキアップしています。

ジャッキポイントは基本的にエンジンになりますが、
バランスとジャッキポイントの強度も考慮しつつでないと
あまりおススメとは言えない方法ですね(;'∀')

ブレーキキャリパー取り外し、アクスルシャフト抜き、
メーターギア取り外し、フロントフェンダー取り外し


大まかに下準備はこれくらいでしょうか?


あとはハンドル回りを必要に応じて分解して、
フォークのトップキャップを緩めておきます。


resize2823_20180926203542156.jpg 

トップブリッジと中間クランプ?がインナーチューブを締めているので
それを緩めればフロントフォークが抜けると思います!

あまり外すこともないんで、コレを機に掃除しておく(^^♪


resize2822_201809262035409b9.jpg


まずはフォークオイルを抜きます。意外と汚れていない??

もっとヤバいのを想像していたので予想が(笑)

サービスマニュアルを持っている場合はバネの自由長とかも
点検しておくといいかもしれませんね。しませんでしたけどw


resize2835_20180926202602dc5.jpg 

今回交換する部品はオイルシール、ダストシール、クリップ類やOリング。
メタルシールは交換しませんが、これでオイル漏れは治ると予想!

XELVISってまだまだ純正部品出るんですね。

エンジンはVTR系と同じらしいのでその辺は出そうだけど、
足回りはこの先辛くなってくるかもなぁ。どうなんでしょう?


resize2833_20180926203536703.jpg


この辺のシール類は細目のマイナスドライバー1本あればいけます。

ダストシール、クリップをドライバーで外したら
インナーとアウターを両手で持って思いっきり引き抜く!


resize2821_20180926203538889.jpg  

と思ったけどこれはアウター底部のボルトで中の
シリンダーが固定されているタイプでした(;^_^A

これ意外と六角だったりする上にロングタイプのソケットじゃないと
緩められないので、使用工具については事前調査しておいた方がいいですよ~


resize2837_20180924223341cbd.jpg 

今回は半分作業員だったのであんまり写真が無い…(いつもか)

写真は片側のフォークを分解した図ですが、
取り外した部品を順番に並べて置けば戻すときにわかりやすいです。

赤矢印の部分が先ほど言っていた底部のボルトで留まっているシリンダー。

インパクトじゃないと緩められないんで電パクト使ったんだけど
充電が無くてパワー不足。結局近所の車やさんにフォークを持っていきましたw


resize2832.jpg 

ダストシールはこんな感じにひび割れていて、オイルシールは
目に見えて劣化はしていなかったけどこの様子では変形していたんだろうな…

この辺は目に見える部分なので日常点検ですね!


resize2834_20180926203534a46.jpg  

新しいシール類をフォークに入れる際にはラップをインナーに1枚かぶせて
エッジでゴムが傷つくのを防止したりします。

ここで痛めたらO/Hする意味ないからね~、慎重に('ω')


resize2831_20180926203533fb2.jpg 

オイルシールに関しては圧入なので、ホムセンでSST(塩ビパイプ)を
事前に調達するのを忘れない様に!

内径>インナーチューブ外形

外形<アウターチューブ内径


をノギスで計測して、丁度いい塩ビパイプを探しましょう~


resize2828_20180926205413045.jpg 

後は逆の手順で組みなおし、左右やったら最初に外した部品を組んで終わり!

レポするならもっと詳しく書けよ…品番とか…って自分でも思うんだけど

最近ブログを更新するモチベーションも無くなってきたなぁ


というか時間が無いのが本音だけど(-_-;)


まぁ、こんなの日記だからなんでもいっかw




2018-03-25 15:07 | カテゴリ:番外編

お久しぶりです、絶賛花粉症中です( ノД`)

インフル休暇も終わり、無事に職場復帰しましたが
早々に忙しくてなかなかブログも更新できず。

ネタも無いと思っていたところに、会社の先輩からネタの提供が!(笑)


resize2532_20180325150646844.jpg 

JB23型のジムニーに、ステアリングダンパーを付けます!

ステアリングダンパーってバイクのイメージだったけど、
オフロード車では結構メジャーなカスタムだそうです。

ジムニーはステアリングのシミーが持病らしいです。
個体差もありそうですが、ホイールバランスでだいぶマシになったとか?

それでも改善されない場合、シミー対策でダンパーを入れるんだとか。
でもそれって結局誤魔化してるだけな気もするけど(;^_^A


resize2534_20180325133131944.jpg 

Rancho製のステアリングダンパーです。1万円くらい?

付属品はザックリとした説明書、ラバーのブーツ。


resize2535_20180325133133709.jpg 

ダンパー本体と、取り付ける為のステー類


resize2533_20180325133135c2e.jpg 

後はワッシャーとかナットとかですね。

構成は非常にシンプルで取り付けも簡単でした!

それでは解説していきます(^^)/


resize2527_20180325134441fb5.jpg 

説明書通りにステーを取り付けていきます。

説明書の写真は車両に正面から向かった図なので、
左足のフレーム付近に真っすぐの板ステーを取り付けます!


resize2529_20180325134443a70.jpg 

こんな感じですね。JB23とSJ30共通のパーツみたいですが、
取り付け位置が若干異なるので説明書を熟読!


resize2526_2018032513444481a.jpg 

もう一つのステーはタイロッドエンドに取り付けます。

ステアリング機構とボデーの間にダンパーを入れる事で、
ステアリングの無駄な振動やガタを抑制するわけですね('ω')ノ

ネットで事前に予習していた時によく見たのが、
ダンパーの伸び縮みの中間の位置を探して取り付ける。
とありましたが、今回は特にその作業は行いませんでした。

説明書にタイロッドエンドのナットに被らない程度の位置に、
とあったのでそれを信じてザックリ取り付ける事にw


resize2524_20180325134446e91.jpg 

ダンパーの取り付けはブッシュを介して取り付けます。

ブッシュが少し潰れる程度まで、というこれまたザックリとした
説明書に従ってそれっぽく締めこんでいきます(-ω-;)


resize2523_20180325134447712.jpg 

フレームに取り付けたステー側は、ボルトとのクリアランスが無くて
皿ワッシャーが入らない…これは後日、入る様に切断するそうです。

暫定でボルトのみの固定になってますが、ブッシュにめり込むw


resize2525_2018032513444948f.jpg 

取り付け完了!一度ステアリングを左右に全切りして、
各部に干渉が無いかチェックをします。他にもカスタムしてる車両は要注意!


先輩はダンパーを黒色に自家塗装したらしく、
新品で購入すると本来ダンパーは白色らしいです。

黒色にする事で周辺部品との色合いもマッチして、
赤色のブーツが栄えて非常にカッコイイですね!

外からは除かないと見えないくらいなので、さりげないカスタム。


装着前と装着後で乗り比べてみましたが、ハッキリ違いがわかります!
あくまでも自分の印象なので参考までに。

ハンドルの切込みがダンパーのイニシャル分重くなりました。
コーナーを曲るためにハンドルを切りこんでいくと、
イイ感じの手ごたえと路面からの入力を感じます♪

ハンドルの戻りはその分悪くなり、曲がってすぐにハンドルを戻さないと
いけない市街地のようなシーンだと、少し忙しさを感じるかな?

それでもミニクーパーが元々ハンドルが重いので、
自分的にはあまり気にはなりませんでした。

シミー低減についてはそもそもシミーを感じなかったので、
良くなったのかどうかは不明ですが高速とかだと違いそう!

直進安定性も良くなりましたが、そもそもN位置での遊びが大きくて
それなりにステアはふら付くので真っすぐ走っているんだけど、
ハンドルだけフレる感じはそもそもの構造なんでダンパーは関係なし。


全体の感想としては、軽自動車以上普通車未満くらいの
ステアフィールにはなったのではないでしょうか?

そこまで高いパーツではないし、取り付けも簡単なので
ジムニー乗りの方は是非試してみてはいかがでしょうか( *´艸`)



2018-02-09 23:49 | カテゴリ:番外編

どうも、森ツンです。いやぁ~、相変わらず寒いですね!

子供が産まれると、仕事から帰って来てからも結構バタバタで
とてもじゃないけどブログなんて書いてる暇ないですね(-_-;)

今日は週末だし、嫁と子供は寝たのでその隙に更新してます。


resize2394_2018020923230432a.jpg 

先日、実家に帰省した時のお話なんですけどバイク仲間がバイクを納車♪

スーパーカブ110 プロ らしいです(^^)/


最近仲間内で原付2種が増えてきている気がするけど、
たまには小っちゃいのでツーリングなんかも行ってみたいね!

今回は人のバイクだけど自分の受けた印象を思い出しながら
簡単に紹介していきたいと思います!参考にしてみて下さい。


resize2393_2018020923230599a.jpg 

まず初めにメーターです。非常にカッコいいデザインで、
バイクにまたがった瞬間からテンションが上がります!

シフトは4速MTの為、シフトポイントぽいのが記載されています。
嬉しい事に、ガソリン計も付いてます!安心ですね('ω')

インジケーター類は至ってシンプルです。
距離を見てもらうとわかりますけど新車ですねw


resize2387.jpg 

積載能力についてはまずフロントのバスケット。
これは一時期アドレスにも付けていたけど、
フロントバスケットって本当に便利なんです!

通勤や通学に使用する場合、ポイとバッグを入れれるのは良い。
ヘッドライトはハンドルの方ではなくバスケットに固定、
ウインカーもなのでハンドルを切っても照らす方向は変わりません。

ちゃんと転倒の事を考えてかガードも付いてます。強そうw


resize2392_20180209232312011.jpg 

これはオプション品らしいですが、リアのボックスです。

これだけあれば本当にキャンプも楽勝だな…欲しいw
容量はたっぷり入るのでフロントバスケットと合わせると
かなりの積載能力ですね!雨が降っても安心だし、鍵付き。

少し足元が見えますが、左側のステップがシフト。
遠心クラッチですが、レバーの位置がイマイチ…

写真はありませんが、反対側にキックペダルも付いてます!


resize2386_20180209232307e82.jpg 

フロントの足回り

スーパーカブの伝統は崩さない、スポークホイールが光ります!
フロントがドラムブレーキって言うのも味があって良いよね!
ケーブルが日本出てるのは、パーキングブレーキかな?

調整は簡単だけど、シューの交換はディスクに比べると手間かも。

洗車もめんどくさそうだよねw

サイズは14インチだったかなぁ。もはや軽自動車。


resize2390_201802092323096ab.jpg 

リアの足回り

チェーンカバーが付いているので汚れは付きにくそう!
この手のバイクを日常使いする人はメンテナンスしなそうだから、
こういう所の気配りは結構嬉しいんじゃないかな??

フロントに続き、リアもドラムブレーキとスポークホイール。

地味にうれしいのが、サイドスタンドが標準装備!
サスペンションすげー長いなw

この辺は色が統一されててシンプルにまとまっています。



resize2391_201802092323105b3.jpg 

リアのテールランプ形状は結構今風な感じがしますね。


細かい部分のデザインは結構今風だけど全体のイメージは
昔ながらのカブって感じを崩しすぎないバランスを取ってる印象。

純正のキャリアは下に向けてフックポイントが生えていて、
ネットとかを使うときにも楽に取り付けられそうです!


resize2389_2018020923362504f.jpg 

ハンドル回りの写真がありませんが、結構安っぽいんだよね~

右のブレーキレバーにはパーキングブレーキが付いてます。
坂道とかでブレーキを固定できるアレですね!これは使うのか?(;´Д`)


ちょこっとだけ試乗させてもらったインプレッションですが、
走り出しは軽やかでススっと加速していきます。
慣らしだからエンジンそんなに回せないって言うのもあるけど、
やっぱり110なだけあって劇的な加速感は無いですね。

街乗りに程よい加速感だけど、バイパス的な道は不向きかも。

サスペンションは前後共にしなやかですが、
荷物をたくさん積むなら多少固めにしたいかも。

純正のサスペンションに調整機構は無さそうなんで、
交換するしか無いのかな?純正でも十分とは思いますがw

あと気になったのはポジション。自分の体形には少し合わず、
ハンドルの位置が若干低くてシートとの位置関係が微妙。


これで新車価格おおよそ30万円くらいらしいです。
高いのか安いのかわからないけど、長く乗れることを考えると
割安なのではないでしょうか?壊れそうにないし(笑)

ガソリンタンクは4リットル?燃費は60くらいだったっけ?w



本人はカスタムしないと宣言していたけど、

どうせそのうちカスタムするだろうな( *´艸`)