2014-11-17 23:35 | カテゴリ:メンテナンス(NINJA)
resize1277_20141117232457f4c.jpg

日本縦断の旅の途中で、点灯しなくなってしまったHIDフォグ。
ヘッドライトはこれしか無いので、これが無いと夜乗れない…
1年位使用したのだろうか?元々はヤフオクの車用の中華安物(^^;)
レンズも曇ってるし、見た目もヤレてきてますね。

resize1276_201411172324591cc.jpg

とりあえず、故障の原因から探っていきます!
と言ってもHIDの故障の大半がバラストの故障によるものなので、
とりあえず予備のバラストと取り替えてみることから始めます。
中華HIDを買うなら予備のバラストは必須ですね~、貰い物ですがw


resize1275.jpg

点検の結果やはりバラスト不良だったので、バラスト交換で無事点灯!
どうせならということで、ライト本体も予備の物に交換しておきました♪
レンズの曇りがないから、光り方がとても明るい!拡散の問題で明るくはないけどw


resize1278_2014111723245995f.jpg

防水処理もビニテで綺麗にやって、なんとなくステッカーを貼ってみた\(^o^)/
とりあえず、故障箇所は一つ減ったけど…まだまだ直すところが盛りだくさん。


resize1132_20141117232502a6d.jpg

そういえば、過去の写真で気づいた方も多いと思いますが!
マフラーステーを100均のメガネレンチにしてみました(ノ´∀`*)
以前Mixiの工具コミュでやってる方の写真を見て、やりたいな~と思っていた矢先に
同じくNinja250R仲間のらいが~さんがやっているのを見て、真似しちゃいましたw

リアブレーキのリザーブタンク汚いなぁ~…。
最近、細部の汚れがかなり気になるようになってきた(~_~;)
やっぱりバイクも車も、綺麗じゃなきゃカッコよさが半減してしまう!
ストファイカスタムも、最近チラホラやってる人を見ますが、
やはり大半が俺と同じく自作感たっぷりの仕上がりなので、
ココらへんで差別化を図るために綺麗にボディメイクしたい。

実はオールペンやアンダーカウルワンオフとかも考えていたり…w
最も、その前にやるべきことはたくさんあるので結局後回しですが(。-ω-)zzz. . .

スポンサーサイト
2014-06-29 20:57 | カテゴリ:メンテナンス(NINJA)
どうも、お久しぶりです森ツンです(;´Д`)
最近私生活が多忙()なため更新が遅れております(-_-)zzz

色々ネタが溜まってきて、ボチボチ消化していかなきゃいけないので!
早速、フロントフォークOH後編、組付け時について解説していきたいと思います。

解説といっても組み付け方の手順をパッパ~っと書くだけですが(^^;)

resize0564_201406292058276ca.jpg

resize0565_20140629205825b28.jpg

前回の分解編にて、バラバラになったフロントフォークの構成部品達

resize0570_201406292058275f6.jpg

resize0571_20140629205829cce.jpg

基本的にオーバーホール時に交換するのはシールだったりメタルだったり、
細々としたものがほとんどだと思います?
放置車両なんかだとインナーチューブがサビサビだったり、
アウター内部に汚れやゴミが付着しまくって交換…なんてパターンもあるかもしれませんが、
そこまでくるともはやフォーク買えよって思ってしまうのでw


resize0597_20140629210556b12.jpg

まず、メタル①にシリコングリスを塗ります

resize0595_20140629210556950.jpg

インナーに通す

resize0594_20140629210558119.jpg

メタル②にも同様にシリコングリスを塗り…

resize0592_20140629210559a39.jpg

同じくインナーに通す


resize0591_201406292110260b2.jpg

次に、ロッドにスプリング(小)を通してアウターチューブ内に入れます。

resize0590_201406292110274bf.jpg

resize0560_201406292117187f8.jpg

この時アウター内にある、このカラーみたいなのの向きに注意しながら

resize0587_20140629211028949.jpg

確実にロッドの先端をカラーに差し込んだ後、アウター下部のドレンボルトを仮締めします
これで、アウターとインナーが仮止めされたのでとりあえずは抜けないようになります!


resize0586_20140629211029cc2.jpg

ここからの作業は、インナーチューブの上部にマスキングテープを巻いて行います。
ゴム製のシール類を入れる過程でインナーチューブのエッジで痛むのを避けるためです


resize0589_20140629211716ed5.jpg

現段階ではスライドメタルが打ち込まれていない状態だと思います


resize0588_20140629211718db4.jpg

ワッシャーを入れて

resize0584_20140629211720d81.jpg

オイルシールにもグリスを塗って、傷を付けないようにチューブに通す

resize0582_201406292117213f5.jpg

ホムセンなどで売っている特殊工具(パイプ)を使用して、打ち込んで行きます!
パイプは内径がフォーク経以上、かつ外形がアウターチューブ未満のものを選びましょう


resize0581_20140629212055a2e.jpg

木の板なんかあると、均等に力を加えて叩けるので便利ですφ(`д´)


resize0580_20140629212057147.jpg

オイルシールは、アウターチューブのクリップがハマる溝が見えるまで叩きます。
溝がしっかり見えるようになるまで叩いたら、クリップを入れて固定します

resize0585_20140629212056342.jpg

ダストシールを入れて完成!

最後にオイル交換の要領でオイルを入れていくのですが、
オーバーホールするとフォークを上下にストロークさせると
オイルが中に入りエアが抜けて、かなり量が減ります!
ので、適正な量を入れても油面高さで再度調整をしましょう(。-ω-)zzz. . .

いかがだったでしょうか?以上でフォークのオーバーホール回、終了ですヽ(=´▽`=)ノ
わかりづらい部分などあれば、もうちょっと詳しく書こうと思うので
追加して欲しい情報や訂正事項等あれば指摘してくださいwww

フォークのオーバーホールはどれくらいの頻度で行いますか?という質問が前回の記事でありましたが
個人的にはオイル漏れや固着等の明らかな不具合が無い限り、
1万キロか1年毎くらいのオイル交換で十分ではないかと思ってます。

他の人は、フォークの管理ってどういうふうにしてるのかなぁ~
むしろ他の人の意見も参考にしたいので、僕が聞きたいくらいだったり\(^o^)/


2014-06-13 23:04 | カテゴリ:メンテナンス(NINJA)
どうも、森ツンです!最近周りからフォークのOHについて質問が多いので、
今回はフロントフォーク【正立】OHのやり方を自分なりに解説していきたいと思います!

写真ではわかりづらい部分や説明がヘタな部分もあるかとは思いますが、
自分でフォークをOHしてみたい!でもやり方がわからない…(´・ω・`)
なんて人の役に立てれば幸いです!それでは、いってみよ~

今までに作業を行った車両達の写真を駆使して説明しようと思うので、
作業車両は随時変わるかもしれませんがそこはスルーで(笑)


resize0579_20140613221031930.jpg

今回の作業車両(のベース)はマイミクの【タカタカ】さんのNinja250Rです!
相変わらず綺麗で、自作カウルが個性を放ってました(ノ∀`)

resize0578_20140613221033208.jpg

早速説明を省いてる気がしますが、とりあえず前後ジャッキアップして
フロントホイールを取り外して、フォークからキャリパーも外しておきます。


resize0604_20140613222231288.jpg

resize0601_201406132219078f6.jpg

純正ハンドルの場合はハンドルを取り外し、純正のトップキャップを取り外します。
ドライバー等でキャップを押しこみ、その隙に細いマイナスドライバー等を使用して
フォークの内側の溝でストッパーの役割をしている【 C リング 】を取り外します

resize0603_201406132222298a5.jpg

こういう感じで、うまいことリングを取り外してください。

resize0576_201406132238019a5.jpg

すると、キャップがスプリングの張力に負けてポンと出てくると思います!

【リング】→【キャップ】→【スペーサー】→【ワッシャ】→【スプリング】

Ninja250Rの場合は上記のの順番で入ってると思います。

resize0600_2014061322190974d.jpg

フォークオイルの交換の場合、このままフォークを取り外してオイルを抜いてしまえばいいのですが、
今回はオーバーホールと言うことなのでフォーク真下にある【ドレンボルト】を抜く必要があります。

単純にオイルを抜くだけではなく、アウターチューブ内の【ダンパー】を固定しているので
これを外さないとフォークを分解することができないので注意!
緩める時はそのまま緩めようとしてもアウターチューブと供回りしてしまうので、
アクスルシャフトを通して左右のフォークを固定して回り止めにすると良いと思います。

Ninja250Rの場合は、六角(ヘキサ)ボルトです。
割りと硬いので、L字の六角レンチを使用する際にはメガネ等で延長するか、
六角のソケット版みたいなやつでスピンナハンドル等を使うとやりやすいです!

上に向いて付いているボルトなので、回転方向に注意して緩めよう(^q^)

ちなみにNinja250Rの場合はアウター下部からボルトまで割りと距離があるので、
ソケット版を用意する場合は長いやつでないと届かないので注意。




resize0605_2014061322294663a.jpg

resize0577_20140613221912e6d.jpg

取り外すと、少量のオイルが垂れてきます。ここで、アウターチューブを上下にストロークさせて
中のオイルを抜いていくわけですが、ストロークさせると結構な勢いでオイルが出てくるので
ゆっくり上下させるか、大きめのオイル受けを用意することをオススメします


resize0607_20140613223218791.jpg

フォークの【ダストシール】をマイナスドライバーでこじって浮かせておきます。
インナーチューブに傷を付けないように注意して行いましょう~

resize0606_20140613223216fd8.jpg

ダストシールを外した状態でアウターとインナーの間を覗いてみると、
【オイルシール】を留めているクリップリング?が見えると思います。
これを、同じくマイナスドライバー等でこじって外します!

ここまできたら、後はアウターチューブとインナーチューブを持って
思いっきり引っ張れば勢いでインナーチューブが抜けると思います!

写真ではすでにフォークを車両から取り外していますが、固着等の理由から
外した状態でインナーとアウターの分離が困難な場合は車両に取り付けて
アウターチューブを思いっきり引っ張れば取れると思います。
ジャッキアップされているので、勢いで車両を倒さないように注意が必要ですがw


resize0573_201406132239180a6.jpg

アウターチューブを抜いた状態のフォーク。黄色い○の部分に、先ほど取り外したドレンボルトが
アウターチューブを介してはまる事によって、ロッドを固定しているわけですね~


resize0572_20140613224402692.jpg

マイナスドライバー等を使用して、【スライドメタル】を取り外していきます。
古いフォークや使い込んでいたりすると、固着している場合もあるらしいので、
あんまり強くこじってインナーを傷つけないように作業しましょう!


resize0569_20140613224527a81.jpg

ここまでくれば、インナーチューブをひっくり返せばシリンダーロッド等が取れます。
できればゆっくり作業して、部品が出てくる順番を覚えておくと組むとき楽ですw


resize0570_20140613224529d7c.jpg

【ダストシール】→【クリップ】→【オイルシール】
→【ワッシャ】→【スライドメタル①】→【メタル②】



resize0608_20140613224530fc6.jpg

同じ要領で、もう片方のフォークもバラしておきます。
コツは、とにかくインナーチューブに傷を付けないこと!
傷が入ると、新品のシールを組み込む際に傷つけてしまう可能性があるので…

インナーチューブの中身の順番は、組み上げるときに改めて書きます_〆(・ω・` )


resize0561.jpg

この辺までくると大体腹が減るので、ラーメンを食べます!

これ、重要ヽ(=´▽`=)ノ笑





次回は【組付け編】ということで、分解したフォークを元通りにしていきます!
それまでに、新品のシール類やフォークオイルを用意しておくように!w

2014-04-08 19:14 | カテゴリ:メンテナンス(NINJA)
お久しぶりです、森ツンです!…が最近定着フレーズ(笑)

とりあえず…

就職試験終わりました!

正直、二つの意味で終わりました

な、気がします。途中までは手応え感じていたのですが、
最後の最後で一気に落とされた感じです…orz

まぁ、結果発表まではなんとも言えないので言い切る事はできませんが、
最終的な手応えとしては…受かってる気がしないp(´⌒`q)



受かってれば、ラッキー!

落ちていても、大企業の試験を受けれただけでも良い勉強になったと思って次に繋げます。

結果が出るのが今月の15日前後、果たしてどうなることやら…(●´・△・`)



resize0148_20140408190029dc2.jpg

そんなこんなで、忙しかったのもあってNinjaに乗れていない。

Ninjaのバッテリーも終わってましたwwwwww

ただでさえ、今Ninjaに付いているバッテリーは去年の今頃
廃車になったキョロちゃんのNinjaより取り外したもの。

使用期間としては全体で2年くらいなのかな??


ちょっと乗らないだけでバッテリーが上がって、毎回押しがけする羽目になってたので
いい加減交換しなきゃいけないので、今回はバッテリー交換しようと思います(笑)


resize0141_2014040819003374c.jpg

今回購入したのは送料込み4000円くらいのバッテリーですw
(http://item.rakuten.co.jp/batterystore/c-sn-mf-stx9bs/)

初期充電するのが面倒だったので、充電済みのものを選びました。
レビュー書いたら洗車用のタオルが付いてきましたw

純正バッテリーは高いので却下!1年持てば良いやくらいの感覚(人*´∀`)


resize0147_20140408190029b1a.jpg

久しぶりに見ると、スパゲッティ配線が見苦しい…
ちょくちょく綺麗にしてるのですが、もう面倒になってきたw


resize0135_20140408190031cba.jpg

写真撮られてた(笑)近年稀に見る、森ツンがバイク弄ってる図↑


resize0115_201404081900270ae.jpg

バッテリーの交換作業は特に難しいことは無いですかね~…

車や大排気量のコンピューター積んでます的な今どきバイクならバックアップ等必要だと思いますが
まぁ~バッテリー上がって毎回押しがけしてるくらいだし大丈夫っしょ!w



久しぶりの更新ですが、とりあえず今日は試験疲れたのでこれくらいで勘弁してください(^^;)

ではノシ


2014-01-16 00:28 | カテゴリ:メンテナンス(NINJA)
resize3619.jpg
Ninjaに乗り続けて早3年ちょい、定期的にメンテはしていますがボチボチ大物(?)を。

resize3616.jpg
注文したのはキャリパー用シール各種前後用、パッドピン4本、ハブダンパー、そしてクラッチワイヤー!
これだけで1万2千円くらい飛びました・・・高い高いΣ( ̄ロ ̄lll)

5万キロ以上走っていながら、クラッチワイヤー無交換という恐怖とついにおさらば(笑)
ハブダンパも2万キロくらい変えていない気がする(もっとかも?)のでついでに。
あとは、前後キャリパーのオーバーホールをメニューに追加、久々のメンテナンス♪


resize3614.jpg
ブーツはちぎれ、ワイヤーはぼちぼちほつれ・・・クラッチワイヤーお疲れさん(^^;)
新品にするに当たって、グリスアップはアクセルワイヤーと同じくフォークオイルを使用。
詳しくは、Active製ハイスロ導入!編をご覧ください(◎_◎;)

ワイヤーを新品にしたら、クラッチが重くなった。新品の感触ってこんなもんかなぁ~
使うにつれて、ある程度伸びて柔らかくなってくのかな?でも悪くない感触( ̄▽ ̄ )ニヤリ
あ、ちゃんとあそびの調整とかはしてるんでそれとはまた別ってことで!w


resize3624.jpg
古いハブダンパー、リアホイールのスプロケを固定しているゴムの部品ですね↑
交換目安としては、スプロケAssyを外そうとして片手で簡単にポロッと取れたら交換時期ですかね?
これが新品だと結構ガチガチに固定されるので、片手で取るには結構力いるかも。

resize3615.jpg
この外してあるホイールの図というか、絵柄がかなり好みだったりするw
アルマイト仕様のスプロケも、この際綺麗に磨いてあげる(〃∇〃)


resize3622.jpg
メンテではないけど、エアクリのカバーを自作してるんですよ!
なんかの雑誌で、吸入効率アップのためにカバーを外す・・・って書いてあったのを読んで
(ちゃんとNinja250Rの話ですよ!)それをマネしてみようと思ったのがキッカケ!

適当な網で作ったけど、これフィルター通らずに空気入るよな(^^;)

resize3621.jpg
ってことで、お得意のアルミ板でてきとーに自作しなおす(●´艸`)
効果は、未知数☆

resize3625.jpg
サクサクっとブレーキ類を取り外して、次回はブレーキのOHかぁ~!?