2017-04-04 22:10 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
先日スープラを4輪アライメントに出したのですが、
フロントのナックルにガタを発見した為調整は急きょ中止に。

ステアリングラックからタイロッドエンドまでの間、
もしくはロアアームのボールジョイントのガタを疑いました。


resize1732_20170404213300175.jpg

ステアリングラックASSYで交換となるとお金も手間も掛かるし、
とりあえず手軽に行えるロアアームのボールジョイントから潰す事に!

70スープラは車高を下げているとジョイントに負荷がかかり、
ガタが発生する事は定番らしいのでまずはコチラから。
(70が、というかこの時代のトヨタ車はココは弱いイメージ…)

現在ヤフオクで1個5000円で出ている【日本製です!】と謳っているヤツ。
純正は左右で2万円で出品されていますが、コチラは左右で1万円(^^)/

当然純正の方が安心な気はするけど、値段には勝てません!!!
耐久性が気になるところですが、とりあえず交換していきましょー。

 resize1731_20170404213302553.jpg 

グリスアップを行うために、ホムセンでグリスガンを買ってきました。
2000円でおつりがくるくらいのヤツだけど、十分使えます♪

80mlのグリスカートリッジ、もしくは手詰めで使えるタイプですが
コスパ的にはこれより容量の大きい奴(300だか350)を買った方が得ですw

resize1730_20170404213303c32.jpg 

ノズルが付属していて、組み立ては簡単です。

resize1729_20170404213304a33.jpg 

ボールジョイントの下部に付属のニップルを取り付けて、
グリスガンのノズルを差し込んでシュコシュコ入れていきます!

純正のボールジョイントにはこのニップルは無いので
グリスアップしたかったらブーツ交換になるんですかね?

メンテナンス性はこちらの方が良い気がしますよね。
定期的にグリスアップしてやれば、純正並みの耐久性は期待できるかも?

ただしニップルを取り外すと穴が残り、そこから砂埃等が
入るのが嫌なのでアルミテープで塞いでおきました(;・∀・)

resize1728_20170404213306cf9.jpg 
ブーツの上からグリスが出てくればオッケーです。
使用したグリスは一般的なシャシーグリース('ω')ノ

バイク用で持ってる高性能グリスでも良かったんだけど、
手詰めするのが面倒だったので…。まぁ問題は無いはず!

resize1736_20170404214407028.jpg

ハブナックルの後ろを覗き込むと、赤丸の部分がロアボールジョイントです。
ジャッキアップしてホイール外して云々は割愛w

割ピンを取り外し、ジョイントとナックルを切り離すんですが

resize1748_20170404215214e80.jpg

このようなボールジョイントプーラー(もしくはタイロッドエンドプーラー)
という特殊工具が必要になります。これはアストロプロダクツ製の物で
値段はネットで買って送料込み3000円くらいだったかな?店のが安いですw

ちなみに今回は使い勝手がイマイチで、結局片方は叩いて外しました。
叩く場合はキャッスルナットを逆に取り付けて、ハンマーでコツコツ
なるべくねじ山を痛めない様に叩きましょう。キャッスルナット取れなくなると
もれなくボールジョイントが外せない上に元の状態に戻せなくなります☆

ブーツ交換でジョイントは変えない場合なんかは避けた方がいいでしょう。

ちなみに反対側に関してはキャッスルナットが緩んでおり、
プーラーもハンマーも必要無しにジョイントが簡単に取れました。


大丈夫かよ、オイ…(-。-)y-゜゜゜
 


resize1740_20170404214408b28.jpg 

70スープラの場合は黄色丸のところに上からボルトが刺さってます。
右の長い黄色丸は、2本がステーでつながっているような特殊なボルト。
左にあるボルトはサスの下部ボルトを緩めてズラさないと取れません!

resize1735_2017040421441011f.jpg 

裏側からロアアームを覗き込んでみると、19mmのナットが見えますね↑

足回りのボルトナットは比較的大きなトルクで締まっている為、
緩める前にはラスペネを吹きかけて舐める/折る等しない努力をしますw


resize1737_20170404214412767.jpg 

右にあるつながっているボルトが先ほど黄色の長丸で紹介したヤツです。
これが、結構ボールジョイントをグラグラゆすらないと取れなかったです…

resize1739_20170404215632869.jpg 

奥が新品、手前が取り外したボールジョイントです!
古い方のブーツがボロボロなのは取り外した時に奮闘した証です(;´Д`)

一つ目は初めてやった作業という事もあり、
作業性を考慮してキャリパーを外して作業しましたが
反対側は外さずにも交換できましたので参考までに( *´艸`)

resize1738_20170404215633548.jpg 

古いものはジョイントが手で簡単にグリグリ回りますが、
新品はかなり力を入れないとビクともしません!

後は逆の手順で組みなおして終了です。
割ピンを取り付けるのを忘れない様に!


左右共交換終了し、ナックルのガタつきを確認してみると…

無事にガタが無くなりました\(^o^)/


ローターを両手で持ち、ステアリングが切れない程度に
上下左右に揺らしてガタつきがあった場合はこれかもしれませんね。

交換は車にもよりますが左右で2~3時間もあれば終わると思います!
そんなに高い部品では無いので、リフレッシュで交換もアリですね(^^♪

交換後走行した感じですが、ステアフィールが若干クイックになりました!

劇的に変わる、といった変化はありませんが路面の凹凸の拾い方、
ハンドルを切った時のレスポンスの変化は体感できると思います。

性能が良くなるわけではなく、あくまでも本来の性能を取り戻したまでなんでw

それにしても、あんな小さい部品が変わっただけなのに
1.5t以上の車両の挙動が変わるって…本当に車って奥が深いですね。


これでようやくアライメントが取れるぜ~!!!



スポンサーサイト
2017-01-10 22:07 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
resize1385_2017011021182242f.jpg

今回はスープラの水回りのリフレッシュをしたいと思います!
今回は結構長くて写真も多いのでPC観覧を推奨しますw

①純正サーモスタット
②ラジエータードレンコック
③ラジエーターバルブキャップ
④LLC(赤)
⑤Wako's クーラントブースター
⑥SAMCO シリコンホース(上下)

スパークプラグも用意しましたが現在使用しているプラグを確認した所
まだまだ使用可能と判断したため今回は交換せずに次回へ持ち越し。

resize1387_201701102118241c2.jpg 

水回りのリフレッシュに踏み切ったキッカケとしては、
アッパーホースが結構膨張して若干漏れた跡があったので(;'∀')

どうせならヒーターホースも…と思いましたが、在庫の関係と
現状のホースはまだまだ使用できそうだったのでこれも次回へ。

resize1381_20170110211825081.jpg 

まずは純正のアンダーカバーを取り外していきます。
このくらいの年式の車ってバンパーにしても、やたらビスが多いよねw
アンダーカバーに関しては目で見える場所のボルトでしか留まっていないので
特に解説無く取り外せると思います!(^◇^)

resize1379_20170110211826a4f.jpg 

車高を下げてダートを走るとこうなります…(´;ω;`)
もはや10mmの工具がこのままでは入らないので、、、

resize1378_201701102118286cf.jpg

こういう時はネジザウルス系のペンチを使用して無理やり回します(;・∀・)

resize1377_20170110211829fcb.jpg

別にネジザウルスじゃなくても掴んで回せればなんでもOKです!
ネジザウルスはボルトを結構傷つける恐れがあるので、
復元時にまだ使用するボルトには使わない方がベターかも?

今回はこのボルトは捨ててしまうので壊す勢いで回しますw

resize1376_201701102118310fe.jpg

外れたアンダーカバーです。取り付け部が千切れたり、変形したりと
だいぶくたびれている様子ですがまだ頑張ってもらいます(´・ω・`)
せっかく取り外したのでボロボロになった部分はハサミで整えました。

resize1370.jpg 

ラジエーターを下から除くと、ドレンコックがあります(赤丸)
反時計回りに回して取り外したら、ドレンホースからLLCが抜けます(オレンジ丸)

resize1365_20170110213425149.jpg

ドレンホースから抜けきったと思ったら、ラジエーターキャップを外します。
外すとドレンコックの穴の方から勢いよくLLCが噴射されるので注意が必要です!

納車された時からSARDのハイプレッシャーキャップが付いていましたが、
これも今回交換しようと思います。キャップも消耗品ですよ('ω')ノ

resize1364_2017011021342752f.jpg

LLCの排出が落ち着いたらラジエーターホースを取り外していきます。

resize1373_20170110213428fa2.jpg

次にロアーホースですが、オルタネーターとスタビの間くらいにあるコイツです↑
ラジエーター側は問題ありませんが、エンジン側のクランプを外すのに苦労するかも?

自分はロングラジオペンチの先端がオフセットされてるやつで外しました。
アッパー、ロア共に外すとLLCが出てくるので特にロアわ注意してないと

車の下で作業しているとLLCをモロに被りますよ!被りました!!

resize1354_20170110213430fcb.jpg

ロアホースを外したらエンジン側の付け根にサーモスタットがいます。
少し分かりづらいですが、赤丸の部分のパイプのところがケースになっていて
上下に12mmボルト2本で固定されているのでそれを緩めて抜きます(^^)/

resize1352_20170110214551709.jpg 

今回は長めの首振りラチェットに300mmのエクステ+ユニバーサルで対応。
狭くて回しづらいので工具のチョイスもイマイチしっくりくるのが無く…"(-""-)"

resize1350_201701102145538b2.jpg

取り外したサーモスタットがコチラ。向きは間違えないだろうけど、
一応参考までに純正状態がこんな感じです!パッキンも、必ず同時交換。
今回交換するサーモは純正です。82℃だったかな??

純正サーモスタット品番:P101


resize1361_20170110214558077.jpg 

ちなみに交換するラジエーターホースはSAMCOのシリコンホースなんですが、
ヤフオクで購入した中古品でなぜかロア側に水温アタッチメントが付いている…??

その意図がイマイチわからないのですが、とりあえず今までアッパーに
付けていた水温センサを取り外してロアホースにそのまま移植。

resize1407_201701102145562f6.jpg 

ドレンコックも新品交換です!もちろん純正、値段は\120円くらいかな?
安いのでどうせなら新品にしちゃいましょう。古いと割れますよ!

ドレンコック品番:YH-0096

resize1406_2017011021531583b.jpg 

アッパーホースとロアホースを取り換えて、ドレンコックも戻したら
いよいよ新品のLLCを入れていきます。交換に必要な量は5~6Lくらい?

自分は新品のLLCを入れる前に一度水道水を一杯まで入れて、
エンジンを掛けて循環させてウォーターラインのすすぎをしました。
効果があるかどうかは、不明です(;・∀・)  やらない方が良かったりして…

すすぎが終わったら再度下から抜いて、クーラントブースターを投下!
防錆剤、防腐剤、冷却効果UPなどの効果が期待できます。

交換したラジエーターキャップはPIAAのSV56 1.1kPaです。
70スープラは前期と後期で?純正のキャップ圧が0.9か1.1になるので、
交換する前に車検証等で愛車の型番を調べた方が良いと思います。

ハイフローから純正に戻したのは、ハイフローにする理由も特に無いのに
やみくもにハイフローにしたって冷却系を痛める原因になり兼ねないからです。

ラジエーターキャップ適合品:JZA80と同じ(1.1kPa)

resize1404_20170110215317aae.jpg

次に新しいLLCを入れていきます!5Lで買ったら結構重たい(;^_^A
なるべくこぼさない様に、慎重にゆっくり入れてきましょ~

LLCに特にこだわりはありませんw
これに関しては値段重視で買いました(-_-;)

resize1402_201701102153183bf.jpg

ラジエーターが一杯になるまで入れたら、エンジンを始動させます。
するとエアーがブクブクと出てくるので全部抜け切るまで待ちます…

が、全部抜け切るかどうかまで待ってたら日が暮れてしまうので
サーモが開いてある程度のところで辞めてOKだと思います。
エンジンを回しても良い環境なら回転を上げて吹かしてやれば
勢いでエアーが抜けやすくなるので是非回しましょう( *´艸`)

完全に抜けきらなかったとしても、ラジエーターキャップの構造上
走行していれば多少のエアーは自動的に抜いてくれるので心配ありません。
リザーブタンクのLLCの量だけ注意!多すぎればオーバーフローするし、
少なすぎるとエアーが抜けた分を補充した時に足りなくなります。

resize1397_20170110215320c57.jpg

長くなってしまいましたが、ようやく今回のメニューは完了です♪
アッパーホースがシリコンになって、少しエンジンルームが華やかに!?

今回は純正の交換部品が多かったのでカスタムと言うよりは
メンテナンスになりましたが、新品になるだけで気持ちが良いですよね(^^♪

これで少しは寿命が延びたかな~??
頑張れ!スープラ(*^▽^*)


2016-09-17 13:10 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
resize0822_20160913202318ee3.jpg

先日FISCOのドリパをウェットで走っていたら、まんまと刺さりました(;^_^A
フロントリップが脱落し、左側が割れてしまいました…。

幸い綺麗に割れて、大きい方は脱落しただけだったので
今回は初めてのFRP補修にチャレンジしてみようと思います!

resize0729_20160913202513d83.jpg 

今回使用するのはHOLTSのFRP修理キットです。
カー用品店などでパテとかスプレーとかの辺りでよく見ると思います!
FRPを修復する上で必要なものがセットになっているこちらの商品ですが、
素人でも本当にこれでFRPの修理ができるの??と疑問に思う人もいると思います。

果たしてコレ系のスターターキットみたいなやつでどこまでいけるのか??

検証してみたいと思います(^^)/

resize0727_20160913204259473.jpg 

キットの中身はグラスファイバー、混ぜる用の棒、レジン、
パテ(粉)、硬化剤、パテ盛り用のヘラ、説明書です。

resize0728_201609132023208ef.jpg 

今回修復するのはこの部分ですね!見事に真っ二つ…(;´・ω・)
まずはサンドペーパーの粗目の番手400番前後くらいかな?
を使用して割れ目周辺をざっくりと削って形を整えます。
割れたFRPの繊維が飛び出していたり、ゴミが付いていると接着が悪いです!

resize0726_20160913202321ffc.jpg 

ざっくり表面を慣らしたら、ガムテープなどを使用して仮留めします。

resize0725_20160913202322626.jpg 

次に、キットに付属のレジンと硬化剤、紙コップを用意します。

説明書によると、レジンが紙コップの底に1㎝溜まる量に対して
硬化剤は3~4滴と書いてありましたが、自分が作業してみたところ
硬化剤の量は5~6滴くらい入れた方がしっかり固まると思います。

3~4滴で試したところ、1日経ってもいまいち固まらずに
うまく作業が進みませんでしたが、硬化剤の量を増やして対応できました!

resize0724_201609132023246c8.jpg 

硬化剤とレジンを混ぜ合わせた接着剤を作ったら、
付属のグラスファイバーを取り出してハサミ等でカットします!
カットするサイズは割れ部分を十分に覆うくらいで。

resize0723_20160913204257f37.jpg 

ちょっとわかりづらいけど、イメージとしてはこんな感じです。
接着剤を塗って、カットしたグラスファイバーを貼り付けて、
その上からまた接着剤を塗って…を、3~4回まんべんなく繰り返します!

resize0721_20160913204259bf8.jpg 

resize0722_2016091320430151a.jpg

他にも大きなヒビが入ってしまっているところを補強の為接着します。
基本的にグラスファイバーを貼り付けていくのは裏側らしいです( ゚Д゚)

resize0732_2016091320471287f.jpg 

そして表にはパテを盛っていくわけですが…これまた説明書通りの
パテ粉と硬化剤の分量がイマイチで固まるのがめっちゃ遅い!

resize0736_20160913204714501.jpg 

結局昔買ったHOLTSのパテを使用しました。コチラは結構調子良いです♪

resize0733_20160913204715c46.jpg 

resize0734_20160913204717e4a.jpg

resize0735_2016091320471948b.jpg

固まったら削ってしまうので、パテ盛りは多いくらいで良いと思います!
この写真を見ると、ファイバーの貼り方が超絶雑なのがわかります…( ノД`)
いや、硬化剤が足りなくて全然固まらなかったんですよ!
これでも実は結構立て直した方なんです(´;ω;`)

resize0821_20160913205119b5a.jpg 

後は表面を再びペーパーの400番前後で磨いて余計なパテを削り落とし、
徐々に番手を上げていって1200番くらいでスムージングしたら
自分の車の色と同じ色のスプレーでファ~っと塗れば完成!(雑)

ちなみに面倒だったので表面慣らしはしてません\(^o^)/
どうせまた割れると思うんで…綺麗に直したいって方は是非やってくださいw

resize0820_201609132051205b8.jpg

やはりリップが付くだけでだいぶ印象が違いますね~

結論:市販の入門キットでも十分補修できる!

なんとか直せて良かったです♪( *´艸`)
でも、あのキットは1回目で綺麗に直すのは難しいですね~。
経験者がいて、アドバイスをもらいながら作業する事をお勧めします!

ちなみにレジンは結構早くなくなるのでペースを考えた方がいいです。
グラスファイバーは割れの大きさにもよると思いますが、今回は余りました。

是非チャレンジしてみて下さい♪




2016-08-02 20:56 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
お久しぶりです!森ツンです。最近ブログの更新をサボっている割に、
色々とカスタムしたりイベントに行ったりしてるのでネタが溜まる一方(;・∀・)
先日はFISCOへスーパーフォーミュラを観戦しに行ったり、
鈴鹿サーキットへ8耐を見に行ったり!8耐は今年も汗と涙の1戦でしたね~!

そんなイベントのお話はまた後日にして、今回はスープラの整備ネタ。

resize0540_201608022041590d1.jpg 

使用するオイルは先日デフで使用したTAKUMIのギア&LSD用全合成油。
オイルサーバーはデフの時は触れなかったけど、TOKICOのオイルサーバーです!
お値段は8000円くらいと少々高いですが、これを一度使ってしまうと
もう安物のサクションガンには戻れません…8000円出す価値ありです(^^♪

resize0539_2016080220420151d.jpg 

まず、オイルを抜いてみると…あれ?意外と綺麗じゃない??
全開交換したのが去年の年末くらいの話で、時間で言うと半年くらいは経過している。
その間にサーキット走行が1回と、ワインディングや高速走行は数知れずだけど
案外綺麗なもんだな~。汚れてるからって一概に悪いとは言えないから、
オイルの色で全てを判断するのは間違ってるからアレですが(;^ω^)

resize0538_20160802204201aa4.jpg 

TOKICOのサクションポンプは必要なものが全て付属していて、
オイル注入時に注ぎ口に差し込む為の湾曲パイプが使い勝手が最高!

resize0537_2016080220420357f.jpg 

出口の方はそれで引っ掛けておけば良くて、純正のホースもご覧のとおり
長さが十分にあるため、車外に出ても余裕の作業スペース!
リフトアップしてペール缶を地面に置いて作業しても余裕ですね(=゚ω゚)ノ

resize0536_20160802204204b43.jpg 

後はひたすらオイルがあふれるまで入れて作業終了~。
MTオイルの交換目安は人それぞれだと思うけど、自分は半年に1回。


resize0532_2016080220484432c.jpg 

追加で、最近暑いので人間冷却用ダクトを設置しました!
いわゆるホムセンで売られているエアコンダクトみたいなやつですね。
一般的に車で使われるのはバンパーからのエアインテークガイドか、
今回のような送風用ではないでしょうか?( *´艸`)
虫が入ってこないように、100均の洗濯ネットをカットしてタイラップ留め。

インテーク側は助手席の窓からニョキっと出して、窓を閉めて挟んで固定w

resize0534_20160802204842479.jpg 

そしてアウトレット側はこのようにドライバーの首元あたりをめがけて設置!
角度は好きなように調整できるので、好みの位置に設置したら良いと思います。

resize0533_2016080220484156e.jpg 

全体の取り回しはこんな感じ?見た目だけは非常にレーシーでやる気です(笑)
知り合いがやっているのを見て、いや~こんなの涼しくないでしょ!って思っていたけど
実際にやってみてビックリΣ(・ω・ノ)ノ!涼しいんですよ、これがw

エアコンが効かないアナタ!是非試してみて下さい。
車用品店で扇風機とか買うよりも安いし、結構涼しいですよ!
ただデメリットとしては、速度30キロ以上くらい出さないと機能しません(;・∀・)


渋滞は、相変わらず辛い…( ノД`)


2016-07-10 18:45 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
resize0512_20160710182211e1f.jpg

スープラのエアクリは社外のパワーフィルターに交換されていますが、
取り付けてから1年くらい全く掃除していないのでそろそろ掃除します。
(取り付けの様子は→Apexi Power Intake

resize0511_201607101822080f6.jpg 

とりあえずサクション部から取り外します。
Apexiのフィルターは2本のステーで車体に固定されており、
サクションとフィルターはボルト4本なのでそんなに難しくないですね!
結構フィルター部が黒くなってきてるのがわかると思います。

resize0528_20160710183903963.jpg 

エアフィルを取り外している間は車が動かせないので、
よっぽど大丈夫とは思うけど念のためビニール袋とかでカバーしておきます。

resize0510_2016071018220994d.jpg 

HKSとかのいわゆる「毒キノコ」と呼ばれてるものは
専用のフィルターを交換してしまうのが一般的だと思いますが、
Apexiのようなステンメッシュタイプっていうのかな?
この手のタイプはバケツに中性洗剤を混ぜたものに漬けます。

もちろんフィルターごと変えてもOKですが、割高です(;^ω^)
HKSタイプが2000円弱に対して、Apexiの交換用エレメントは5000円くらい。

一般的に純正エアフィルターの交換は1年毎くらいと言われているけど、
千円くらいで交換できるものとは事情が違う為掃除してケチります(笑)

resize0509_20160710182210377.jpg 

ある程度漬け置きして汚れが分離されてきたな~と思ったら、
取り出して歯ブラシとかで適当に汚れを落とします。
なるべく汚れがフィルターの内側に入らないように気を付けましょう!
サクション等の付属品もこれを機になんとなく綺麗にしときます。

言ってもそんなに綺麗にはなんないんだけどね~。
内側のフィルターの赤色と比べると一目瞭然だよね(笑)
2年くらい経ったら新しいエレメントに交換しようかな?

resize0522_2016071018331256e.jpg 

ついでに(?)エアー誘導用のインテークパイプがカイ○ズで売っていたので
これも取り付けたいと思います!お値段500円もしないくらい(=゚ω゚)ノ

resize0517_20160710183310326.jpg 

フロントのグリルが走行中に飛んでいくという悲劇が起きたので、
そこに空いてしまった穴を利用してエアフィルにエアーを誘導します。

resize0518_20160710183310d55.jpg 

とりまわしはこんな感じで、画像左側が車両フロントだと思ってください。
リトラユニットの真下を通り、エアフィル方向へ取りまわしていくのですが
やりながらちょくちょくリトラを開閉して干渉しないように調整しましょう!

resize0519_201607101833119eb.jpg 

エアフィルの下の辺に空いている大きな穴のところから取り出して、
ウォッシャータンクにタイラップで止めてそれとなくエアフィルへ。

resize0509_2016071018393240d.jpg 

このままだと虫が入りたい放題なので(グリル無いからあんまり意味ないけど…)
100均で買ってきた洗濯ネットを切ったものをタイラップで取り付け。
もうちょっと、アルミ板加工していい感じにカッチョ良いカバーを作りたいですね~

こんなんで変わるのか?って思うけど500円もしないので
暇つぶし程度にやってる感を出したい人におすすめのカスタムですw