2018-04-22 00:34 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)

ども、森ツンです。すっかり更新する暇もなく、ネタも無くw


resize2546_2018042200225467a.jpg


先日、洗車ついでにエンジンルーム内を簡単に点検していると。
キャップの裏に、乳化したオイルがベッタリ…(-_-;)

中を覗き込んでも、乳化したオイルが付着しているのが確認できます。


乳化とは?


オイルと水が混ざって化学反応を起こした結果的なアレです。

なぜオイルに水が混ざるの?一般的な原因は二つ。


①冷却水がエンジン内部に侵入している

②エンジン内部の結露


①については厳密な事を言えばエンジン内部に冷却水は
元々通っているんだけど、オイルで潤滑されるべき場所には
入っていません。そこに、何らかの理由で侵入しちゃったパターン。
これは結構ヤバいので、発見したら走行を止めてレッカー呼んだ方が良いかも?

②については寒暖差によって発生するので、冬の寒い時期に
数キロだけの短距離移動を頻繁に行ったりして
エンジンが温まる前にOFFしてしまっている場合が多いみたい。


ざっくり①か②を見極めたい場合はフィラーキャップを開けて
乳化しているオイルが付着している事を確認したら
次にオイルレベルゲージを引き抜いて、乳化オイルの付着を確認。

オイルパンはエンジン下部に位置していますので、
フィラーキャップ(上部)とゲージ先端(下部)の
両方に乳化オイルが付着していたら、①の可能性が高いです。


逆に、フィラーキャップにしか付着していない場合は
結露の可能性が高いです。今回は、コレ(;^_^A

冬場は自分の車では出かけず、通勤くらいでしか使っていなかったので
完全にエンジン温まり不足でしたね…後は、粘土を落とすべきだった。


 resize2545_20180422002253bc9.jpg 

今回のオイル交換は約4か月ぶり、走行距離で行くと約2000キロぶり。
ですが結構汚れが出ていますね~。洗浄されている証拠かな?

汚れないオイルの方が怖いんでこれはこれでOKなんだけどw


resize2544_201804220022523f4.jpg 

相変わらずLOVCAの10W-50ですが冬場にコレを入れるのは控えようかな(;・∀・)
夏用のオイルっていう事で…冬は少し粘土を下げてみよう!


今回はオイルフィルターも交換しました。

下回りも点検したけど、MTとエンジンのつなぎ目からオイルが滲む…。
クランクガスケットは交換してるけど、そんなに早くダメになるか??

オイル滲みとの戦いに終わり無し…


スポンサーサイト
2018-04-14 19:09 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
resize2545_20180414184058cec.jpg 

この写真だと何のことやらって感じですが、純正3点シートベルトの
上部アンカーボルトというか、固定ボルトの穴です。

以前汎用のBピラーバーを取り付けた際に、渋かったので
まぁ~外す事ないから良いか!と妥協して無理やり付けました。

しかし、ロールバー装着に伴いBピラーバーは取り外し、
まんまとボルトを抜いたら穴がガタガタに…(;・∀・)

純正のボルトも痛んでしまったので、修理をしないと!
と思って板金屋さんを訪ねたり車屋さんに行くたびに

直りませんか?って聞いても工具が無いからNGと断られる始末。


resize2553_20180414184058037.jpg 

というわけで、買ってしまいました!タップとダイスのセット(^^♪

メーカーはStraight製で、お値段は1万2千円(送料込み)@楽天

そもそもシートベルトの取り付け部のネジピッチって、


「7/16 20 UNF 細目」 というちょっとココだけ企画が違う?


読みは7/16インチがボルト径、 20 UNFがピッチだと思うんだけど
インチのユニファイ企画で細目ネジという変わった奴(゜-゜)

国産のほとんどの車種はシートベルトにこの企画のボルトを使っているとか?
何か理由はあるのだろうか。その辺で手に入らないから困るじゃん!w

今回購入したタップ&ダイスセットは、ミリとインチの両方が入っているので
どうせ購入するならミリも欲しいな!という事でこれにしました♪

でも、Straightって安いし以前購入した油圧パンタジャッキも
結構早い段階で油圧が抜けたからあんま印象良くないんだよね。

とりあえず、早速使ってインプレしていきます( *´艸`)


resize2546_20180414184059b2b.jpg 

タップもダイスも専用のハンドルが付属しているので、
これさえ購入すれば必要なものは揃います。


resize2548_20180414185145df4.jpg 

こんな感じで穴に差し込んで、ハンドルを締める方向に
回していって潰れたねじ山を修正していきます。

ロールバー干渉したんでハンドルは一つだけで実施w


resize2547_2018041418410078f.jpg 

ポイントは、潤滑剤を吹きながら1回転締めるたら半回転戻す
と言ったようにグイグイ進んでいかない事です。

タップに負荷が掛かって折れたりするので、地道にやるが◎ですよ!


resize2549_20180414185146c05.jpg 

切った後のタップがコチラ、鉄粉が付いてます。
戻しながらやることで鉄粉の詰まりも防げます!


resize2551_2018041418514926a.jpg


わかりづらいけど、ねじ山が再生されました!( *´艸`)


resize2550_20180414185148409.jpg  

次はダイスでボルトを再生してみます。

バイスが無いとやりづらいけどなんとか作業できました(;・∀・)

resize2552_20180414185151de9.jpg 

というわけで、無事にシートベルトを修理する事ができました!


個人的にタップ&ダイスって気持ちよくて好きなんですよ(笑)


古い車に乗っていると、こういう壊れたものを交換ではなくて
修理するスキルも身に付けないと困るシーンがたまにあるので
もっといろいろと勉強したり試してみないとなぁ~(;^_^A


とりあえず、1回しか使ってないけどタップもダイスも
問題なく使用できました。当たり前なんだけどw

後は軽く潤滑剤やオイルを塗布して保管しないと錆びるので
メンテが結構めんどくさい工具には違いないですね~


2017-07-20 22:19 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
resize1999.jpg


久しぶりのオイル交換です。前回交換したのが今年の3月頃で
走行距離は167,000kmくらいでした。3000キロくらい走って、
4か月ぶりで現在は170,250kmくらいです。遂に17万キロ台か…(;'∀')

オイルは相変わらずTAKUMIの10w-40青缶でフィルターはPIAA。
しばらくTAKUMIを入れていたけど、次からは変えます!
とある方から新しいオイルを紹介してもらったので乗り換えw

TAKUMIのオイルもコスパは良いと思うんだけど、スポーツカーにはどうなんだろ?
X-TREMEシリーズは数回しか使ったこと無いけど、HQは個人的には
あまり油圧が安定しないイメージ。熱はいると結構シャバシャバになるかな??

チューンドエンジンのラリー車にX-TREME入れてた個体も
コンプレッション下がっててO/Hしたみたいだし、
ドリフトとか本気でサーキット通う人は交換サイクルは早い方が良いかもね。


今回もまたオイルクーラーの取り付けを先送りにしてしまった…ww


resize2000.jpg 


そして、約2年ぶりのクラッチフルードの交換…(;・∀・)
ブレーキフルードは定期的に交換してるけど、コチラは少しさぼりすぎた。

色がだいぶ汚くなってますね~、反省( ノД`)


resize2001_20170720220256d10.jpg


ミッションの左側にあるレリーズシリンダのブリーダーから
ブレーキのエア抜きの容量で抜いて、新しいフルードをリザーバに補充します。

うっかりしてると空気が入っちゃうので注意!
作業者は二人いると便利です。てか一人でできるのか?これw

結構エアが混入してたみたいで、めっちゃ空気出てきました(;´・ω・)


resize2002.jpg


交換後。綺麗になりましたね~!タッチは軽くなりました♪
会社の同期にクラッチペダルを操作してもらって自分が下で抜いてたんですが、
ペダルを踏むごとにキシみ音がギコギコ…。ご老体だなぁと痛感。


というか、オイル交換してる時に気づいたんだけど
EGとMTのつなぎ目から若干のオイル滲みがあるんだよね~…

クランクリアオイルシール?一度交換したんだけどな、二年前くらいに。
弱いとは聞くけど、そんなに早く劣化するもんなのか??
それとも別の原因があるのかな。とりあえず様子見で(-_-;)

resize2003_20170720220259bd7.jpg 


自分の作業が終わった後は同期の車の作業を眺めていました。
ブレーキパッドの交換だそうで、初めての作業に悩みながら
不安そうに作業してました。自分も最初はそうだったな~('ω')


resize2004_20170720220301aa8.jpg


交換したのは純正パッドから、プロμのB-Spec!
純正からの交換だと結構違うだろうな~( *´艸`)


始めの頃は自信が無いから、本当に大丈夫かな?とか言って
何度も確認するから意外と安心なんだけど、本当に不安なのは
ある程度慣れてきてサクサク作業するようになるとミスするんだよねw

何でもそうだけど、慣れてきた頃が気の引き締め時ですよね。


炎天下の中作業していたら、見事に日焼けしてしまいました…。


2017-06-25 17:51 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
resize1964.jpg 


先日、遂にスープラが17万キロを突破しました"(-""-)"

最近細かいところが気になりだしたけど、まだまだ頑張ってもらいます!

というわけで、車検も受けて17万キロ突破したことだしプラグ交換しますw


resize1953_20170625153345994.jpg 


17万キロ走ったエンジンは落ちない汚れも出ているもののまだ元気。

車とかバイクもそうだけどプラグっていつ交換するの?ってよくある質問ですが
早い話が見て決めるってのが一番ですが、見てもイマイチわからない!って人は
走行距離か期間で交換しちゃえば良いと思います('ω')


resize1950_201706251533473b0.jpg


交換するプラグは前回と同じくNGK製のイリジウムです。
直列6気筒なんで、6本必要ですね。経済的ではありませんが(-_-;)


resize1961_20170625153348fb8.jpg


取り外したプラグ達がコチラです。汚れがひどいですね~(;^_^A

最後に交換したのが2年ちょい前で走行距離にしたら1万5千キロくらいかな?


resize1952_20170625153347a39.jpg


以前ヘッドカバー周辺のガスケット類はすべて交換したのですが、
プラグにオイルが結構付着する症状が良くならないな~(;´・ω・)

てっきりプラグホールガスケットの劣化でプラグホールに
オイルが侵入してんのかな~とか思ってたけど別の原因があるのかな??


resize1957_20170625155314e97.jpg 


全然関係ないけど、最近暑くなってきましたよね~
沖縄では梅雨明けだとか。いよいよ夏本番??

冷却系の性能アップをする!とか毎年言ってるけど未だに未着手…
やったといえばホース交換とサーモ&ラジエータキャップくらい??

今年こそはオイルクーラーを、と思って色々手に入れているんだけど
実は肝心のコアがまだ手に入っていない状況です(;・∀・)


resize1956_20170625155315562.jpg


少しでも冷却能力を上げたいので、とりあえずお手頃なところから。
定番の、ラジエータ上部をアルミテープで塞いで空気の逃げ場を減らします!

まぁ、微々たるもんだけど気持ち程度にね(;´Д`)


resize1955_2017062515531644c.jpg


メーター上での水温の変化はあまり感じられませんが、

エンジンルームの見た目がレーシーになるという、

十分すぎる効果が得られます(笑)


resize1960_20170625155319d5b.jpg


あとは人間の冷却も少しレベルアップ!エアコンガス抜けてるので…

今年はダクトと扇風機の二段構えで乗り切ろうと思いますw


resize1947_20170625175309ec2.jpg 


もう全然関係ないけど、ついでにフロントスピーカーも修理しました。
半年くらいフロント両方とも鳴らない状態だったのですが
電気嫌いなのでたま~に故障探求しては、放置の状態でした(;^_^A

結局色々探っていたら、スピーカー直前の配線の劣化による接触不良でした。
電気の故障探求って見えにくいので本当に嫌いです…とりあえず直って良かった!

スピーカー自体も3000円くらいの安い奴なので端子部の劣化が目立つ。
やはり安物はダメだな~、久しぶりに音慣らしたら音も微妙だし(-_-;)

ぶっちゃけリアの10㎝のカロッツェリアの方が良い音するしw

音響もこだわりたいけど、スープラではやらないかなぁ~


2017-04-04 22:10 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
先日スープラを4輪アライメントに出したのですが、
フロントのナックルにガタを発見した為調整は急きょ中止に。

ステアリングラックからタイロッドエンドまでの間、
もしくはロアアームのボールジョイントのガタを疑いました。


resize1732_20170404213300175.jpg

ステアリングラックASSYで交換となるとお金も手間も掛かるし、
とりあえず手軽に行えるロアアームのボールジョイントから潰す事に!

70スープラは車高を下げているとジョイントに負荷がかかり、
ガタが発生する事は定番らしいのでまずはコチラから。
(70が、というかこの時代のトヨタ車はココは弱いイメージ…)

現在ヤフオクで1個5000円で出ている【日本製です!】と謳っているヤツ。
純正は左右で2万円で出品されていますが、コチラは左右で1万円(^^)/

当然純正の方が安心な気はするけど、値段には勝てません!!!
耐久性が気になるところですが、とりあえず交換していきましょー。

 resize1731_20170404213302553.jpg 

グリスアップを行うために、ホムセンでグリスガンを買ってきました。
2000円でおつりがくるくらいのヤツだけど、十分使えます♪

80mlのグリスカートリッジ、もしくは手詰めで使えるタイプですが
コスパ的にはこれより容量の大きい奴(300だか350)を買った方が得ですw

resize1730_20170404213303c32.jpg 

ノズルが付属していて、組み立ては簡単です。

resize1729_20170404213304a33.jpg 

ボールジョイントの下部に付属のニップルを取り付けて、
グリスガンのノズルを差し込んでシュコシュコ入れていきます!

純正のボールジョイントにはこのニップルは無いので
グリスアップしたかったらブーツ交換になるんですかね?

メンテナンス性はこちらの方が良い気がしますよね。
定期的にグリスアップしてやれば、純正並みの耐久性は期待できるかも?

ただしニップルを取り外すと穴が残り、そこから砂埃等が
入るのが嫌なのでアルミテープで塞いでおきました(;・∀・)

resize1728_20170404213306cf9.jpg 
ブーツの上からグリスが出てくればオッケーです。
使用したグリスは一般的なシャシーグリース('ω')ノ

バイク用で持ってる高性能グリスでも良かったんだけど、
手詰めするのが面倒だったので…。まぁ問題は無いはず!

resize1736_20170404214407028.jpg

ハブナックルの後ろを覗き込むと、赤丸の部分がロアボールジョイントです。
ジャッキアップしてホイール外して云々は割愛w

割ピンを取り外し、ジョイントとナックルを切り離すんですが

resize1748_20170404215214e80.jpg

このようなボールジョイントプーラー(もしくはタイロッドエンドプーラー)
という特殊工具が必要になります。これはアストロプロダクツ製の物で
値段はネットで買って送料込み3000円くらいだったかな?店のが安いですw

ちなみに今回は使い勝手がイマイチで、結局片方は叩いて外しました。
叩く場合はキャッスルナットを逆に取り付けて、ハンマーでコツコツ
なるべくねじ山を痛めない様に叩きましょう。キャッスルナット取れなくなると
もれなくボールジョイントが外せない上に元の状態に戻せなくなります☆

ブーツ交換でジョイントは変えない場合なんかは避けた方がいいでしょう。

ちなみに反対側に関してはキャッスルナットが緩んでおり、
プーラーもハンマーも必要無しにジョイントが簡単に取れました。


大丈夫かよ、オイ…(-。-)y-゜゜゜
 


resize1740_20170404214408b28.jpg 

70スープラの場合は黄色丸のところに上からボルトが刺さってます。
右の長い黄色丸は、2本がステーでつながっているような特殊なボルト。
左にあるボルトはサスの下部ボルトを緩めてズラさないと取れません!

resize1735_2017040421441011f.jpg 

裏側からロアアームを覗き込んでみると、19mmのナットが見えますね↑

足回りのボルトナットは比較的大きなトルクで締まっている為、
緩める前にはラスペネを吹きかけて舐める/折る等しない努力をしますw


resize1737_20170404214412767.jpg 

右にあるつながっているボルトが先ほど黄色の長丸で紹介したヤツです。
これが、結構ボールジョイントをグラグラゆすらないと取れなかったです…

resize1739_20170404215632869.jpg 

奥が新品、手前が取り外したボールジョイントです!
古い方のブーツがボロボロなのは取り外した時に奮闘した証です(;´Д`)

一つ目は初めてやった作業という事もあり、
作業性を考慮してキャリパーを外して作業しましたが
反対側は外さずにも交換できましたので参考までに( *´艸`)

resize1738_20170404215633548.jpg 

古いものはジョイントが手で簡単にグリグリ回りますが、
新品はかなり力を入れないとビクともしません!

後は逆の手順で組みなおして終了です。
割ピンを取り付けるのを忘れない様に!


左右共交換終了し、ナックルのガタつきを確認してみると…

無事にガタが無くなりました\(^o^)/


ローターを両手で持ち、ステアリングが切れない程度に
上下左右に揺らしてガタつきがあった場合はこれかもしれませんね。

交換は車にもよりますが左右で2~3時間もあれば終わると思います!
そんなに高い部品では無いので、リフレッシュで交換もアリですね(^^♪

交換後走行した感じですが、ステアフィールが若干クイックになりました!

劇的に変わる、といった変化はありませんが路面の凹凸の拾い方、
ハンドルを切った時のレスポンスの変化は体感できると思います。

性能が良くなるわけではなく、あくまでも本来の性能を取り戻したまでなんでw

それにしても、あんな小さい部品が変わっただけなのに
1.5t以上の車両の挙動が変わるって…本当に車って奥が深いですね。


これでようやくアライメントが取れるぜ~!!!