2018-04-07 22:32 | カテゴリ:メンテナンス(9R)
ども、最近週1ペース更新が安定してきました(笑)

溜まっていたネタも尽きた、と言うか最近は修理ばかりで
修理ネタが尽きるのは良い事なんだけどね!

暖かくなってきたのでそろそろツーリング記事でも書けるとイイな♪

と思って先日9Rを少し動かしてみたら、リフレッシュしたはずの
冷却系に異常が…そう、水温計の数字がパラついている???

接触不良のような動き、上がったり下がったり数字が飛んだり。

オーナーズクラブのメンバーにも情報を求めて、
水温センサーの接続部のコネクタが怪しいとの事!


早速点検(´・ω・`)


resize2537_20180407222031ca7.jpg 

ガソリンタンクを外したら、エンジンのシリンダーヘッドに
青い配線で水温センサーが取り付けられています(赤丸)


resize2536_201804072220326a8.jpg 

ギボシのメス端子のような感じですが、これが広がっていたり
抜けかかっていたりして接触不良を起こしているのでは?

という事で、センサーから抜いてラジペンで修正。


resize2538_2018040722203434e.jpg 

最近春の嵐か、台風みたいな雨風でカバーも吹っ飛ばされて
野ざらし状態だったのでチェーンもご覧の有様…(;゚Д゚)


resize2539_2018040722203579d.jpg 

チェーンメンテをして綺麗になりました('ω')ノ


resize2542_20180407222036b5c.jpg 

フラッと山中湖まで試運転に行ってきました!

水温計の異常はとりあえず解消し、先日交換した電動ファンも
問題なく作動していることが確認できました。


resize2543_20180407222038d87.jpg 

その傍らには…まだ雪!!!

この時はまだ3月でしたが、もう勘弁してよ~w



~オマケ~


resize2541_2018040722295270c.jpg 

遂にRECAROを買う日が来たか…!?


resize2540_20180407222954ad1.jpg 

車用ではなく、ベビーカーでした♪

まだゼロ歳児のくせに、俺の車より良いシートに座って~!!!

レカロのベビーカー、オプションでレインカバーや落下防止ガードなど
豊富なカラーバリエーションでスタイルも抜群です!

カラーはもちろん、ライムグリーン( *´艸`)


スポンサーサイト
2018-03-05 22:45 | カテゴリ:メンテナンス(9R)
resize2439_2018030413064374c.jpg


冷却系リフレッシュ、続いてはサーモスタット交換です。

サーモスタットは写真の様に、キャブの真下に位置しているので
交換するにはキャブを取り外す必要があります。

でもアクセルワイヤーまで全部取り外すのは手間だったので、
今回は二人作業で一人にキャブを持ち上げててもらいましたw

 resize2438_20180304130645d42.jpg 

カバーを取り外すと、こんな感じでサーモスタットがハマってます。
付くようにしかつかないと思うけど、一応向きを覚えておく。

交換する際にはカバーのパッキンも必ず発注して交換しましょう!


resize2436_20180304130646fa4.jpg 

新旧のサーモスタット比較です。ぶっちゃけ見てもわかりませんw

目で見てわかるほどサーモが劣化しているのは結構ヤバいと思います(;・∀・)
本当に点検するなら、沸騰させたお湯を用意してサーモを入れて、
開くかどうかを点検することはできますが…


頻繁に交換するもんでもないので、どうせばらすなら交換!



resize2435_201803041306471af.jpg 

ラジエータキャップも消耗品なので交換。

これがダメになってると圧が掛からず、
オーバーヒートの原因になりかねません!

安い部品なので、定期交換しましょう。


resize2441_201803041306420e9.jpg 

後は各所ラジエータホースを根気よく交換。

抜けるものはウォーターポンプとかマイナスドライバで外して、
ちょっときつい物はハサミとかで切断しちゃいますw


resize2429_20180304130649c5f.jpg 

細かいホースもちょっとシリコンにしてみたり。

冷却水系のホース径は内径が6mmの物が多かったかな?

今回の整備で気になるホース類を一式交換したくて
シリコンホースや燃料ホースを用意しましたが
結局使ったのは6mmシリコンだけだったかな。


resize2423_2018030416303463d.jpg 

こういうチラリするシリコンホースがカッコいいよね!
ほとんど純正の9Rですが、チューンドっぽく見えるw

急に時間軸がぶっ飛んで全部元通りになってますが、
戻したら水道水をラジエーター満タンまで入れてエンジン始動。

しばらく水を循環させて、冷却系路を洗浄します!

再度ドレンボルトから水道水を抜いて、綺麗になるまで繰り返し。

最後に冷却水を補充して、エア抜きを行って終了。
エア抜きはラジエーターキャップを開けっ放しでアイドリング、
しばらくするとポコポコとエアーが出てきて冷却水が
中に入っていくので見ながら補充してあげましょう。

ずっとやっててもキリが無いし、基本的に少量のエアーは
随時ラジエーターキャップ経由でリザーブタンクに逃げる
仕組みのはずですのである程度やったら閉めちゃって大丈夫。


resize2456_20180304163034c17.jpg 

冷却系リフレッシュとは関係ないけど、こいつも交換します。

2次エアインテーク部のサイレンサー?です。


resize2455_20180304163033359.jpg 

バッチリヒビが入ってますね~。スポスポだったので交換(;'∀')


これにて冷却系のリフレッシュは完了!


ダラダラやっても4時間くらいで終わるかな?



2018-03-03 16:44 | カテゴリ:メンテナンス(9R)
どうも、森ツンです。

花粉にだいぶやられてます(;´Д`)


前回に引き続き、9Rの車検整備記録です。
今回は、冷却系のリフレッシュとありますが
主な作業内容としては冷却水の交換、サーモスタット交換、
ラジエーターホース類の交換、電動ファンの交換です。

少し長くなりそうなので半分に分けて書いていきます(^^)/


resize2459_201803031230352e7.jpg 

何はともあれ、アンダーカウルとサイドカウルを取り外します。
フルカウルって整備めんどくさいけど、ずっとフルカウル乗ってるので
慣れたといえば慣れたかな?たまにネイキッド系整備すると

楽だなぁ~って思うこともあるけど慣れればフルカウルも良いですよ♪

外装も結構ぼろいから一式交換したいところ…(;・∀・)


resize2457_2018030312303776a.jpg 

準備したのは全部純正部品です。

ラジエーターホースは基本的に部品が出ましたが、
既に廃盤になっている物もありました。

一番痛かったのは、純正品番「39062-1839」の
ホースが廃盤だった事です…結構太いホースだし、
特殊な形をしているので代用が効きそうにないし(-_-;)


resize2421_20180303124022099.jpg 

ラジエーターファンに関してはラジエーターごと
中古品をヤフオクで落札。E型の純正ですが、形は一緒です!

新品の電動ファンASSYは5万くらいするみたいなんで、
とてもじゃないけど買ってられませんね…(;^_^A

ラジエーターは使わないので、予備で保管しておきます。
少し潰れがあるけど、まだ使えそう?



resize2454.jpg 

とりあえずリザーブタンクを取り外します。
ボルト2本ですがフレームとの間にカラーがあるので注意。


resize2452_20180303123039e37.jpg 

冷却水のドレンボルトですが、クランクケース向かって右下


resize2451_2018030312315105c.jpg 

ウォーターポンプの、このボルトがドレンボルトです。
パッキン付きですので忘れずに用意しましょう('ω')ノ


resize2450_201803031230413a0.jpg 

ドレンボルトを抜き、ラジエーターキャップを取り外せば
空気穴ができて凄い勢いで出てきますのでこれも注意ですね!

ZX-9Rの場合は3Lくらい出てきますΣ(・ω・ノ)ノ


resize2446.jpg


冷却水がある程度抜けきったらラジエータを外していきます。

この辺は手順云々より見ながらやる感じかなぁ…?
ラジエーターホースはもういらないので切っちゃいます。

変に切ると取れにくくなるので注意ですw

 resize2445.jpg 

取り外した純正ラジエーター。これと言って特に無いけど、
フィンの潰れ具合を点検して酷い場合はマイナスドライバとかで
少し修正するくらいですかね?漏れは特に無し。


resize2444_20180303163326776.jpg 

取り外した純正ファンですが、樹脂が焼けて羽が外れてます。
以前ファンヒューズが飛んだ事があったけど、何かゴミでも
巻き込んで負荷が掛かっちゃったのかなぁ?

導通点検しても、モーターの導通はありませんでした。
これはもう使えないなぁ…とりあえず、同じ事が起きた時の為に
ブラケットに汎用ファンでもくっつけて使おうかな?



後編へ続く…




2018-02-23 22:50 | カテゴリ:メンテナンス(9R)
resize2412_2018022322273064a.jpg


フロントに引き続き、リアタイヤの交換です。

フロントに比べてチェーンがある分、リアの方が少しコツがいります!

まずはアクスルシャフトを緩めて抜いたら、
ホイールを少し前に出してチェーンを外します。

外したチェーンはスイングアームに引っ掛けておいて、
リアキャリパマウントを気にしながらホイールを引き抜きます。

この時、ホイールのカラー(スペーサー)の落下や
ハブダンパーがヘタっているとスプロケが落ちるので注意!

 resize2413_20180223222732b6f.jpg 

外したホイールのムシを抜いて、空気を抜いて…

この後の流れはフロントホイール同様なのですが、
自分の持っている人力ビードブレーカーは小さすぎました!

ご覧の通り、リアホイールは太いので挟むことすら難しいです。


resize2414.jpg 

しかし、世の中ビードを落とす方法はいくらでもあります('ω')

今回は車(ミニクーパー)、パンタジャッキ、ガレージジャッキで
ビード落としにチャレンジしようと思います( *´艸`)

まずは写真の様に車のジャッキポイントとバイクのタイヤの
ビード部に掛かる様にパンタジャッキをセットします。


resize2415_201802232227355be.jpg 

この時、ガレージジャッキで写真の様に車を上げている状態です。


ここから、車をジャッキダウンすれば…


resize2416_20180223222739614.jpg 

イイ感じに車の自重でビード落としに成功しました(^^♪

下げる前にパンタジャッキの位置をしっかり確認して、
ホイールにも車にも傷を付けない様に作業しましょう('ω')ノ


resize2417.jpg 

後はタイヤレバーでサクッと組み上げて終わりなんですけど、
ビードワックスの代用は毎回車用のワックスを使ってます。

タイヤを組む時はスプロケとブレーキディスクは取り外しますが、
フロント同様にディスク用ボルトは再利用…。

これ本当は再利用しない方がいいんだろうけど、
つい1回くらいいいだろうと使いまわしてしまう(;´Д`)

ディスク交換もしくは次回タイヤ交換時は交換しよう。
流石に2度目は良くなさそうだよね~、自己責任でw


resize2419_20180223223719661.jpg 

びふぉー

バリ溝に見えますが、製造年月日が6年くらい前と
結構古いので交換する事にしました。命に関わるしね~


resize2418_201802232237203c3.jpg 

あふたー(*ノωノ)


新品タイヤが輝いてますね!
フロント同様、バルブはゲイルスピード。

新品は保管の為に表面にワックスが塗られてますので、
事前にパーツクリーナー等で油分を落としておきます。

車はそんな事しなくても良いかもしれないけど、
バイクの場合は転倒に直結しますのでやっといた方が無難かな?



余談ですが…ホイールバランスについてです。

自分は今まで何本かバイクのタイヤを手組で交換してきましたが、
未だに1度もホイールバランスを取ったことがありません。

ご存知の通り、ホイールバランスにはスタティック・バランス(静的)と
ダイナミック・バランス(動的)の2種類がありますが
いずれも2輪と言う真っすぐ垂直に走らない乗り物では
あまり意味が無いと考える為です。

輪軸に対して左右にサスが付いてるし(リアはモノサスだけど)
アンバランスによる微振動なんで感じられないんじゃないか??


当然、レースの世界やメーカーのテストライダー等
コンマ何秒を競っていたり、製品開発の上で正しい性能評価をする際には
極限までスムーズに、条件をそろえて走る場合は必要でしょう。


しかし、自分のようなヘッポコライダーはバイクにおいて
アンバランスホイールが発生させる振動を感じることができません…。

高速走っていても別にハンドルがブレるとかなった事無いし、
タイヤが方べりしちゃった経験も無いし。

当然、感じられなくても微振動が発生すべきでない箇所で
発生しているでしょうから部品には優しくないのかもしれないけど、
それで何かが壊れたとか調子が悪くなったとかも経験がありません。


これについては賛否両論でしょうが、自分はやらない派ですw
今回は忘れてただけだけど、軽点もズレてハメちゃいましたw

2018-02-18 21:35 | カテゴリ:メンテナンス(9R)
resize2410.jpg


先日ZX-9Rの車検を受けました。

それに伴って必要だった整備を一通りやったのでメモしておきます!

まずは、タイヤの前後交換です。タイヤはダンロップ!


Sports Max QualifierⅡ です。


理由は、安いからw

前後セットで2万5千円くらいだったかな??

送料込み(^^)/


resize2404_20180218211547346.jpg


とりあえずサクッとフロントタイヤの取り外し。

実家のガレージではフロント用のスタンドを使っていたけど、
9Rだとステムの穴が小さかったのと、かさばるので
今では車用のガレージジャッキとパンタジャッキを併用して
フロントをジャッキアップしてます。若干不安定ぽいけど、
しっかりと安定する位置を見つければ案外安定してますw

見えないけど、右側のクランクケースの辺りに
パンタジャッキを支えで置いてます。

バイクのフロントスタンドって結構高価だけど、
無くても上げ方は色々あるんですよ(^^♪


もちろん、専用のスタンドを使うに越したことはありませんが。

 resize2400.jpg 

フロントホイールは17インチとは言え120と幅は小さいので、
アドレスのタイヤ交換で使ったビードブレーカーで対応できます。


バルブからムシを抜いて空気を全部抜いて、
ビードブレーカー使ってビードを落とします。

写真のままやるとディスクが歪んだり傷つく恐れがあるので、
ディスクは左右共外した方が良いかも!

このビードブレーカーはたしかアストロ?の
結構安いやつだけど十分使えますね~


resize2398_20180218211552f32.jpg 

エアバルブは相変わらずゲイルスピードのL字バルブ。
これ、1個で1500円くらいと高いけど、非常に良いです!

純正ホイールにはΦ11.5用を買いましょう。

色はブラック、シルバー、ゴールドがあったかな?
無難にブラックにしました。アルミキャップも付属!


resize2406_20180218211553e9b.jpg  


新しいタイヤを組んだらディスクを取り付けて、
空気を入れてビードを上げれば完成~!


フロントタイヤはスローパンク?していたので
1か月で1.5キロくらい空気が減ってましたw


これで安心して乗れます( *´艸`)




次回は、リア