2018-04-14 19:09 | カテゴリ:メンテナンス(JZA70)
resize2545_20180414184058cec.jpg 

この写真だと何のことやらって感じですが、純正3点シートベルトの
上部アンカーボルトというか、固定ボルトの穴です。

以前汎用のBピラーバーを取り付けた際に、渋かったので
まぁ~外す事ないから良いか!と妥協して無理やり付けました。

しかし、ロールバー装着に伴いBピラーバーは取り外し、
まんまとボルトを抜いたら穴がガタガタに…(;・∀・)

純正のボルトも痛んでしまったので、修理をしないと!
と思って板金屋さんを訪ねたり車屋さんに行くたびに

直りませんか?って聞いても工具が無いからNGと断られる始末。


resize2553_20180414184058037.jpg 

というわけで、買ってしまいました!タップとダイスのセット(^^♪

メーカーはStraight製で、お値段は1万2千円(送料込み)@楽天

そもそもシートベルトの取り付け部のネジピッチって、


「7/16 20 UNF 細目」 というちょっとココだけ企画が違う?


読みは7/16インチがボルト径、 20 UNFがピッチだと思うんだけど
インチのユニファイ企画で細目ネジという変わった奴(゜-゜)

国産のほとんどの車種はシートベルトにこの企画のボルトを使っているとか?
何か理由はあるのだろうか。その辺で手に入らないから困るじゃん!w

今回購入したタップ&ダイスセットは、ミリとインチの両方が入っているので
どうせ購入するならミリも欲しいな!という事でこれにしました♪

でも、Straightって安いし以前購入した油圧パンタジャッキも
結構早い段階で油圧が抜けたからあんま印象良くないんだよね。

とりあえず、早速使ってインプレしていきます( *´艸`)


resize2546_20180414184059b2b.jpg 

タップもダイスも専用のハンドルが付属しているので、
これさえ購入すれば必要なものは揃います。


resize2548_20180414185145df4.jpg 

こんな感じで穴に差し込んで、ハンドルを締める方向に
回していって潰れたねじ山を修正していきます。

ロールバー干渉したんでハンドルは一つだけで実施w


resize2547_2018041418410078f.jpg 

ポイントは、潤滑剤を吹きながら1回転締めるたら半回転戻す
と言ったようにグイグイ進んでいかない事です。

タップに負荷が掛かって折れたりするので、地道にやるが◎ですよ!


resize2549_20180414185146c05.jpg 

切った後のタップがコチラ、鉄粉が付いてます。
戻しながらやることで鉄粉の詰まりも防げます!


resize2551_2018041418514926a.jpg


わかりづらいけど、ねじ山が再生されました!( *´艸`)


resize2550_20180414185148409.jpg  

次はダイスでボルトを再生してみます。

バイスが無いとやりづらいけどなんとか作業できました(;・∀・)

resize2552_20180414185151de9.jpg 

というわけで、無事にシートベルトを修理する事ができました!


個人的にタップ&ダイスって気持ちよくて好きなんですよ(笑)


古い車に乗っていると、こういう壊れたものを交換ではなくて
修理するスキルも身に付けないと困るシーンがたまにあるので
もっといろいろと勉強したり試してみないとなぁ~(;^_^A


とりあえず、1回しか使ってないけどタップもダイスも
問題なく使用できました。当たり前なんだけどw

後は軽く潤滑剤やオイルを塗布して保管しないと錆びるので
メンテが結構めんどくさい工具には違いないですね~


スポンサーサイト
2018-04-07 22:32 | カテゴリ:メンテナンス(9R)
ども、最近週1ペース更新が安定してきました(笑)

溜まっていたネタも尽きた、と言うか最近は修理ばかりで
修理ネタが尽きるのは良い事なんだけどね!

暖かくなってきたのでそろそろツーリング記事でも書けるとイイな♪

と思って先日9Rを少し動かしてみたら、リフレッシュしたはずの
冷却系に異常が…そう、水温計の数字がパラついている???

接触不良のような動き、上がったり下がったり数字が飛んだり。

オーナーズクラブのメンバーにも情報を求めて、
水温センサーの接続部のコネクタが怪しいとの事!


早速点検(´・ω・`)


resize2537_20180407222031ca7.jpg 

ガソリンタンクを外したら、エンジンのシリンダーヘッドに
青い配線で水温センサーが取り付けられています(赤丸)


resize2536_201804072220326a8.jpg 

ギボシのメス端子のような感じですが、これが広がっていたり
抜けかかっていたりして接触不良を起こしているのでは?

という事で、センサーから抜いてラジペンで修正。


resize2538_2018040722203434e.jpg 

最近春の嵐か、台風みたいな雨風でカバーも吹っ飛ばされて
野ざらし状態だったのでチェーンもご覧の有様…(;゚Д゚)


resize2539_2018040722203579d.jpg 

チェーンメンテをして綺麗になりました('ω')ノ


resize2542_20180407222036b5c.jpg 

フラッと山中湖まで試運転に行ってきました!

水温計の異常はとりあえず解消し、先日交換した電動ファンも
問題なく作動していることが確認できました。


resize2543_20180407222038d87.jpg 

その傍らには…まだ雪!!!

この時はまだ3月でしたが、もう勘弁してよ~w



~オマケ~


resize2541_2018040722295270c.jpg 

遂にRECAROを買う日が来たか…!?


resize2540_20180407222954ad1.jpg 

車用ではなく、ベビーカーでした♪

まだゼロ歳児のくせに、俺の車より良いシートに座って~!!!

レカロのベビーカー、オプションでレインカバーや落下防止ガードなど
豊富なカラーバリエーションでスタイルも抜群です!

カラーはもちろん、ライムグリーン( *´艸`)


2018-04-01 17:16 | カテゴリ:メンテナンス(ADRESS)

どうも、花粉もピークのようで春の陽気にやられてます…( ノД`)

最近ネタも無ければ時間も無いのでブログの更新してませんが、
久しぶりにアドレスを整備をしたのでレポしていきます!


resize2541_20180401135654c4e.jpg  

今回はアドレスのエアーフィルターと、インシュレーターの交換です!

最近色々と直ったと思ったら、加速して信号待ちなどで
アクセルオフして停止するとアイドル維持できずストール。
そんな症状が続いたので調べてみたら、インシュレーターっぽい。


フィルターはヒロチー商事オリジナル品、インシュレーターは純正。

「13420-33G01」はアイドルコントロールバルブ的なやつですが
今回は交換しなかったので予備品として保管しておきます('ω')ノ


インシュレーターの交換にはOリングが2個必要ですので、
注文する時に忘れない様にしましょう。


今回人生で初めてエンジンコンディショナーを使いますw
割と良いと聞きますが使い勝手、効果をついでにインプレ。


resize2540_2018040113565731e.jpg 

純正インシュレーターの位置ですがメットインボックスを取り外して
赤丸の位置にスロットルバルブASSY、センサー系統が密集してます。


resize2539_2018040113565753c.jpg


アップで見るとこんな感じ。

インジェクターの下にゴムカバーがあります!

この辺を分解するにはヘックスが必要ですが、L型のレンチよりも
ラチェットハンドルで使えるソケットタイプがあるとイイと思います。

狭いので、サイドカウルを取り外して作業した方が作業性が良いというのと
L字型のレンチだとたぶん小型の物でないと回せないと思います!

ソケットタイプがあれば、ラチェットの厚さにもよるけど
カウル類は取り外さなくても作業できました。


resize2538_201804011356580d1.jpg 

めくってみると、汚れでわかりづらいですが黒い層がインシュレーターですw


resize2536_2018040114040776f.jpg 

交換にあたり、純正エアクリーナーボックスを取り外します。

もうボロボロだなぁ、俺のアドレス(;´Д`)
この辺のカバー類も新品にしたい。

新品じゃなくても、状態の良い中古をヤフオクで探そうかな~
純正品なんていくらでも転がっていそうだしw


resize2559_20180401140409c02.jpg 

エアーフィルターもブログを見返したら5年くらい交換してませんでした(;・∀・)

デイトナのターボフィルターですが、真っ黒になってます。
汚れもそうですが結構端の方はボロくなってますね(;^_^A


resize2557_201804011404102e4.jpg 

ばらしたエアクリボックスASSYがコチラ。

フィルターのみならず、ボックス内も結構ホコリで汚れてました~

左下に移っている樹脂パーツはサクション部に付いていた、
ホースのホルダー的な奴兼スロットルのワイヤー部のガード。


resize2558_20180401154943c36.jpg 

純正のホース類も、ご覧の通りひび割れが出てきています。

ココはエアクリボックスとクランクをつなぐブローバイホース。
これもそのうち純正部品を注文しようかなあ~(+_+)


resize2555_20180401154946222.jpg 

インシュレーターを取り外しました!上が取り外し品、
下が新品のインシュレーターとOリングです。

アドレスV125Gのインシュレーターは非常に弱いらしく、
インシュレーターそのものが割れてしまったりOリングが千切れて
エアーを隙間から吸い込んでしまい、アイドリングや
吹けに悪影響がでるみたいです。見事にまんま壊れてますw


これを交換した事でストール症状は無事に直りました( *´艸`)
厳密には完全に直った感じはしないけど、ストールはしなくなった。


ついでに油漢ワークスの「フューエルコライダー」って奴に
交換しようかと思ったけど、高いしそこまで詰めてないから却下!

純正だと300円、社外だと4000円以上するので…(;・∀・)

他の方のブログを見ていると、油漢のインシュレーターは
壊れにくい素材になっているようで耐久性は良いみたいです!


resize2553_20180401154945703.jpg 

インジェクター側のOリング。

コチラは潰れているだけでちぎれていはいませんが、
同時交換が無難だと思います!80円くらいだしw


resize2554_2018040115494797b.jpg 

インマニ側もパークリをウエスに浸み込ませて吹いておきます。

エンジンコンディショナーを中に吹き付けて、
この周辺も洗浄しておきます。プラグを取り外して、
プラグホールからも洗浄する事で燃焼室側は良いのかな?

とりあえず両方ともやっておきました('ω')


resize2556_20180401140412de2.jpg 

スロットルバルブは…ひぇぇ~~汚れがヤバい(;´Д`)

デロンデロンでした(;゚Д゚)

この辺の清掃って1回もやってなかったからなぁ~


resize2549_201804011658010ef.jpg 

エンジンコンディショナーをたっぷり吹き付けます。

なんか出が悪いというか、一気にブシューっと吹けないのは
スプレー缶がそういう風に味付けされてるのかな?

少量でも泡がブクブクなって汚れを分解していくので、
380ml缶を購入しましたが意外としばらく無くならなそうです。

逆さ吹きもできるので、吹く勢いが一度にたくさん出ない事以外は
結構使い勝手良いと思いますよ~エンジンコンディショナー(^^♪


resize2548_2018040116580334c.jpg 

こんな感じでスロットル内部も綺麗になりました!

吹き付けただけで拭いたりしてないけど、こんなに汚れが落ちました。

バルブを開閉させて中にも吹き込んだので、綺麗になってればいいなw


resize2552_20180401165807a1c.jpg 

アイドルバルブは元々交換するつもりでしたが、
取り外してみたら意外と汚れも少なくまだ使えそうだったので
とりあえず今回はこのまま戻しておきました。

4000円くらいするから、買わなくてよかったな(;^_^A

これもアドレスは良く壊れるらしいので、持っといて損はないけど。


resize2551_20180401165809775.jpg 

この先端の凸部が弁?みたいになっていて壊れているやつだと
これが中に入ったまま出てこないような状態になるそうです。

手で押してみて、バネが効いているような動きならたぶんOK?


resize2546_201804011658049ae.jpg 

エアクリボックスを戻して新しいフィルターをセット!

ヒロチーオリジナルのフィルターは600円くらいなのでコスパ◎(^^)/
デイトナのパワーフィルターみたいな奴は2000円以上するし、
まぁそんなに大きく性能は変わらんでしょ~と思って安い方にw


resize2544_2018040116580646e.jpg 

エンジンコンディショナーを吹いた後にエンジンを掛けると、
白煙がめっちゃ出てきます。これが、分解された汚れの証拠?

匂いも結構臭いです、白煙が出なくなるまでしばらくアイドリングさせて終了!


試走に出かけてきましたが、低速トルクがモリっとして
アクセルレスポンスは明らかに向上しました( *´艸`)

定期メンテってやっぱり大事だね~



2018-03-25 15:07 | カテゴリ:番外編

お久しぶりです、絶賛花粉症中です( ノД`)

インフル休暇も終わり、無事に職場復帰しましたが
早々に忙しくてなかなかブログも更新できず。

ネタも無いと思っていたところに、会社の先輩からネタの提供が!(笑)


resize2532_20180325150646844.jpg 

JB23型のジムニーに、ステアリングダンパーを付けます!

ステアリングダンパーってバイクのイメージだったけど、
オフロード車では結構メジャーなカスタムだそうです。

ジムニーはステアリングのシミーが持病らしいです。
個体差もありそうですが、ホイールバランスでだいぶマシになったとか?

それでも改善されない場合、シミー対策でダンパーを入れるんだとか。
でもそれって結局誤魔化してるだけな気もするけど(;^_^A


resize2534_20180325133131944.jpg 

Rancho製のステアリングダンパーです。1万円くらい?

付属品はザックリとした説明書、ラバーのブーツ。


resize2535_20180325133133709.jpg 

ダンパー本体と、取り付ける為のステー類


resize2533_20180325133135c2e.jpg 

後はワッシャーとかナットとかですね。

構成は非常にシンプルで取り付けも簡単でした!

それでは解説していきます(^^)/


resize2527_20180325134441fb5.jpg 

説明書通りにステーを取り付けていきます。

説明書の写真は車両に正面から向かった図なので、
左足のフレーム付近に真っすぐの板ステーを取り付けます!


resize2529_20180325134443a70.jpg 

こんな感じですね。JB23とSJ30共通のパーツみたいですが、
取り付け位置が若干異なるので説明書を熟読!


resize2526_2018032513444481a.jpg 

もう一つのステーはタイロッドエンドに取り付けます。

ステアリング機構とボデーの間にダンパーを入れる事で、
ステアリングの無駄な振動やガタを抑制するわけですね('ω')ノ

ネットで事前に予習していた時によく見たのが、
ダンパーの伸び縮みの中間の位置を探して取り付ける。
とありましたが、今回は特にその作業は行いませんでした。

説明書にタイロッドエンドのナットに被らない程度の位置に、
とあったのでそれを信じてザックリ取り付ける事にw


resize2524_20180325134446e91.jpg 

ダンパーの取り付けはブッシュを介して取り付けます。

ブッシュが少し潰れる程度まで、というこれまたザックリとした
説明書に従ってそれっぽく締めこんでいきます(-ω-;)


resize2523_20180325134447712.jpg 

フレームに取り付けたステー側は、ボルトとのクリアランスが無くて
皿ワッシャーが入らない…これは後日、入る様に切断するそうです。

暫定でボルトのみの固定になってますが、ブッシュにめり込むw


resize2525_2018032513444948f.jpg 

取り付け完了!一度ステアリングを左右に全切りして、
各部に干渉が無いかチェックをします。他にもカスタムしてる車両は要注意!


先輩はダンパーを黒色に自家塗装したらしく、
新品で購入すると本来ダンパーは白色らしいです。

黒色にする事で周辺部品との色合いもマッチして、
赤色のブーツが栄えて非常にカッコイイですね!

外からは除かないと見えないくらいなので、さりげないカスタム。


装着前と装着後で乗り比べてみましたが、ハッキリ違いがわかります!
あくまでも自分の印象なので参考までに。

ハンドルの切込みがダンパーのイニシャル分重くなりました。
コーナーを曲るためにハンドルを切りこんでいくと、
イイ感じの手ごたえと路面からの入力を感じます♪

ハンドルの戻りはその分悪くなり、曲がってすぐにハンドルを戻さないと
いけない市街地のようなシーンだと、少し忙しさを感じるかな?

それでもミニクーパーが元々ハンドルが重いので、
自分的にはあまり気にはなりませんでした。

シミー低減についてはそもそもシミーを感じなかったので、
良くなったのかどうかは不明ですが高速とかだと違いそう!

直進安定性も良くなりましたが、そもそもN位置での遊びが大きくて
それなりにステアはふら付くので真っすぐ走っているんだけど、
ハンドルだけフレる感じはそもそもの構造なんでダンパーは関係なし。


全体の感想としては、軽自動車以上普通車未満くらいの
ステアフィールにはなったのではないでしょうか?

そこまで高いパーツではないし、取り付けも簡単なので
ジムニー乗りの方は是非試してみてはいかがでしょうか( *´艸`)



2018-03-18 12:54 | カテゴリ:メンテナンス(ADRESS)
resize2519_20180318113410a3a.jpg 

ども、インフル休暇ももう終わりそうな僕ですが
すっかり怠けた生活で社会復帰できるか不安です(笑)

最低限しか出かけられないので、ブログを書くか
ドラマを見るか、食べるか掃除洗濯くらいしかできない…( ノД`)

暇な5日間でした。まぁインフルなんてそんなもんか。


今回はアドレスのフォークオイルとブレーキフルード交換です!


まずはフロントのカウルを取り外します。


先日センスタを取り外した影響で車用のジャッキで上げてますが、
想像以上に整備性が悪いので何か対策を考えないと…。


resize2517_20180318113412e11.jpg 

自分のアドレスはK7と呼ばれる年式のモデルなんですけど
アドレスは年式によってフォークの形状が若干異なるので注意。

K7に関しては本来三つ又を取り外すのが正規のやり方らしいですが、
それをやってる人は多分少ないんじゃないかな?

理由はインナーフェンダー?でフォークトップが隠れている事なのかな。
写真で言うと矢印のあたりがフォークの頭がくる部分なんですけど…


resize2518_20180318113413d8d.jpg 

自分は以前交換した時にインナーを切ったので、
この状態でフォークの取り外しが行えるようになってます。


非常にセンスのない切り方、ホットナイフとかで綺麗にやりなおしたいなw
というかインナーもバキバキだから、もはや新しい奴を購入して
フォーク対策で加工したものと入れ替えた方が良さそうだ。

こんなのいくらも掛からない部品だろうし、そのうちやろうかな~


resize2516_20180318113415fae.jpg 

とりあえずフォークトップキャップを取り外します('ω')

マイナスドライバや内装剥がしがあれば取れると思います。


resize2515.jpg 

K7のフォークトップは6角の凹形状なので、このようなSST(?)が必要。
これはホムセンで買ったロングナット17mmです。数百円!

お金があって工具に拘りたい人は17mmのヘックスを買いましょう(^^)/

アドレスの年式によっては1/2差込口の四角凹形状もあるので要確認。


resize2514_201803181141464ab.jpg


非常に見づらいですが、先ほどのロングナットをフォークトップに差し込んで
それを更に工具で回す、という方法で緩めていきます。

狭いので、ラチェットタイプのメガネレンチがあると非常に楽(^^♪

ずっと前に友人から誕生日プレゼントで頂いたKTCの板ラチェ、
この作業をする時に重宝してます!首振りがイイね~

 resize2512_201803181141495f4.jpg 

トップキャップを取り外したら、マウントのボルトを緩めます。
これでフォークが取れるようになるんですけど、これが手間なんだよね!

要は、K7の場合トップキャップを取り外さないとフォークが取れません。
つまり、1発緩めておいてフォークを取り外し、作業性の良い場所で
ゆっくりフォークをばらして…って事ができないんですよね!


これが、外すときは良いんだけど組む時に非常に厄介なんだよね(-_-;)


resize2510_2018031811451412b.jpg 

古いフォークオイルを出します。上下にストロークさせると出ます!
写真では結構黒っぽく見えるけど、実際はもう少し綺麗だったかな?

まだ交換しなくてもよかった感が少しありますが、
前回交換した時はもう灰色で腐ってるようなものが入っていたので
多少フラッシング的な意味も込めて交換するに越したことは無いかな?

次はもう少し後のサイクルでも良さそうだ。


resize2511_20180318114150dc6.jpg 

後はなんとなく綺麗にしておいて、反対側も同じ手順で作業。


resize2509.jpg 

新しいフォークオイルを入れます。スズキ純正のG15です!

油面は一番縮んだ状態で103mmか量で行くと95mlだったかな?
入れたらチューブを上下にストロークさせてエア抜きを実施。

このSSTも安い奴買ったから、ホースがもうガチガチに硬化してましたw
注射器とゲージはまだ使えそうだから、ホースだけ交換しようかな。


resize2513_2018031811414778b.jpg 

せっかく外したんで、スタビライザーも増し締めと清掃。

剛性アップパーツは正しく取り付けないと意味ないからね!
取り付けたら100㎞程度走行後に増し締めすべし。


resize2507.jpg


左右のフォークを取り付けたら、インナーの穴をふさいでおきます。
前はガムテープだったけど、今回はアルミテープにしてみた!

意外とガムテープの方が柔軟性があって、破れないかも。

 resize2506_201803181246218b3.jpg 

最後にブレーキフルードですが・・・しばらく見ない間に、
すっかり紅茶色になってしまっている!!(;゚Д゚)

空気中の水分を吸収して劣化するので、1年に1回くらいは交換したい。
でもたぶん交換するのは2年ぶりとかな気がする(-_-;)

日々のメンテ不足を、こういう所で感じるよねぇ~


resize2504_20180318124622a65.jpg 

ピントが合ってないけど、全量交換とエア抜きしておきました。

ブレーキレバーのフィーリングが激変しました(笑)
フルード交換だけで結構変わるので、車もバイクもおススメ!

こういうのって徐々に変化していくもんだから、
感性優れてる人じゃないと気づけないよなぁ~

もっと感度を磨かないとな(;´Д`)


~追記~

K7モデルのフォークオイルの油面が103mm、または95mlと記載しましたが
改めて調べてみると正しくは油面71mm、量は85mlでした。

自分が思っていたのはK6以前のモデルの値でした(;´Д`)

ちょっと量が少なめで入れてしまった…後日やり直すかな…