FC2ブログ
2019-08-23 22:34 | カテゴリ:BEAT(PP1)カスタム

お久しぶりです、森ツンです。

最近県外への単身赴任が終わって、バタバタしてました(^▽^;)


resize3268_20190823222119728.jpg


ビートに油温計の取り付けですが、水温と同じくDepoRacing製。

センサーの取り付けは一般にエレメントブロックに
社外のサンドイッチブロックを取り付ける手法が多いと思いますけど

今回は、加工オイルパンを用意して直付けします!


resize3271_20190823222123d75.jpg


ホンダマークの部分に穴あけ加工をして、1/8PTでネジ切り。

アイサイチューンで加工してもらいました、工賃とオイルパンで1万円

高くない?と思いつつ、なら自分でやれよって話に
どうしても行きついてしまうので大声で文句も言えないw


resize3270_20190823222121587.jpg


シールテープではなく液体ガスケットを使用します。

水温センサーは市販の水道工事用シールテープで問題ありませんが、
ココに関してはオイル用の液ガスの方が無難だそうです"(-""-)"

塗ってから1晩放置します。

そんなに放置しないでもいいと思うけど、心配性w


resize3269_201908232221201d7.jpg


上から見ると、センサー差し込み角度が斜めになっていますね!

こうする事で、距離を稼いでいるんだとか…。

こういったノウハウを買うという意味でも、
加工工賃は妥当なのかもしれない??

相場が不明だけどw


resize3272_20190823222636774.jpg


オイルパン交換前にオイルを抜きます


resize3273_20190823222639392.jpg


オイル抜いたとは言え、多少残っているので適当に床に敷きます


resize3274_20190823222632979.jpg


オイルパンは見えるボルトを外すだけなので簡単。

それよりも、液ガスや固着で外れない方が問題!

写真の様にバールを当てて、こじる様にしたり
ゴムハンで叩いたりして外す事ができました(^^♪



resize3276_20190823222635f37.jpg


取り外したら、接続面を綺麗にします。

スクレッパーやパーツクリーナーを使用して、
古いガスケットや汚れを丁寧に除去します!

これを怠ってオイル漏れしてもショーも無いので、
やりすぎなくらいやっても良いと思います~


resize3275_20190823222633d39.jpg


取り外したボルトは取り外した様に置いておくとわかりやすい。

ほとんど同じだけど、クセを付ける事も大事(^_-)


resize3277_20190823223125497.jpg


新しいオイルパンも液ガスを使用して取り付けます!


resize3278_20190823223126728.jpg


こんな感じ。塗装してくれているので綺麗ですね!


この状態で1晩放置して、オイル入れてエンジン回して
漏れがない事を確認したらオイルパン交換は終了~(^^)/


スポンサーサイト



2019-08-12 21:45 | カテゴリ:BEAT(PP1)カスタム
resize3255_2019081221331609d.jpg


最近早くもビートに対するモチベが下がっています(笑)

今回はエアコン取り外し、理由は効かないから!w

エンジンルームに向かって左手、オルタの手前に見える
シルバーの配管が2本出ているヤツがA/Cコンプレッサーです。

Vベルト取り外し、A/Cガス抜きが事前に必要となります!

ベルトはいらないので切りました。ガスは抜けてましたw

ガス抜きはボンネットを開けてエアコンガス注入口が
タイヤエアーバルブのムシみたいになっているので
ドライバー等で押せばガスが出ます。正規かはしらん(^▽^;)


resize3256_20190812213317f35.jpg


エンジンルーム向かって右手にあるA/C配管を2本とも取り外します


resize3257_20190812213318862.jpg


なんとなく、復活予定はないけどゴミ入れたくないから
軍手でカバーしておきました。この先の配管は外しません


resize3258_201908122133207b3.jpg


コンプレッサー本体はボルト2本くらいで固定だったかな?

固定用とベルトのテンション張り用。

左リアタイヤハウスからカバーを取り外して作業しないと
多分ボルトが抜けないか、スペースが無くて緩められない?


resize3259_20190812213321375.jpg


取り外したら、結構スペースが空きます!

メンテナンス性が良くなった?オルタ交換とか楽そうw


resize3262_2019081221335338a.jpg


続いてフロントですがコンプレッサーは写真右のヤツ

そもそもワンオフオイルクーラーをラジエーターに並べて
付けようと思っていたから今回の作業をしているんだけど、

訳あってその話は一旦飛びました\(^o^)/

だから今回の話は、ただの軽量化になってしまったw


resize3261_20190812213356747.jpg


レシーバー?この辺の配管も全て取り外します。

アルミ製なのかなぁ、意外と柔らかいので力加減注意!

今後復活する予定があるなら、曲げない様に丁寧に。


resize3260_20190812213354450.jpg


コンデンサ、コンデンサファンが取り外されました。


resize3263_20190812213357a0f.jpg


スペースが空いた。空気の流れ的にはどうなんだろう?

オイルクーラーの話飛んだから、導風板でも作ろうかなー


resize3266_201908122134543ec.jpg


フロント回りの部品を取り外すと当然配管が残るので
ホムセンで21mmと15mmのゴムキャップを買ってきた


resize3264_20190812213447d2d.jpg

resize3265_20190812213450f21.jpg


こんな感じで、ピッタリ蓋ができます!

まるで純正のような美しさ( *´艸`)


resize3267_2019081221345593d.jpg


以上、エアコン取り外しでしたー

効果の程は特に感じないw


2019-08-11 00:06 | カテゴリ:メンテナンス(PP1)
resize3244_20190810235142eb1.jpg


前回のクラッチマスターに続き、キャリパーのO/Hです!

ついでにブレーキホースもメッシュに交換します。

純正で良かったんだけど、メッシュの方が安くて…

Dラーに問い合わせたら、純正4輪分で1万3千円くらい?

GoodRidch製はヤフオクで送料込み9千円くらいでしたw


resize3245_20190810235144383.jpg


早速キャリパーとブレーキホースを取り外します。

取り外し方はもういいかなw

1つ小技として、キャリパーのエア抜き用ブリーダープラグの
ゴムキャップを写真の様にブレーキ配管に付ければ漏れません。

常識だった?


resize3246_20190810235145f9d.jpg


エアーガンでピストンを出します。

写真だともう出てますけど出す前に当て板しましょう!


resize3247_20190810235146b5a.jpg


ピックルーツを使って古いシールを取り外していきます


resize3252_20190810235148e6a.jpg


マウントブラケットやスライドピンなど細かい物も
パークリで洗浄した後に摺動部はグリスアップをします


resize3248_20190810235318f1c.jpg


クラッチ同様にミヤコ製のシールキット前後です。

両方で5千円くらいだったかな?


resize3253_20190810235325692.jpg


う~ん、ピストンが欠けている・・・(;´Д`)

なんで欠けるのって思うけど。

ココはシールに当たる部分ではないので見て見ぬふり(^▽^;)


resize3254_20190810235326dba.jpg


今回使用するグリスとフルードはこれ

グリスは海水まで対応してるらしいw

フルードはホムセンで安いBF-4、1Lで1300円くらい('ω')


resize3249_201908102353208e7.jpg


新しいシールを組んだらピストンを入れますが、
これが場合によっては結構コツが必要ですよね~

エアーがあると比較的楽にできる場合が多いと思います?

写真の様にエアーブローでダストブーツを膨らませながら
上手い事ピストンを入れる…って感じでしょうか。


resize3251_20190810235324626.jpg


シール類は流石10万キロ走行しただけあったお疲れのようですねw


resize3250_20190810235321df5.jpg


ブレーキホースも問題無く取り付いて、作業完了!

ホース用のパッキンは付属しているので用意する必要無し。


ブレーキタッチが非常に良くなりました♪


2019-08-03 21:35 | カテゴリ:メンテナンス(PP1)
resize3229_201908032103153f2.jpg


今回はクラッチマスターシリンダのO/H作業です。

実はブレーキキャリパーも同日にO/Hしたので、
ウマかけてますがクラッチのみなら必要ありません!


resize3243_20190803210319273.jpg


運転席からペダル室内側を覗き込むと、赤丸のブーツの部分に
フルード漏れが発生していました。滴るレベル(^▽^;)

作業を開始する前に、エア抜き用のブリーダーから
クラッチフルードをあらかじめ抜ける分だけ抜いておきます。


resize3230_20190803210316429.jpg


ピンボケで申し訳ありませんが、赤丸の割ピンを取り外して
シリンダーとペダルを連結しているピンを抜きます。

βピンに交換してしまうので、ニッパーで切っちゃいますw


resize3235_20190803210320e73.jpg


続いて外側ですが、マスター配管のフレアを緩めます。

写真はありませんが、次に室内側の固定ナット2本を外します!

ここまでくればマスターシリンダーはほぼフリー状態(^^)/


resize3232_20190803210321441.jpg


配管を固定しているクランプから配管を外せば
マスターが外しやすいけど、劣化で硬化して割れちゃった(;^_^A


resize3233_20190803210921aae.jpg


外れたマスターシリンダーとO/Hキットはミヤコ製!

ヤフオクで2千円くらいじゃなかったかな?
レリーズシリンダはO/Hしないので安い物です。

中身はブーツ、ピストン、Cクリップとワッシャーです。

レリーズもやった方がいいんだろうけど、今回は見送り。
見送ったことを後日後悔しそうな気もするが…w


resize3238_20190803210925fba.jpg


バラす為にはスナップリングプライヤーが必要になりますので、
持っていない方は購入しないとラジペンとかではキツイかも?

内側のワッシャーの向きを覚えながらバラしましょう。

表裏を間違えて組み込んで、同じ作業を2回やりました(笑)


resize3237_20190803210924d0d.jpg


Cクリップとワッシャーを取り外したら、
エアーブローでピストンを出します。

コンプレッサー無い方はチャリの空気入れでw


resize3236_20190803210923aa7.jpg


ばらした部品たち


resize3241_20190803211412773.jpg


交換部品を組み込んだ状態がコチラ!

本体のパッキンと言うのかな、これは付属していなかった。

リザーブタンクやシリンダ内も組み込む前に洗浄~


resize3242_20190803211413dc7.jpg


実は、ヤフオクで中古シリンダーを購入していたので
外した奴をO/Hしたのではなく、中古をO/Hして
それを交換したって感じかな?

結局中古のO/Hも同日にやったのであんまり意味ないけどw

ロッドの長さをそれとなく揃えておくと、
組んだ後の遊び調整が少しだけ楽かも。


お約束ですが、基本的に逆の手順で組み込んで終了!

割ピンの代わりのβピンは5Φ用だった気がします。


resize3239_20190803211415ade.jpg


珍しく本人登場w

クラッチのフルード補充、エア抜きは負圧が無いと大変です。

注射器を用意するか、エアーツールを使う事をおススメします!


resize3240_2019080321141654c.jpg


更に、二人以上で作業する事をおススメします(笑)

願わくば3人いると一人が後ろでエア抜き、
一人が前でフルード補充、一人が室内でペダル操作と
ピット作業のような役割分担で効率が各段に上がります( *´艸`)


O/Hしたからってフィーリングがどうとかは無いけど、
フルード漏れが直ったので安心して乗れます('ω')


シリンダのO/H自体はそう難しくないけど、
エア抜きが少し面倒な作業ですね~



2019-08-01 20:11 | カテゴリ:その他
resize3219_201908011946424ff.jpg


今年も行ってまいりました、鈴鹿サーキット!

FIM鈴鹿8時間耐久ロードレース

毎年の楽しみです(^^♪

写真は27日土曜日ですが、ご覧の通り雨。

と言うか台風が来てましたね(;´Д`)

決勝前日に行うTOP10トライアルが凄く楽しみなんですけど、
あいにくの雨で2年連続中止という結果に・・・

今年に限っては計時予選まで中止になる始末で、
4耐も中断で前夜祭も簡易化されたっぽいですね。


resize3228_2019080119464336b.jpg


と言うわけで、早々にホテルに退避しました(;^_^A

毎年8耐シーズンはホテルの予約に苦労します。

いい加減反省を生かして、せめて四日市くらいに取りたいものだ…

来年こそは。今年は、昨年同様に桑名市まで戻りました(^▽^;)

すっかり、8耐は車で参戦するスタイルにw


1423.jpg


ホテルから10分以内くらいにある老舗の銭湯へ行きました。

番台があって、本当に昔ながらの町のお風呂と言った雰囲気で
風呂上がりの瓶コーラが最高なんだって(^^)/

宿泊は桑名駅周辺のホテルですが、案外色々あって悪くないですよ!

鈴鹿サーキットは近いとは言えないけど、住みやすそうな町ですよね('ω')


1418.jpg


ちょっとオシャレ目な居酒屋へ


1420.jpg


ピントが合っていない気がしますが、ハモのしゃぶしゃぶ

ここのお店は雰囲気も良くて、日本酒とビールの種類が豊富で、
料理もおいしい上にそんなに高くないという当たり店でした( *´艸`)


1416.jpg


その後は近辺のBARに行ってしっぽりと飲みました。

今年はホテルに17時くらいには到着していたので、
うっかりゆっくり飲みすぎてしまいました(笑)


resize3220_2019080119474365d.jpg


そして時は28日日曜日、いよいよ決勝戦です!!!

TOP10無しの影響で、公式予選の結果がそのままグリッドに。

抜群の天気に恵まれて、レース日和となりました(*ノωノ)


resize3221_2019080119474401c.jpg


今年はCocaColaEnergryが発売されたので、かなり押してましたw


resize3222_20190801194746cb9.jpg


相変わらずヨシムラまみれで応援します!

今年は将軍がチームから消えたので、どうなる事やら⁉

勝ってほしいなぁ~(負けたけど)


resize3223_20190801194816821.jpg


決勝当日は前日の比にならない程の人数が来場しますよね!

グランドスタンドもご覧の通り、今年もV1スズキ応援席!!!

応援グッズは相変わらずECSTARのシャツとキャップw

ルマン式スタートはいつ見ても鳥肌が立ちます。


resize3224_2019080119481866c.jpg


8時間耐久と言えどもずっとグランドスタンドで見ているわけではなく、
ブースをフラフラしたりTwitterのフォロワー等に会ったり。

暑いので次第に動く気力も無くなり、ブースに設置されている
サーキットヴィジョンで中継を見ながらゆっくり過ごしてました。

家で見ろよ!っていう突っ込みが毎回入る(笑)


resize3225_201908011948204b7.jpg


あっという間に日も暮れて、LIGHT ON!!!

鈴鹿名物ですね( *´艸`)

ライト、付いてるけどねw


resize3227_201908011948197c8.jpg


夜はグランドスタンド席はライトスティックが配布されるけど、
今年は数が沢山出たのかわからないけど足りなくて貰えなかった。

待っていれば貰えそうだったけど、レース見たいので我慢w

これ絶対持って帰る非常識野郎達のせいで数減ってるだろうな…


resize3226_201908011948224a6.jpg


今年の8耐は、本当にいろいろありましたね。

様々な意見や感想がネット上では飛び交っていますが、
まぁ終わったものは終わったもので仕方ないので
あくまでも個人的な感想を思い出程度に語ります(笑)

とりあえずは上位チーム間のスポーツマンシップに天晴れと言うのと、
上位争いも今年から行先がわからなくなってきたという意味で
来年の8耐が既に楽しみで仕方がない次第ですw

応援しているヨシムラは今年は5位に終わってしまったけど、
何だかんだ自分はカッコよく走っている姿を見るだけで満足なので
無事に走り切って何よりだと思います。来年もファイト!

SERTに関しては残念ですし、今回のレースは全体的に
モータースポーツの過酷さについて改めて考えさせられました。

最終的なリザルトに対しては疑問が残る部分もありますが、
僕はレースに関してはろくにルールも理解していない素人なので
オフィシャルや公式がそうだと言うならばきっと間違いないのでしょう!

来年こそはTOP10トライアル、見たいなぁ~!!