2018-02-23 22:50 | カテゴリ:メンテナンス(9R)
resize2412_2018022322273064a.jpg


フロントに引き続き、リアタイヤの交換です。

フロントに比べてチェーンがある分、リアの方が少しコツがいります!

まずはアクスルシャフトを緩めて抜いたら、
ホイールを少し前に出してチェーンを外します。

外したチェーンはスイングアームに引っ掛けておいて、
リアキャリパマウントを気にしながらホイールを引き抜きます。

この時、ホイールのカラー(スペーサー)の落下や
ハブダンパーがヘタっているとスプロケが落ちるので注意!

 resize2413_20180223222732b6f.jpg 

外したホイールのムシを抜いて、空気を抜いて…

この後の流れはフロントホイール同様なのですが、
自分の持っている人力ビードブレーカーは小さすぎました!

ご覧の通り、リアホイールは太いので挟むことすら難しいです。


resize2414.jpg 

しかし、世の中ビードを落とす方法はいくらでもあります('ω')

今回は車(ミニクーパー)、パンタジャッキ、ガレージジャッキで
ビード落としにチャレンジしようと思います( *´艸`)

まずは写真の様に車のジャッキポイントとバイクのタイヤの
ビード部に掛かる様にパンタジャッキをセットします。


resize2415_201802232227355be.jpg 

この時、ガレージジャッキで写真の様に車を上げている状態です。


ここから、車をジャッキダウンすれば…


resize2416_20180223222739614.jpg 

イイ感じに車の自重でビード落としに成功しました(^^♪

下げる前にパンタジャッキの位置をしっかり確認して、
ホイールにも車にも傷を付けない様に作業しましょう('ω')ノ


resize2417.jpg 

後はタイヤレバーでサクッと組み上げて終わりなんですけど、
ビードワックスの代用は毎回車用のワックスを使ってます。

タイヤを組む時はスプロケとブレーキディスクは取り外しますが、
フロント同様にディスク用ボルトは再利用…。

これ本当は再利用しない方がいいんだろうけど、
つい1回くらいいいだろうと使いまわしてしまう(;´Д`)

ディスク交換もしくは次回タイヤ交換時は交換しよう。
流石に2度目は良くなさそうだよね~、自己責任でw


resize2419_20180223223719661.jpg 

びふぉー

バリ溝に見えますが、製造年月日が6年くらい前と
結構古いので交換する事にしました。命に関わるしね~


resize2418_201802232237203c3.jpg 

あふたー(*ノωノ)


新品タイヤが輝いてますね!
フロント同様、バルブはゲイルスピード。

新品は保管の為に表面にワックスが塗られてますので、
事前にパーツクリーナー等で油分を落としておきます。

車はそんな事しなくても良いかもしれないけど、
バイクの場合は転倒に直結しますのでやっといた方が無難かな?



余談ですが…ホイールバランスについてです。

自分は今まで何本かバイクのタイヤを手組で交換してきましたが、
未だに1度もホイールバランスを取ったことがありません。

ご存知の通り、ホイールバランスにはスタティック・バランス(静的)と
ダイナミック・バランス(動的)の2種類がありますが
いずれも2輪と言う真っすぐ垂直に走らない乗り物では
あまり意味が無いと考える為です。

輪軸に対して左右にサスが付いてるし(リアはモノサスだけど)
アンバランスによる微振動なんで感じられないんじゃないか??


当然、レースの世界やメーカーのテストライダー等
コンマ何秒を競っていたり、製品開発の上で正しい性能評価をする際には
極限までスムーズに、条件をそろえて走る場合は必要でしょう。


しかし、自分のようなヘッポコライダーはバイクにおいて
アンバランスホイールが発生させる振動を感じることができません…。

高速走っていても別にハンドルがブレるとかなった事無いし、
タイヤが方べりしちゃった経験も無いし。

当然、感じられなくても微振動が発生すべきでない箇所で
発生しているでしょうから部品には優しくないのかもしれないけど、
それで何かが壊れたとか調子が悪くなったとかも経験がありません。


これについては賛否両論でしょうが、自分はやらない派ですw
今回は忘れてただけだけど、軽点もズレてハメちゃいましたw

スポンサーサイト
2018-02-18 21:35 | カテゴリ:メンテナンス(9R)
resize2410.jpg


先日ZX-9Rの車検を受けました。

それに伴って必要だった整備を一通りやったのでメモしておきます!

まずは、タイヤの前後交換です。タイヤはダンロップ!


Sports Max QualifierⅡ です。


理由は、安いからw

前後セットで2万5千円くらいだったかな??

送料込み(^^)/


resize2404_20180218211547346.jpg


とりあえずサクッとフロントタイヤの取り外し。

実家のガレージではフロント用のスタンドを使っていたけど、
9Rだとステムの穴が小さかったのと、かさばるので
今では車用のガレージジャッキとパンタジャッキを併用して
フロントをジャッキアップしてます。若干不安定ぽいけど、
しっかりと安定する位置を見つければ案外安定してますw

見えないけど、右側のクランクケースの辺りに
パンタジャッキを支えで置いてます。

バイクのフロントスタンドって結構高価だけど、
無くても上げ方は色々あるんですよ(^^♪


もちろん、専用のスタンドを使うに越したことはありませんが。

 resize2400.jpg 

フロントホイールは17インチとは言え120と幅は小さいので、
アドレスのタイヤ交換で使ったビードブレーカーで対応できます。


バルブからムシを抜いて空気を全部抜いて、
ビードブレーカー使ってビードを落とします。

写真のままやるとディスクが歪んだり傷つく恐れがあるので、
ディスクは左右共外した方が良いかも!

このビードブレーカーはたしかアストロ?の
結構安いやつだけど十分使えますね~


resize2398_20180218211552f32.jpg 

エアバルブは相変わらずゲイルスピードのL字バルブ。
これ、1個で1500円くらいと高いけど、非常に良いです!

純正ホイールにはΦ11.5用を買いましょう。

色はブラック、シルバー、ゴールドがあったかな?
無難にブラックにしました。アルミキャップも付属!


resize2406_20180218211553e9b.jpg  


新しいタイヤを組んだらディスクを取り付けて、
空気を入れてビードを上げれば完成~!


フロントタイヤはスローパンク?していたので
1か月で1.5キロくらい空気が減ってましたw


これで安心して乗れます( *´艸`)




次回は、リア






2018-02-09 23:49 | カテゴリ:番外編

どうも、森ツンです。いやぁ~、相変わらず寒いですね!

子供が産まれると、仕事から帰って来てからも結構バタバタで
とてもじゃないけどブログなんて書いてる暇ないですね(-_-;)

今日は週末だし、嫁と子供は寝たのでその隙に更新してます。


resize2394_2018020923230432a.jpg 

先日、実家に帰省した時のお話なんですけどバイク仲間がバイクを納車♪

スーパーカブ110 プロ らしいです(^^)/


最近仲間内で原付2種が増えてきている気がするけど、
たまには小っちゃいのでツーリングなんかも行ってみたいね!

今回は人のバイクだけど自分の受けた印象を思い出しながら
簡単に紹介していきたいと思います!参考にしてみて下さい。


resize2393_2018020923230599a.jpg 

まず初めにメーターです。非常にカッコいいデザインで、
バイクにまたがった瞬間からテンションが上がります!

シフトは4速MTの為、シフトポイントぽいのが記載されています。
嬉しい事に、ガソリン計も付いてます!安心ですね('ω')

インジケーター類は至ってシンプルです。
距離を見てもらうとわかりますけど新車ですねw


resize2387.jpg 

積載能力についてはまずフロントのバスケット。
これは一時期アドレスにも付けていたけど、
フロントバスケットって本当に便利なんです!

通勤や通学に使用する場合、ポイとバッグを入れれるのは良い。
ヘッドライトはハンドルの方ではなくバスケットに固定、
ウインカーもなのでハンドルを切っても照らす方向は変わりません。

ちゃんと転倒の事を考えてかガードも付いてます。強そうw


resize2392_20180209232312011.jpg 

これはオプション品らしいですが、リアのボックスです。

これだけあれば本当にキャンプも楽勝だな…欲しいw
容量はたっぷり入るのでフロントバスケットと合わせると
かなりの積載能力ですね!雨が降っても安心だし、鍵付き。

少し足元が見えますが、左側のステップがシフト。
遠心クラッチですが、レバーの位置がイマイチ…

写真はありませんが、反対側にキックペダルも付いてます!


resize2386_20180209232307e82.jpg 

フロントの足回り

スーパーカブの伝統は崩さない、スポークホイールが光ります!
フロントがドラムブレーキって言うのも味があって良いよね!
ケーブルが日本出てるのは、パーキングブレーキかな?

調整は簡単だけど、シューの交換はディスクに比べると手間かも。

洗車もめんどくさそうだよねw

サイズは14インチだったかなぁ。もはや軽自動車。


resize2390_201802092323096ab.jpg 

リアの足回り

チェーンカバーが付いているので汚れは付きにくそう!
この手のバイクを日常使いする人はメンテナンスしなそうだから、
こういう所の気配りは結構嬉しいんじゃないかな??

フロントに続き、リアもドラムブレーキとスポークホイール。

地味にうれしいのが、サイドスタンドが標準装備!
サスペンションすげー長いなw

この辺は色が統一されててシンプルにまとまっています。



resize2391_201802092323105b3.jpg 

リアのテールランプ形状は結構今風な感じがしますね。


細かい部分のデザインは結構今風だけど全体のイメージは
昔ながらのカブって感じを崩しすぎないバランスを取ってる印象。

純正のキャリアは下に向けてフックポイントが生えていて、
ネットとかを使うときにも楽に取り付けられそうです!


resize2389_2018020923362504f.jpg 

ハンドル回りの写真がありませんが、結構安っぽいんだよね~

右のブレーキレバーにはパーキングブレーキが付いてます。
坂道とかでブレーキを固定できるアレですね!これは使うのか?(;´Д`)


ちょこっとだけ試乗させてもらったインプレッションですが、
走り出しは軽やかでススっと加速していきます。
慣らしだからエンジンそんなに回せないって言うのもあるけど、
やっぱり110なだけあって劇的な加速感は無いですね。

街乗りに程よい加速感だけど、バイパス的な道は不向きかも。

サスペンションは前後共にしなやかですが、
荷物をたくさん積むなら多少固めにしたいかも。

純正のサスペンションに調整機構は無さそうなんで、
交換するしか無いのかな?純正でも十分とは思いますがw

あと気になったのはポジション。自分の体形には少し合わず、
ハンドルの位置が若干低くてシートとの位置関係が微妙。


これで新車価格おおよそ30万円くらいらしいです。
高いのか安いのかわからないけど、長く乗れることを考えると
割安なのではないでしょうか?壊れそうにないし(笑)

ガソリンタンクは4リットル?燃費は60くらいだったっけ?w



本人はカスタムしないと宣言していたけど、

どうせそのうちカスタムするだろうな( *´艸`)



2018-01-27 21:37 | カテゴリ:メンテナンス(ADRESS)


いや~、全国各地で寒波の影響が凄いですね。

自分の住む地域でも雪が積もって大変でしたが、
ドカ雪ではないので何とかなりました(;^ω^)

皆さんは無事に乗り越えましたか?
まだ降っている地域もあるみたいですけど…


resize2384_20180127212236538.jpg


寒い中ですが、凍えながら整備します!

今回はアドレスのプラグ交換。イリジウムです(^^)/

修理中のアドレスですが、完全復活はもう少し先になりそう。

 resize2383_2018012721223565d.jpg 

アドレスV125Gはプラグ交換用のサービスホールが空いているので
カバーを外して、裏に手を突っ込んでコイルを引き抜きます。

サービスホールからプラグレンチを突っ込んで、プラグを取り外します


resize2385_20180127212239050.jpg 

前回もイリジウム入れたんだな~俺w

すっかり忘れていました。何のためのブログなんやら(;^_^A

だいぶ真っ黒ですね~、プラグ交換した直後にエンジン掛けて
暖気しようかな~なんて考えてたらFIランプが点灯・・・

しばらく暖気して、エンジン回したら消えた。

なんだったんだろ?


走行距離は、33,800キロくらい。



2018-01-22 22:59 | カテゴリ:ミニクーパー(R56)


どうも!森ツンです。


雪が降り始めて、いよいよ本格的に寒くなってきましたね~


resize2373_20180122203422551.jpg


本日はミニクーパーのドライブベルト交換です。

R56の場合はボンネットを開け、エンジンに向かって左下にあるので
車をジャッキアップして、右前輪のホイールを外します

 resize2372.jpg


次に、ホイールハウス内のフェンダーライナーをめくります。
ここではトルクスが必要になるので注意です!

中央の凸無しのトルクスなので、最悪ヘックスでも回るかな?
自分はトルクスを持っているので試してもいませんが…

 resize2371_2018012220342583d.jpg


すると、ドライブベルトはもう目の前です!

このエンジンの場合はオートテンショナーが一つと、
ウォーターポンププーリーがテンショナの役割を果たしている?

まずはオートテンショナーの固定からやりましょう(^^)/


resize2382_201801222034217f8.jpg


オートテンショナーの引き作業ですが、コチラがSST

調べたところ、JTC Tools というメーカーしか見つけられませんでしたが
他にもあるのかな?設備のある人は自作したりするみたいです。

ミニの狭いエンジンルームではこの絶妙な曲がりが良いとか…w

 resize2381_20180122212626e46.jpg


結構デカいんだよね~これが(;´・ω・)

メガネ部のサイズは30mmと22mmが2本入っていますが、
R56の場合は30mmしか使いません。

エンジン型式の違いでサイズが変わってくるのかな??

これ2本セットで\14,000もするんだよね…(◎_◎;)


1本売りにしてくれよ~値段半額で…

それでもディーラーでベルト交換するのと部品代込みで
同じくらいなので、だったら滅多に使わない工具でも
手に入った方がなんとなくお得なので買っちゃいましたw

 resize2379_2018012221262809c.jpg 

下からテンショナーのボルトに掛けるように差し込みます!

赤い矢印の方向へ動かしてテンショナーを引きます


resize2378_20180122212628d17.jpg 

超わかりづらいけど、エンジンルームから下を覗き込んだ図。

ミドリの矢印がテンショナーのボルト、工具を掛ける部分。

赤色の矢印がテンショナーのロック機構になっていて、
目いっぱいテンショナを引いた状態でこのボルトを押し込むと
ベルトが緩んだ状態でテンショナを固定できます!


下から片手で工具を押して、そのまま下から上へ手を伸ばして
空いている方の手でボルトをポチっと押す感じでした


resize2376_201801222126291bf.jpg 

再度下から覗き込むと、このような樹脂のツマミがあるので
それを引っ張ると、ウォーターポンププーリーがフリーになって
テンショナーの役割を果たさなくなるので、その隙にベルトを外す

このツマミは引きながら、両手を使って上手い事やります(;^_^A


resize2370_2018012221263402a.jpg 

ベルトはコチラを使用します。純正OEM的な奴、3000円くらいかな?


resize2374_20180122212632eaf.jpg  


取り外したベルト、結構ヒビが入ってますね~(;´Д`)


実は、短大の実習でやった以来初めてのベルト交換でした(笑)


意外と簡単にできたけど、SST様様ですね!

高い出費ですが、自分で整備をする人は
是非このSSTは買った方が良いと思います。



でも消耗品の交換にSSTが必要って、勘弁してほしいよね!